56通の涙のメール (角川文庫)

  • 33人登録
  • 3.30評価
    • (1)
    • (10)
    • (9)
    • (1)
    • (2)
  • 7レビュー
制作 : iのあるメール大賞 
  • 角川書店 (2005年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (127ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043812011

56通の涙のメール (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • めっちゃ涙した。

  • 10/10

  • 一番最初のメールが凄く衝撃的だった。
    このメールにかける思いや意味に心打たれた。

  • 一通のメールが人生を変えることもある。
    たった一通のメールに込めた想いや願い。
    人と人をつなぐメールの大切さを教えられました。

  • 【10】

    一番最初に出てくる一通のメールにまつわるストーリーがとても感動的。

    その他のストーリーは、正直、微妙なトコ。

    【読書終了:07/07/12】

  • ほんのりするメールもあれば
    つい泣いちゃうメールも。

  • はげましや感謝が綴られた色んな人のメールが56通紹介されてます。しょっぱなから、泣きそうでした。言葉って素晴らしい。メールという新しい意思の疎通をはかる方法の素晴らしさも感じる。

全7件中 1 - 7件を表示

56通の涙のメール (角川文庫)はこんな本です

ツイートする