つきのふね (角川文庫)

  • 4787人登録
  • 3.58評価
    • (386)
    • (567)
    • (1032)
    • (101)
    • (14)
  • 583レビュー
著者 : 森絵都
制作 : 国分 チエミ 
  • 角川書店 (2005年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043791026

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

つきのふね (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ノストラダムスの大予言とは
    何だったんだろう。

    1999年の自分は
    子供の頃からの
    プロボクサーになるという夢を叶えたばかりでした。

    一種の刷り込みのように
    幼い頃の自分たちの不安感を煽るだけ煽って
    冗談のように消えていった
    世紀の大ボラ(笑)。


    1998年、高校受験を再来年に控えたこの物語の主人公たちも
    ノストラダムスの大予言のせいで
    2000年以降がものすごく朧気で
    未来を夢見ることができないでいる。


    クラスメートから無視されている
    中学二年生の主人公
    鳥井さくら。

    さくらの唯一の親友だった梨利(りり)。

    梨利を好きなラテン系のノリの
    C組の勝田くん。

    さくらの心の拠り所である
    24歳の青年
    戸川智(さとる)。


    人のSOSサインに敏感であるが故に精神を壊し、
    全人類を乗せて飛び立つ宇宙船の設計図を
    狂ったように描き続ける智が
    本当に切ない。


    そして親友だった梨利を裏切った罪悪感に苛まれるさくらや、

    空虚な心を抱え
    薬に溺れる梨利たちの
    思春期だからこその
    純粋さと焦燥感、未来への不安に苦悩する姿が
    読む者を否応なしに
    大人でも子供でもなかったあの頃へと
    引き戻していく。


    凹んだ時
    壊れてしまいそうな時に
    自分をいつものラインに戻してくれる
    「心の平和」のような存在。

    勝田くんにとって
    それは
    さくらと梨利だった。

    自分にとってそれは誰なんやろ。

    どんなけ知識を仕入れて解ったつもりになっても、
    人は人との出会いや
    繋がりの中からしか
    成長できない生き物なのかもしれない。


    物語の終盤
    さくらと勝田くんは
    精神を壊した心優しき青年、智を救うために
    最後の手段に賭けます。

    それにしても
    大人たちが作った
    終わることを望むような
    破滅の予言より、

    バカな勝田くんが
    大切な人たちのために
    希望と再生を込めて書いた
    稚拙な予言に
    同じくバカな自分の心は
    どうしようもなく震えてしまう。


    マイナスな言葉は
    マイナスな人生を連れて
    未来の自分を縛りつける。

    だとしたら未来とは
    自分の意志の力で
    変えていけるものなんじゃないのかな。

    こうありたいと願う心こそが
    それぞれの未来や明日を作っていく。


    自分はそう信じていたいです。

  • 自分の弱さを知っているから、心にずしっときた。自分の弱さを救ってくれる友人もいるから、心にずしっときた。大きな宇宙船になれなくても、「小さくてもとうといもの」になりたいと思った。

  • 人間に疲れ植物になりたがる中学生のさくらにズンっとする始まり。親も教師もあてにならないし、親友梨利とも万引き事件で気まずくなる。捕まった方と逃げた方どちらの方が心の傷が深いのだろう。
    さくらを助けてくれたのは心優しい智さん。だけど彼も心が病んでいて。死ぬことと生きることどっちがいいのか、どっちが楽なのか…どんどん悪くなる智さんを助けようとする事で変わっていくさくら達。
    「この世にはあいまいにおかしい人などいくらでもいるのかもしれない」。みんな少し病んでいる?だからこそ大切な誰かにそばにいて欲しいし、そばにいてあげたいと思う。
    手紙の使い方が上手いなぁ。

  • 中学生の多感な時期。
    友達関係の悩みや、将来に対する不安。
    そういった心の揺れ動きが描きだされていてよかったです。
    バカでおせっかいな勝田君。いい感じです。
    やることバカなんだけど、友達を、相手をどうにかしてあげたいっていう真っ直ぐな気持ちが伝わります。

    最後の、幼い智の手紙はやられました・・

    遠い昔・・中学のころを思い出しました。
    そのころ、どんなことで悩んでたかな・・。きっと時代は違うけど同じようなこと悩んでたのかも。
    ちなみに、ノストラダムス懐かしい。
    小学生のころに、この予言を知り怖くて泣いたのは覚えています。

  • ひとはみんな、弱い。

    この厳しい世界を生きていくこと、とりわけ上手く生きていこうとすることは、時にものすごく残酷で、脆く弱い人間の心に重くのしかかる。

    繊細で壊れやすい、こころ。

    だけど、人は弱さと同時にちゃんと強さも持ってる。

    『人より壊れやすい心に生まれついた人間は、それでも生きていくだけの強さも同時に生まれ持ってるものなんだよ』

    ある意味で狂気に触れる物語だと思った。
    だけど、人間の心の弱さと脆さをここまで繊細に克明に描いたこの作品は、どこかで絶対に私たちに寄り添ってくれる作品だとも思う。

    ひんやりとした背筋をすっとさせる冷たさと、人の心にある暖かさと、両方で包まれるような物語だと感じました。


    『つきのふね』、中高生向けのいわゆる児童書として書かれたそうですが、絶対に大人の方が心にずっしり来ると思う。
    それだけ、現実の厳しさと、人のこころの弱さと脆さも知っているから。

    何もかも嫌になったら、読むべき本かもしれない。

    そして、大切なものをまた信じぬけるかもしれないって、きっと思わせてくれると思う。

  • 最後に添えられた、幼いころの智さんの手紙の

    ぼくわ小さいけどとうといですか。
    ぼくわとうといものですか?

    この2行だけで泣けます!

    直木賞を受賞した「風に舞いあがるビニールシート」等の作品に比べると、
    いろいろ破綻があったり荒削りだったりするけれど、このラスト2行だけで、私にとっては森絵都作品のベスト1です。

  • わたしの人生のバイブルです。小学生のときに読んだので、今読んだらまた違う読み方ができるかも。わたしを本の虫にさせた原因のひとつでもあります(笑)

    子どもには絶対将来読ませたい一冊です。

  • 中学の現代文で配られた一冊.
    実際に作れるはずもない宇宙船をひたすら妄想し設計し続ける様は引きこもっている人間の心理をよく描いているなと思った.

  • 寝る前に少しだけ読むつもりが、一気に読んでしまった。

    適度な描写が空想に幅を持たせてくれるので、読んでいて世界にはまることができた。筆者が作った世界に、自分の色を付けて自由な空想ができる。

    心のやまいについての話があり、今の自分にとって染みるものがあった。心のやまいは珍しくない、よくあることなんだ、つらいのは自分だけじゃない、そんなメッセージがあったような気がした。

    森絵都さんの本は「カラフル」がダントツで好きだったけれど、この本も同じくらい好きになった。

  • 森絵都さんの「つきのふね」読了。中学生の「さくら」は、親友を裏切ってしまった後悔から、学園生活に疲れ果てていた。友達グループとの固執や進路の悩み、孤独な生活の中、唯一の心の拠り所は「智さん」だけ。いろんな問題で先が見えない暗闇の中、一筋の光を求め悩む少女を描く。はたして「つきのふね」とは何なのか。。誰でも経験する学園生活の悩みがうまく表現されてるなと感じました。例えば「友情と心の病」ですかね。ラストが良かったです。興味を持たれた方は是非♪

全583件中 1 - 10件を表示

つきのふね (角川文庫)に関連するまとめ

つきのふね (角川文庫)を本棚に登録しているひと

つきのふね (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

つきのふね (角川文庫)の作品紹介

あの日、あんなことをしなければ…。心ならずも親友を裏切ってしまった中学生さくら。進路や万引きグループとの確執に悩む孤独な日々で、唯一の心の拠り所だった智さんも、静かに精神を病んでいき-。近所を騒がせる放火事件と級友の売春疑惑。先の見えない青春の闇の中を、一筋の光を求めて疾走する少女を描く、奇跡のような傑作長編。

つきのふね (角川文庫)の単行本

ツイートする