ほつれとむすぼれ (角川文庫)

  • 92人登録
  • 3.32評価
    • (3)
    • (11)
    • (23)
    • (4)
    • (0)
  • 10レビュー
制作 : 川内 倫子 
  • 角川グループパブリッシング (2008年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043753062

ほつれとむすぼれ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スピリチュアルなことの出会いがあるからランディさんのエッセイは読む。けど、今一つしっくりこなさもあったりする。
    今回は「アレクセイと泉」は見てみたいと思えた

  • ドキュメンタリー映画「アレクセイと泉」を観たくなった。タルコフスキーのサクリファスを思い出しました。
    著者と内藤礼さんの接点も興味深い。
    ドラマと物語ーF氏との往復書簡。が印象に残ります。もっと読みたい。

  • いつも通り

  • 著者が様々な経験の中で感じたことが表現されている。表現が巧みであるために、著者の感じたことが明確に読み取れるように思えた。僕は感じたことを表現するのがとても苦手なので、著者の表現力にとても感銘を受けた。

  • 著者が様々な経験の中で感じたことが表現されている。表現が巧みであるために、著者の感じたことが明確に読み取れるように思えた。僕は感じたことを表現するのがとても苦手なので、著者の表現力にとても感銘を受けた。

  • この本には「自分で考える」ことについて書かれている章があるのですが、それは現代人にも言えることだよなあって痛感しました。私が沖縄に行って戦争の体験談をしてくださった方も同じことを言ってました。与えられるだけで考えることをやめてしまった私たちはニュースで、新聞で情報に操作されてもきっと誰もわからないんだろうなあ。考えることをやめるな。

    クローン人間について書かれた章もあります。そこらへんは、「アイランド」という映画を見るのも良いのではないでしょうか。クローンと双子の違いは、紙一重。それで人権も何もかもが決まってしまうって怖いなあ。最近では人工授精っていう技術も発達してきてそれを利用される方も増えてきたもできちんとそういうことを考えることが必要なのではないでしょうか。人間だけじゃなくて、生物全ての命の重さを考えるべきだと思う。

  • ランディさんは精神的母というか。
    この人の子供になりたいな、って思う人です。

  • また、持ってる本を買ってしまった。。。
    でも、素晴らしいエッセイ。

全10件中 1 - 10件を表示

田口ランディの作品

ほつれとむすぼれ (角川文庫)はこんな本です

ほつれとむすぼれ (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ほつれとむすぼれ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ほつれとむすぼれ (角川文庫)の単行本

ほつれとむすぼれ (角川文庫)のKindle版

ツイートする