闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)

  • 13人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高史明
制作 : 高 史明  木内 達朗 
  • 角川書店 (2004年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (334ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043754014

闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 在日に特権があるわけではなく、当然の権利があるだけ。歴史がそれを教えてくれる

  • 確かに在日には特権があり、犯罪率も高い。戦前の両班などの利権、腐敗により国が弱っていた。到底、西洋諸国とは伍してはいけなかっただろう。しかし、在日の物語を我々は知っているだろうか。彼らの視点で彼らの言葉に耳を傾けなければ、物事を正確には、理解できないと思った。なぜ、在日が荒れるのか。彼らの心には何があるのか。この本を読めば、その辺に少し共感する事ができる。

  • レビューは下巻で

全2件中 1 - 2件を表示

高史明の作品

闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)はこんな本です

闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

闇を喰む〈1〉海の墓 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする