ブクログ大賞

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

  • 5300人登録
  • 3.92評価
    • (550)
    • (939)
    • (540)
    • (63)
    • (15)
  • 705レビュー
著者 : 柳広司
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043829064

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 少し前(結構前かもしれない)にアニメで話題になったジョーカー・ゲーム。アニメだけだと思っていたんだけど、今年のカドフェスにともなって本屋で平積みされていたのを発見し、手に取った。
    カドフェスのフライヤーでは「手に汗握る」ジャンルとして紹介されているのだけれど、まさにその通り。
    スパイのギリギリを生きる感覚が文章から溢れ出ていた。実際にスパイたちを目の前にしているかのような臨場感がある。
    一章一章が独立したショートストーリーのようになっていて軽くて読みやすい。
    私は特にタイトルにもなっている「ジョーカー・ゲーム」と「XX(ダブルクロス)」が好き。
    「ジョーカー・ゲーム」はスパイとは正反対である軍人佐久間中尉の目線から語られるスパイ候補生たちの姿が描かれている。いかに彼らが(佐久間中尉からすると)異質であり、スパイというものが一般からかけ離れているかということが佐久間中尉の目を通して浮かび上がっている。スパイと関わることによって佐久間中尉が変わっていく様子が面白いと同時に感慨深さを覚える。
    「XX(ダブルクロス)」は脱落するスパイ候補生の話で、日々結城中佐が言う囚われないことがいかに難しいかが手に取るようにわかる。スパイも辛いんだなあ、と思ったし、平然とスパイとして正式な任務に就く元候補生がすごい。
    とてもおもしろくて続編3冊も買ってしまった。どんどん読んでいきたい。

    ひとつ難点があるとすれば、スパイの話だから、基本すべての登場人物は偽名を使用しているから、いろんな名前がたくさん出てきて覚えるのが大変。
    アニメではわりとまとめられているっぽいけど(小田切=飛崎になっていたりするらしい)

  • 陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校“D機関”。発案者・結城中佐とその生徒たる諜報員は、当時の軍人の信条を真っ向から否定し、神であった天皇の不可侵をものともせず、ひたすら合理的、論理的に第二次世界大戦前夜の混沌とした世界で欧米列強をむこうに諜報戦を挑んでゆく。

    参謀本部とのあいだの連絡係として機関に出向する佐久間中尉は、上官である武藤大佐の指示により、スパイ容疑が浮かぶアメリカ人・ゴードン邸の家宅捜査を行う。容疑を立証する証拠が見つからなければ、中尉はその場で腹を切ることになるが――。“D機関”が擁する諜報員の、時代のなかでの異端、軍隊のなかでの鬼子、そしてスパイとしての化け物ぶりを印象深く見せつける表題作『ジョーカー・ゲーム』。
    皇紀二千六百年記念式典における要人暗殺計画が露見。その首謀者として名前があがった英国総領事。彼は、シロかクロか。スパイの本来の仕事を読者にまざまざと示した『幽霊』。
    ロンドン。スパイ容疑で拘束された写真館を営む日本人青年。十重二十重に、互いに張り巡らされた数々の罠のなかを彼はどうやって脱出するのか。異国の地で、たったひとりで……『ロビンソン』ほか、上海の租界を舞台にした『魔都』、ドイツ人スパイの自殺の謎を追う『XX ダブル・クロス』など、5編を収録。

    これまで人気を博し、長く読まれてきたヒギンズやル・カレ、高村薫のスパイ小説とは全く違う、過去を切り捨て、情愛も憎悪もなく、悲嘆することもない“D機関”の物語は、フレミングの007シリーズが持つゲーム性を思い出させる。
    ジョーカー・ゲーム。この盤面で、プレイヤーは誰もが“顔のない名無しの男”で完結する。過去を、情を捨てきれないものは本来の名前と顔を取り戻して、一人の青年に戻っていく。
    名誉のためでなく、まして愛国心のためでもなく、しかし国際政治の裏で命がけの危険なゲームに身を賭す理由は、己の優秀さを十分に知った青年のもつ強烈な矜持所以だ。

    完璧なスパイの完璧な仕事を描く、今までにないエンターティメント性の高いスパイ小説。シリーズの第一巻。

  • またまたAudibleで朗読版を堪能。
    これはかなり以前に紙版で読了済でしたが、
    そのときはそれほど面白いとは思えませんでした。
    ところが今回の朗読版は声優さんの解釈も
    自分にフィットしたのかとても楽しめました。

    ちょうどサポメのテーマが正直、誠実であったので
    その対極にある、この物語に出てくる
    嘘だらけのスパイたちの生き様が
    私の頭の中で逆にくっきりと浮かび上がってきました。
    そのことに関連した投稿はこちら。

    舞台は昭和13年の日本、過去に優秀なスパイだった
    結城中佐という男がスパイを養成する学校のようなものを、
    反発されながらも陸軍内に作るわけです。
    そこに集まったものたちは飛び抜けて優秀な若者たち。
    その若者たちが卒業にあたっての試験として
    任務を与えられたり卒業後、海外へスパイとして活動している様子を
    連作短編として描いている作品です。
    ベテランのスパイではないので、
    能力はずば抜けていながら
    まだスパイとしてなり切れていないという
    キャラクターも多く、
    その点、嘘と正直、理想と現実の
    葛藤を描いているとも言えます。
    そして、二転三転するストーリーの展開も見事ですね。
    初めて読むとしたら、どの作品を読んでも
    結末は予想できないのではないかと思います。
    その点エンタメ要素にあふれた
    ミステリ作品としても一級品だなあ、
    と朗読版を聴いて思いました。
    2017/02/20 08:14

  • 大日本帝国時代の架空の諜報機関を描く短編集。
    D機関の面々の超人ぶりはアニメチックではあるが、時代背景や人間心理のリアルで緻密な描写が迫力と真実味を生んでいる。一方で、軍の諜報機関を描きながら、軍隊や日本陸軍へのリサーチが足りないんじゃないかと思わせる点がいくつかあったのは惜しい。
    一つの思想、思考にとらわれてしまうことの弱さという面に焦点を当てているように感じる。
    上海の暑く淫靡な雰囲気と、それに冒された将校らの末路を描いた短編「魔都」が、特に好き。

  • 【無存在】
    小説です。

    論理的に?もありますがおもしろいです。

  • 20世紀の日本の状況をスパイという点からみると、違ったように思えてきました。
    また、私の思っているスパイの認識とは違いとても面白かったです。

  • 話題になってるときに気になっていたものの勝手に戦争もの(苦手)だと思っていて、二の足を踏んでいたのですが、アニメを見て面白かったので小説にも手を出しました。

    すごく読みやすい文章でさくさく読めました。重厚な雰囲気はアニメに比べると薄いかな、というかんじ。あと情景が想像しにくいです。(そういう意味ではアニメ見てから読むのが正解な気がしてきた)

    軽く読めるのでスキマ時間での読書におすすめ。

  • 「ジョーカー・ゲーム」

    スパイのお話し!

    D機関という特殊な任務のみを命じられる最高の能力を持ったスパイ達!
    「何ものにもとらわれるな!」「殺すな」「死ぬな」

    戦時中、天皇陛下を神様と敬う時代において、また武士の考えがまだ濃厚で死ぬことが美学と思われていたこの時代にはまったく真逆の思想をもって任務を遂行する!

    シリーズものです!楽しみ!

  • 初めてかもスパイ小説。ちょっと超人的すぎて、着いていけない部分もあるけど、読みやすい。まぁ、こんな世界もあるんでしょう。

  • スパイ小説。
    面白かった。次も楽しみ。

  • 初めて読んだ作家さん。最初あらすじを読んだときは少し苦手かと思ったが、読み始めたらスイスイ読めて、スパイものも新鮮だった。短編だったのも読みやすかった。

  • 前評判はよく聴いていたのだけれど、ようやく。
    頭の良い人間を書いた作品は、やはりとっても好きだ。スリーパーについての記述を最近よく読むな。

  • オーディオブックで。

    スパイという仕事・・物語にして面白くないわけがない。
    期待にもれず、めっちゃ面白かった。

  • 結城中佐は神か…

  • う~ん、登場人物が超人的すぎてあまりシンパシーを感じない。
    伏線からの謎解きも、難解を通り越して理不尽に過ぎて、通常の人間ならまず想到しないものばかりだし。

    解決編ではそれなりに唸らせられたけど、一緒に謎を解いているという興奮は味わえなかった。

  • キレッキレの男たちの化かし合い、極限状態でのサバイバル訓練。そこまでできないだろう、と思いつつも極上のエンタメでした。結城中尉は魔王てすね。

  • D機関という陸軍のスパイ養成所を舞台に、主人公の結城中佐と周囲の関係者の視点から描いた連作短編。

    ちょっと荒唐無稽な感じもするが、娯楽と割り切れば本当に面白くて知的なエンターテインメントにあふれた作品だと思う。

    スパイ同士の人間関係の希薄さや孤独感などは時代設定が戦時下であるのに現代にも通じているようで考えさせられる。

  • アニメからこの作品を知りましたが、やはり面白い!!
    アニメも少し難しかったですが、文字だけの世界だけでも難しいですね。でもこれを映像化したことにより双方で理解出来るとまた楽しい。
    アニメスタッフありがとう!

  • 短編集。
    「ジョーカー・ゲーム」感想
    駒として使い捨てられるのはごめんだ…。
    人間心理の裏をかくスパイ教育。
    植えつけられた御真影への畏怖など、現代の感覚からするとちょっと想像できない部分もあった。
    刷り込みって本当に怖いな…と。
    当時の軍人の様子が語られている部分があるが、もし武藤のような軍人ばかりだったなら絶望的な社会だっただろうと思ってしまった。

    「幽霊ゴースト」感想
    どんな調査にも完全はない。
    自覚のないままスパイ行為に加担させられていたとしても罪にはならない。
    しかし、D機関以外の人間が取り調べていたらきっと真っ白でも犯罪者に仕立て上げられてしまっただろう。
    登場人物のひとりであるグラハムの人間臭さがいい。
    しかし、選りすぐりを集めただけあってD機関はレベルが高い。
    属する人間は、みな特殊能力の持ち主ばかりで、訓練だけでここまでの水準になれるのかと驚いてしまう。

  • アニメを見ていたので話は知っていたけど面白かったー!D機関の皆様の魔人ぶりと結城中佐の魔王感…!見せかけの栄光ではなく裏方に徹し、常識を疑い暗躍するスパイの姿がかっこよかったです。ロビンソンクルーソーの考察というか、読み方には舌を巻く思いでした(´・_・`)『何かにとらわれて生きることは容易だ。だが、それは自分の目で世界を見る責任を放棄することだ。自分自身であることを放棄することだ』という中佐の言葉を自分への教訓として受け止めました。でもその言葉の通りに生きることはこの本のように結構孤独だったりもする。

  • 戦時中という時代背景が、今まで読んだ小説にはなかったので面白かった。もっとd機関にいる人を知りたいだが、読者にも知られたらスパイ失格なのだろう、あきらめるしかない…泣 ただ、d機関すげええええ!ってなる展開しかないので、飽きるかも

全705件中 1 - 25件を表示

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)に関連する談話室の質問

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の作品紹介

結城中佐の発案で陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校"D機関"。「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。この戒律を若き精鋭達に叩き込み、軍隊組織の信条を真っ向から否定する"D機関"の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く結城は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を上げてゆく…。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝く究極のスパイ・ミステリー。

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のAudible版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のKindle版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の単行本

ツイートする