ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

  • 5248人登録
  • 3.92評価
    • (543)
    • (933)
    • (537)
    • (61)
    • (15)
  • 695レビュー
著者 : 柳広司
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043829064

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 初めてかもスパイ小説。ちょっと超人的すぎて、着いていけない部分もあるけど、読みやすい。まぁ、こんな世界もあるんでしょう。

  • スパイ小説。
    面白かった。次も楽しみ。

  • 初めて読んだ作家さん。最初あらすじを読んだときは少し苦手かと思ったが、読み始めたらスイスイ読めて、スパイものも新鮮だった。短編だったのも読みやすかった。

  • 前評判はよく聴いていたのだけれど、ようやく。
    頭の良い人間を書いた作品は、やはりとっても好きだ。スリーパーについての記述を最近よく読むな。

  • オーディオブックで。

    スパイという仕事・・物語にして面白くないわけがない。
    期待にもれず、めっちゃ面白かった。

  • 結城中佐は神か…

  • う~ん、登場人物が超人的すぎてあまりシンパシーを感じない。
    伏線からの謎解きも、難解を通り越して理不尽に過ぎて、通常の人間ならまず想到しないものばかりだし。

    解決編ではそれなりに唸らせられたけど、一緒に謎を解いているという興奮は味わえなかった。

  • キレッキレの男たちの化かし合い、極限状態でのサバイバル訓練。そこまでできないだろう、と思いつつも極上のエンタメでした。結城中尉は魔王てすね。

  • D機関という陸軍のスパイ養成所を舞台に、主人公の結城中佐と周囲の関係者の視点から描いた連作短編。

    ちょっと荒唐無稽な感じもするが、娯楽と割り切れば本当に面白くて知的なエンターテインメントにあふれた作品だと思う。

    スパイ同士の人間関係の希薄さや孤独感などは時代設定が戦時下であるのに現代にも通じているようで考えさせられる。

  • アニメからこの作品を知りましたが、やはり面白い!!
    アニメも少し難しかったですが、文字だけの世界だけでも難しいですね。でもこれを映像化したことにより双方で理解出来るとまた楽しい。
    アニメスタッフありがとう!

  • 短編集。
    「ジョーカー・ゲーム」感想
    駒として使い捨てられるのはごめんだ…。
    人間心理の裏をかくスパイ教育。
    植えつけられた御真影への畏怖など、現代の感覚からするとちょっと想像できない部分もあった。
    刷り込みって本当に怖いな…と。
    当時の軍人の様子が語られている部分があるが、もし武藤のような軍人ばかりだったなら絶望的な社会だっただろうと思ってしまった。

    「幽霊ゴースト」感想
    どんな調査にも完全はない。
    自覚のないままスパイ行為に加担させられていたとしても罪にはならない。
    しかし、D機関以外の人間が取り調べていたらきっと真っ白でも犯罪者に仕立て上げられてしまっただろう。
    登場人物のひとりであるグラハムの人間臭さがいい。
    しかし、選りすぐりを集めただけあってD機関はレベルが高い。
    属する人間は、みな特殊能力の持ち主ばかりで、訓練だけでここまでの水準になれるのかと驚いてしまう。

  • アニメを見ていたので話は知っていたけど面白かったー!D機関の皆様の魔人ぶりと結城中佐の魔王感…!見せかけの栄光ではなく裏方に徹し、常識を疑い暗躍するスパイの姿がかっこよかったです。ロビンソンクルーソーの考察というか、読み方には舌を巻く思いでした(´・_・`)『何かにとらわれて生きることは容易だ。だが、それは自分の目で世界を見る責任を放棄することだ。自分自身であることを放棄することだ』という中佐の言葉を自分への教訓として受け止めました。でもその言葉の通りに生きることはこの本のように結構孤独だったりもする。

  • アニメを見たから

  • 戦時中という時代背景が、今まで読んだ小説にはなかったので面白かった。もっとd機関にいる人を知りたいだが、読者にも知られたらスパイ失格なのだろう、あきらめるしかない…泣 ただ、d機関すげええええ!ってなる展開しかないので、飽きるかも

  • ちょっとハードボイルドタッチで、男性には多分受けが良いのだろうけど、女性にはどうだろう??
    短編嫌いな私にはもう一つだったが、文章は好み(*^-^*)

    結果があってからの、プロセス・・・ってのはちょっと面倒くさい感じも(^-^;

    この本も会社の方から借りたものだが、自分では絶対に選ばないだろう小説だった。それでも十分楽しむことができた(*^-^*)
    満足!

  •  15年戦争期の、大日本帝国陸軍に設置されたスパイ機関。そこから世界に飛び出した機関員の来し方を描く。アクション僅少のスパイ小説。

     アニメーション版から入った口。かの作品がなければ手に取ることもなかっただろう。

     確かに切り口は面白いけれど、D機関無双がちょっとねぇ…。積読本と読みたい本の数を考えると、2度は読む機会はなさそう。多分……。

  • 単行本は読んだことあるけど、文庫版は初めて。
    アニメはほぼ原作に忠実なので、アニメのキャラクターを思い浮かべながら読んでいた。
    天皇についての話がちょくちょく出ていた。
    軍人である佐久間とD機関の思想の違いがよく表れていた。
    結城中佐から誘いを受けた佐久間のその後が気になった。
    どれも短編小説で、読み進めることができた。
    一話のなかでの時系列が飛んだり戻ったりしすぎているように見えた。

  • 普通に面白かった。戦争ものだけど、読みやすくて好き。
    D機関の学生の「自分にやれて当たり前」って感覚が昔の自分と重なりつつ、忘れちゃだめだなって思ったもの。
    心のメモに残しておく。

  • スパイ小説という初めて読むジャンルだったけれど、面白かった。最後の「X X」が特にいい。捨て去ることができず、スパイになりきれなかった男に結城中佐が見せる人間味がじわじわ胸に響いてくる。

  • 2016/10/31
    始めましての人。
    面白く読めたけど揺さぶられることはない。
    スパイミステリーらしいけどスパイ自体珍しいよね。

  • アニメを見たのをきっかけに原作も読んでみた。
    原作を先に読むとついていけなかっただろうけど、アニメで登場人物・ストーリーを予習してからだったのでわかりやすかった。

  • 結城中佐が D機関を創設。
    スパイとは何かの原理原則を明確にする。
    陸軍の中では、『スパイとは姑息な手段であり、
    日本古来の武士道に反する』という意見があった。
    『軍人でなければ人に非ず』という風潮があった。
    そのなかで 『地方人』といわれる 軍人以外の民間人を採用する。
    自らの体験も強烈で、スパイとはどうあるべきかを実践の中で教える。
    佐久間陸軍中尉は D機関に 派遣された。
    日本オタクのアメリカ人ゴードンは、スパイの容疑がかかった。
    『スパイは疑われた時点で終わりだ。疑われているスパイに一体何の意味がある』
    と結城は言う。
    ゴードンのスパイの証拠を探すために、憲兵として家宅捜査をする。
    その証拠は、あるところに 隠されていた。

    スパイとして摘発された時には 自決することは、最悪の選択だ
    と、結城中佐は言う。
    『武士道とは死ぬことと見つけたり。名を惜しめ。
    みごとに花と散ることこそ、武人の誉れ。』ということが
    軍には 徹底して叩き込まれていた。
    軍人とスパイの違いを明確にする中で、スパイの身の処し方を明らかにする。
    『国家への忠誠心』それは 虚構だとさえ言い切る。
    スパイ(諜報員)のイメージを大きく替える。それは当たり前のことだと思う。
    本来のあり方としての スパイを 明確化する中で 物語はすすめられていくので、
    じつに 興味が深い。このようなスパイたちが 実際 いたなら 
    日本はもう少し変わっていたかもしれない。

    ロビンソンが 実におもしろかった。
    結城は、『ロビンソンクルーソー』の本を渡すだけで、仕事をさせる。
    その 読みの深さが すばらしい。
    これは、よっぽど アタマを使わないと切り抜けられないね。
    結城中佐は、『死ぬことなど誰でもできる』という。

    スパイ蒲生は チェスがうまい。
    それで、チェス好きのグラハムにうまく取り込む。
    あたかも、グラハムが チェスに誘ったように仕掛ける。

    魔都。上海でのスパイ活動 本間。
    上海語などはそもそも存在しない という指摘が 驚き。
    北京語、寧波語、蘇州語、江北語が使われていたと言う。
    やはり、上海は 麻薬だよ。それをめぐって、欲にまみれる。

    二重スパイ。そして 捕まって、その後の対処。
    じつに きちんとした リスク管理が できている。
    想定される あらゆる 場面を 見通すことで、
    危険と失敗を避けることができる。
    このスパイストーリーは よく組み立てられて、
    コンセプトがしっかりしていて、したたかである。

全695件中 1 - 25件を表示

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)に関連する談話室の質問

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のAudible版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のKindle版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の単行本

ツイートする