DIVE!! 上 (角川文庫)

  • 4983人登録
  • 3.97評価
    • (781)
    • (710)
    • (756)
    • (34)
    • (7)
  • 604レビュー
著者 : 森絵都
制作 : 影山 徹 
  • KADOKAWA (2006年5月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043791033

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 絵都
あさの あつこ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

DIVE!! 上 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • スポーツを題材にした児童文学の中でも、ダントツで好きな本。

    森絵都さんの一般小説も好きだけれど、やっぱり青春小説のほうが、きらめく何かがあるなぁと感じた。
    分厚いし、下巻のほうが断然盛り上がるけれど、「大事な部分」を外していないところがすごい!
    きっと、誰もが子ども時代に感じたことのある感情が詰め込まれているから、だから、引き込まれる。

  • 競技をやっていた側だからわかることもある。
    本だから仕方ないけど、自分には軽い内容だった。

  • 比喩を多用した細やかな心理や情景の描写がなされている。
    登場人物の考え方が年齢に見合わずに少し大人びすぎていて、とっつきにくい印象。

  • 高さ10メートルから水面に回転やねじりを加えて飛び込む。こんな素っ頓狂な競技、誰が始めるのだろうと思っていた。
    そんな競技に惹かれ、のめりこみ、恋人にも愛想を尽かされつつも、目の前に突然掲げられるオリンピックという目標に走り出す少年の姿に、「こんな青春もいいなぁ」と思わずにいられなかった。

    才能や血、それぞれの胸に苦悩を抱えつつ、ひた向きに練習に励み、試合に臨む姿に、全員オリンピックに行ってほしいと願ってしまう。

    えっ!オリンピック選手、決まっちゃったの?下巻はどうなるの?

  • 下巻にまとめて。

  • ストレートな青春小説。

    しがらみだ、根回しだ、駆け引きだ、と心が淀んできているおじさんにこそ読んで欲しい。

  • 【坂井知希:優れた動体視力を持つ中学生】

    高さ10メートルの飛び込み台から時速60キロでダイブ
    1.4秒という瞬間とも言える美を競う競技
    赤字経営のクラブの存続がオリンピックに出場にかかっていた


    《下》に続く

  • 高さ10メートルの飛び込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技の正確さと美しさを競う競技。その一瞬に魅了された少年たちの通う弱小ダイビングクラブ存続の条件は、なんとオリンピック出場だった!女コーチのやり方に戸惑い反発しながらも、今、平凡な少年のすべてをかけた、青春の熱い戦いが始まる―。第52回小学館児童出版文化賞受賞作品。解説・あさのあつこ

     この文庫版の上巻は、単行本版全4巻のうち1,2巻の内容を収めたもの。そして下巻が3,4巻の内容を収めており、「dive!!」は4部構成となっている。飛び込み競技に青春をささげる主人公格の少年が3人。最初の1から3部はそれぞれの少年にスポットライトを当てた形で話が進んでゆく。そして、最後の4部ではオリンピック代表選考をかけた試合が描かれている。
     内容を詳しく述べるのはネタばれになるのでここでは避けるが、この小説は文句なく人に勧めることができる面白いものであった。登場人物がどれも魅力的に描かれていることもこの本の良い点だが、何より、飛び込みというマイナーな競技の描写が素晴らしい。素人目で見れば、ただ高台から水に向かって飛び込むだけ。しかも競技の瞬間は2秒足らずのほんの短い間である。にもかかわらず、この本を読むと実際に自分の目で飛び込みを見てみたいと思ってしまう。そんな魔力がこのお話には秘められているように思う。

  • 「暑~いっ!」
    「プールに飛び込みたい!!」

    ・・・じゃあ飛び込んじゃう?!
    10mの高さから!

    いやいや。
    飛び込まないです。
    だって怖いし。
    飛び込まなきゃいけない理由がわかんないし。

    って、ほとんどの人がなるところを、
    この本の登場人物たちは飛び込んじゃいます。

    この本は、飛込み種目でオリンピックを目指す
    少年たちのお話。

    ダイバーにとって宝となる、脅威の動体視力を持つ主人公、知季。

    「いつも何かに囲われている気がする。
     大人たちの作った狭い枠の中に閉じ込められている気がする。
     でも、飛び込みでならその枠を越えられるような」

    だから、飛ぶ。

    天才ダイバー要一も、天然ダイバーのしぶきも、
    それぞれの血と想いを抱えて飛ぶ。

    飛ぶなかで成長していく表情、感情、姿勢に目を見張り、
    飛び込んだ瞬間にスカッとする。

    夏にオススメの本。
    爽快DIVEで暑さを吹き飛ばしちゃってください。

  • レビュー は下巻に

全604件中 1 - 10件を表示

DIVE!! 上 (角川文庫)に関連する談話室の質問

DIVE!! 上 (角川文庫)に関連するまとめ

DIVE!! 上 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

DIVE!! 上 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

DIVE!! 上 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

DIVE!! 上 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

DIVE!! 上 (角川文庫)の作品紹介

高さ10メートルの飛込み台から時速60キロでダイブして、わずか1.4秒の空中演技の正確さと美しさを競う飛込み競技。その一瞬に魅了された少年たちの通う弱小ダイビングクラブ存続の条件は、なんとオリンピック出場だった!女コーチのやり方に戸惑い反発しながらも、今、平凡な少年のすべてをかけた、青春の熱い戦いが始まる-。大人たちのおしつけを越えて、自分らしくあるために、飛べ。

DIVE!! 上 (角川文庫)のKindle版

ツイートする