死にたもう母 (角川文庫)

  • 14人登録
  • 3.70評価
    • (3)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 出久根達郎
  • 角川書店 (2004年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043745012

死にたもう母 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出久根達郎さんのエッセイ集。

    人の生活というものは、おおむね平凡である。
    何でもない日々の営みの、ありがたさ、面白さ、というものを、読んでもらえたら。そんな軽い気持ちで書かれたというエッセイ集。

    こんな次第です。とおっしゃる話は、89歳の実母「バアさん」が亡くなったことや、愛犬のこと、義母の死まで書かれており、人生の哀切を感じながらも、ユーモラスで、温かい気持ちになる文章。心にしみる一冊でした。
    日々いろいろ思いながらも、代わり映えなく地味に生活している自分。
    先のことを思うと、寂しいような悲しいような気持ちにもなる自分。
    でもこんなエッセイを読んでいると、普段の生活も捨てたものじゃないなぁと思えてくるから不思議です。

    お名前だけは知っていましたが、初めて読みました。
    ずっと昔、クロスオーバーイレブンというFMの番組を聞いていた時期がありました。曲の合間にある短いお話のナレーションがとても面白く、耳から想像が広がる世界が楽しかったです。
    ナレーション:津嘉山正種 スクリプト:の担当は複数いらっしゃり、その中に出久根達郎さんがいたのではなかったかしら?
    さりげなく面白いって相当にすごいことだと思います。

  • 母と義母。晩年のふたりの母のことと、その死。愛犬のこと、歳を重ねるということ。勿論、本業(?)である古本のことも。日常のささいな出来事が、心に沁み入るエッセイに仕上がっている。うまいなぁ。

  • 叔母にいただいた本。私もお葬式はひっそりしたい。

  • 実母、義母の【老い】をあたたかい目線で描くエッセイ。

全4件中 1 - 4件を表示

死にたもう母 (角川文庫)のその他の作品

死にたもう母 単行本 死にたもう母 出久根達郎

出久根達郎の作品

死にたもう母 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする