ジョーカー・ゲーム (角川文庫)

  • 5354人登録
  • 3.92評価
    • (561)
    • (947)
    • (545)
    • (66)
    • (15)
  • 715レビュー
著者 : 柳広司
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043829064

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • D機関という陸軍のスパイ養成所を舞台に、主人公の結城中佐と周囲の関係者の視点から描いた連作短編。

    ちょっと荒唐無稽な感じもするが、娯楽と割り切れば本当に面白くて知的なエンターテインメントにあふれた作品だと思う。

    スパイ同士の人間関係の希薄さや孤独感などは時代設定が戦時下であるのに現代にも通じているようで考えさせられる。

  • ”魔王”と呼ばれる結城中佐の発案で、陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校”D機関”。
    D機関に入った後は各人に偽名、さらには偽の経歴が与えられる。任務に入ればまた別の名前と経歴が。彼らは見事にその仮面を被り次々と任務を成功させていく。

    彼らのスマートさに憧れつつ実は優しい心も持っているのではと考えるが、今のところは手に負えぬほどの自尊心を持つ化け物ばかり(笑)人間らしさは命取り。誰よりも厳しく誰よりも優しい結城中佐の最後の言葉が胸に響く。

  • アニメがあまりにスタイリッシュだったので、耐えられなくなって原作も。
    やっぱり、アニメ化されたり映画化されたりしたものは、アニメ(映画)→原作の順だと、そこまで失望もしないので安心して読めますね。逆だと、がっかりすることも多いので。

    アニメでは説明しきれなかった箇所を丁寧に読めたのが、一番の収穫だったかもしれません。全体的に抑えたトーンが流れる文章で、普段は読まない時代の、普段はおつきあいのない方々が主人公の話だったのですが、そんなことを微塵も感じさせない文章で、すごくすごく楽しかったです。
    読みやすい文章=平易な文章、という図式は必ずしもあてはまらないと思うのですが、柳氏の文章は、読みやすい文章=リードされていることを気付かせない巧妙な文章であって、なんといえばいいのか、人間的にとてもできた大人に包まれて移動させられているような。そんな絶対的な安心感を覚えました。

    しかし、スパイは本当に本当に孤独な職業ですね。ひと嫌いとはまた違うレベルでの、断絶と隔離を自ら選び続けるのは、精神性がかなり訓練されていないとダメなんだろうなと思いました。
    「幽霊」でのラストは、なんだかやるせなくなる感じ。年単位で利用できる可能性をじっと脳に温め続けるのって、冷酷という言葉では片付けられない、なにかとても非人間的なものを覚えます。

  • 17年5月に読了した『秘録・陸軍中野学校』のレビューで知った本。そのためD機関が軍内部で理解されない存在であること、卒業生は孤独の中で敵地での活動を余儀なくされること等をすんなり理解できる。「ロビンソン」は、その敵地で捉えられた伊沢が脱走するまでの短編として、非常にスリリングに描かれていて面白い。D機関の敵地潜入を象徴する物語は「魔都」だろう。潜入者が主役にならず、上海憲兵隊分隊長の腐敗を暴く後ろ盾として登場する。前編でミステリーとしても通用する展開が小気味好い。

  • 結城中佐が D機関を創設。
    スパイとは何かの原理原則を明確にする。
    陸軍の中では、『スパイとは姑息な手段であり、
    日本古来の武士道に反する』という意見があった。
    『軍人でなければ人に非ず』という風潮があった。
    そのなかで 『地方人』といわれる 軍人以外の民間人を採用する。
    自らの体験も強烈で、スパイとはどうあるべきかを実践の中で教える。
    佐久間陸軍中尉は D機関に 派遣された。
    日本オタクのアメリカ人ゴードンは、スパイの容疑がかかった。
    『スパイは疑われた時点で終わりだ。疑われているスパイに一体何の意味がある』
    と結城は言う。
    ゴードンのスパイの証拠を探すために、憲兵として家宅捜査をする。
    その証拠は、あるところに 隠されていた。

    スパイとして摘発された時には 自決することは、最悪の選択だ
    と、結城中佐は言う。
    『武士道とは死ぬことと見つけたり。名を惜しめ。
    みごとに花と散ることこそ、武人の誉れ。』ということが
    軍には 徹底して叩き込まれていた。
    軍人とスパイの違いを明確にする中で、スパイの身の処し方を明らかにする。
    『国家への忠誠心』それは 虚構だとさえ言い切る。
    スパイ(諜報員)のイメージを大きく替える。それは当たり前のことだと思う。
    本来のあり方としての スパイを 明確化する中で 物語はすすめられていくので、
    じつに 興味が深い。このようなスパイたちが 実際 いたなら 
    日本はもう少し変わっていたかもしれない。

    ロビンソンが 実におもしろかった。
    結城は、『ロビンソンクルーソー』の本を渡すだけで、仕事をさせる。
    その 読みの深さが すばらしい。
    これは、よっぽど アタマを使わないと切り抜けられないね。
    結城中佐は、『死ぬことなど誰でもできる』という。

    スパイ蒲生は チェスがうまい。
    それで、チェス好きのグラハムにうまく取り込む。
    あたかも、グラハムが チェスに誘ったように仕掛ける。

    魔都。上海でのスパイ活動 本間。
    上海語などはそもそも存在しない という指摘が 驚き。
    北京語、寧波語、蘇州語、江北語が使われていたと言う。
    やはり、上海は 麻薬だよ。それをめぐって、欲にまみれる。

    二重スパイ。そして 捕まって、その後の対処。
    じつに きちんとした リスク管理が できている。
    想定される あらゆる 場面を 見通すことで、
    危険と失敗を避けることができる。
    このスパイストーリーは よく組み立てられて、
    コンセプトがしっかりしていて、したたかである。

  • 「死ぬな、殺すな、とらわれるな」
    軍隊組織の信条を真っ向から否定する「D機関」
    偽の名前、経歴、外見迄も変え周囲の人間を欺いて
    迄も1人で生きていける人間離れした化者の様な集団。

    華々しい活躍はなく、全て影に徹するスパイ小説
    なのに引き込まれる。

  • 陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校“D機関”。発案者・結城中佐とその生徒たる諜報員は、当時の軍人の信条を真っ向から否定し、神であった天皇の不可侵をものともせず、ひたすら合理的、論理的に第二次世界大戦前夜の混沌とした世界で欧米列強をむこうに諜報戦を挑んでゆく。

    参謀本部とのあいだの連絡係として機関に出向する佐久間中尉は、上官である武藤大佐の指示により、スパイ容疑が浮かぶアメリカ人・ゴードン邸の家宅捜査を行う。容疑を立証する証拠が見つからなければ、中尉はその場で腹を切ることになるが――。“D機関”が擁する諜報員の、時代のなかでの異端、軍隊のなかでの鬼子、そしてスパイとしての化け物ぶりを印象深く見せつける表題作『ジョーカー・ゲーム』。
    皇紀二千六百年記念式典における要人暗殺計画が露見。その首謀者として名前があがった英国総領事。彼は、シロかクロか。スパイの本来の仕事を読者にまざまざと示した『幽霊』。
    ロンドン。スパイ容疑で拘束された写真館を営む日本人青年。十重二十重に、互いに張り巡らされた数々の罠のなかを彼はどうやって脱出するのか。異国の地で、たったひとりで……『ロビンソン』ほか、上海の租界を舞台にした『魔都』、ドイツ人スパイの自殺の謎を追う『XX ダブル・クロス』など、5編を収録。

    これまで人気を博し、長く読まれてきたヒギンズやル・カレ、高村薫のスパイ小説とは全く違う、過去を切り捨て、情愛も憎悪もなく、悲嘆することもない“D機関”の物語は、フレミングの007シリーズが持つゲーム性を思い出させる。
    ジョーカー・ゲーム。この盤面で、プレイヤーは誰もが“顔のない名無しの男”で完結する。過去を、情を捨てきれないものは本来の名前と顔を取り戻して、一人の青年に戻っていく。
    名誉のためでなく、まして愛国心のためでもなく、しかし国際政治の裏で命がけの危険なゲームに身を賭す理由は、己の優秀さを十分に知った青年のもつ強烈な矜持所以だ。

    完璧なスパイの完璧な仕事を描く、今までにないエンターティメント性の高いスパイ小説。シリーズの第一巻。

  • またまたAudibleで朗読版を堪能。
    これはかなり以前に紙版で読了済でしたが、
    そのときはそれほど面白いとは思えませんでした。
    ところが今回の朗読版は声優さんの解釈も
    自分にフィットしたのかとても楽しめました。

    ちょうどサポメのテーマが正直、誠実であったので
    その対極にある、この物語に出てくる
    嘘だらけのスパイたちの生き様が
    私の頭の中で逆にくっきりと浮かび上がってきました。
    そのことに関連した投稿はこちら。

    舞台は昭和13年の日本、過去に優秀なスパイだった
    結城中佐という男がスパイを養成する学校のようなものを、
    反発されながらも陸軍内に作るわけです。
    そこに集まったものたちは飛び抜けて優秀な若者たち。
    その若者たちが卒業にあたっての試験として
    任務を与えられたり卒業後、海外へスパイとして活動している様子を
    連作短編として描いている作品です。
    ベテランのスパイではないので、
    能力はずば抜けていながら
    まだスパイとしてなり切れていないという
    キャラクターも多く、
    その点、嘘と正直、理想と現実の
    葛藤を描いているとも言えます。
    そして、二転三転するストーリーの展開も見事ですね。
    初めて読むとしたら、どの作品を読んでも
    結末は予想できないのではないかと思います。
    その点エンタメ要素にあふれた
    ミステリ作品としても一級品だなあ、
    と朗読版を聴いて思いました。
    2017/02/20 08:14

  • 20世紀の日本の状況をスパイという点からみると、違ったように思えてきました。
    また、私の思っているスパイの認識とは違いとても面白かったです。

  • 面白かった!短編で読みやすく勢いがあって鋭い。続きも読みたい。

  • 先日読んだ「ダブルジョーカー」の前に本書が発売されていたらしく、結城大佐の素性とD機関の成りたちが気になったので、順番が逆になりましたがこちらも読んでみました。

    スパイ小説とはいえ、残酷な描写は少なく軽いテイストで気軽に読める感じ、短編なので展開が早く痛快な感じはダブルジョーカーと同じでやはり楽しめました。
    とはいえ、知りたかった結城大佐の謎はあまり解明されなかったな。。

  • 何故もっと早く読まなかったんだろう。時代設定やストイックな頭脳戦の要素まで、完全に僕のどストライクです。このスパイ養成学校「D機関」関係者を主役とした短編集、特に最初の表題作は完璧。これだけでも読む価値あり。やられた感がハンパない。続編もいますぐ読みたいが、ぐっとこらえて他の読みかけのやつに戻ろう。なお、亀梨くん主演で映画化されるようだが、「本格アクション」とか書かかれている時点で本作のコンセプトの否定に映る。

  • 戦時下、陸軍でひそかに創設された諜報組織。冷徹無比なスパイマスター結城中佐やその指導を骨身に染み込ませたスパイたち…がかっこいいのはもちろんなのだけど、それ以上に、彼らに巻き込まれて不遇な目にあったり、奇妙な体験をしたりする人々に注目したい。
    そういう「凡人」の存在があるから、奇異なスパイの存在が面白くなるのであって、彼らがいないときっとお話にもならない。
    絶え間ない緊張感と、鋭い人間観察の面白さがぎっしり詰まっている。

  • 面白かった!タブル・ジョーカーも読んでみたい☆

  • もう、文句なし。まったなしの最高傑作!

    以前この人のトーキョー・プリズンでも酔いに酔ったが、
    これはもう、時代設定も構成もすべてが本当に、私好みで言うことなし!!

    スパイという設定しかり、
    軍隊の中でつまはじきになる「軍人でないもの」のみで構成された部隊への風当たり。
    自己犠牲こそが最高とされる洗脳文化の中で、「死ぬな、殺すな」という訓示。
    その揺るぎない世界観の中で一番素晴らしいのは、
    確固たるストーリー運びを支える、思想とセリフ。

    流されることなく正しい事実のみを見据える強さは、
    今でも多分、真実なのだと思わせる。

    まずはストーリーに酔い、
    セリフに示された思想に溺れることの出来る一冊。

    ここまで精緻な物語には、久しぶりに巡り会えた。


    眠い朝の通勤電車で読書が止められず、
    昼休みも使って読み切って、
    帰りに本屋に寄って、荷物になるからほとんど買わない単行本で続編を2冊購入。


    この作家さん、本当に素晴らしい。
    巡り会えてよかった、至高の一作です。

  • 全編通してのキーパーソンとなる結城中佐の不気味な存在感が圧倒的。
    味方の裏切りで窮地に陥り、過酷な拷問を受けてもなお敵の機密情報を奪取し生還した伝説のスパイにして、化け物じみた12人の精鋭を集めたD機関の創立者。
    拷問の痕を隠すため常に白手袋をはめ杖をつき片足をひきずって歩く中年男だが、「魔王」の異名は伊達じゃなく、そのカリスマ性は凄まじい。
    そんな結城中佐の目にかないD機関に集められたのは、異形の能力が突出した自尊心の化け物たち。
    愛とも憎しみとも無縁に冷徹な知略を駆使し、死と隣り合わせの危険を孕む任務さえ一種の「ゲーム」と割り切って、鼻歌口笛まじりに危局の盤面をひっくりかえしていく彼らの姿は強烈な毒をもって読者を魅せる。

    国の存亡に命を賭けるスパイを描いた小説が多い中で「ジョーカーゲーム」は異色。
    この小説に出てくる男たちは国家になんら信仰を持たない。
    敵や身内を出し抜き諜報戦に身を投じるも、国の利益のためというのは建前で、要するに彼らは作中何度も繰り返される「自分にはこれくらいできねばならない」という至上の命題に取り組み続けているのだ。
    信義も大儀もなく、なにものにも囚われず、己がどこまでできるか自分の人生さえルーレットに投げ込むサイコロの如く軽快に振って試し続ける彼らの姿はストイックというよりスタイリッシュ。
    収録作の中ではとくに「魔都」と「ロビンソン」が面白かった。
    結城中佐が表に出てこない話もありますが(むしろそれが大半)、誰が味方か敵かわからない疑心暗鬼の状況の中、錯綜した人間関係の裏で暗躍する「D機関」精鋭の存在感が、物語の緊迫を加速度的に高めていきます。 

    面白いスパイ小説を読みたい方、悪魔のように頭が切れるニヒリスティックな男が好きな方はぜひご一読を!

  • 大日本帝国におけるスパイを描いた作品。

    所謂、スパイ映画のような派手さを想像していましたが、『スパイは疑われた時点で終わり』という言葉にもあるように、最後まで情報を抜かれていたことに気付かないで、そのまま標的の元を去るような(寧ろそれが当たり前なのでしょうが)そういう描写が自分的には新しく気付かされた点でした。

    D機関で結城中佐に育て上げられた、名も無きスパイ達の活動が、様々な角度から描かれた短編集であり、特に敵地からの脱出を書いた『ロビンソン』や、この一冊の集大成のような『XX』がお気に入りです。
    ロビンソンは、主人公の立場になって中佐のくれた謎をこちらも想像しながらの敵スパイとの高度な情報戦、駆け引きなどが細かく描かれているし、捕らわれたところからの完全なる脱出劇に目が離せませんでした。

    超人的なスパイたちの会話や、状況描写の想像をするのに時間がかかったせいでサクサクと読み進められませんでしたが、スパイの新たな一面を見ることが出来て面白かったです。
    機会があれば続編も読んでみます。

  • 第二次世界大戦が始まる前の大日本帝国のスパイを描いた話。
    スパイと言えば、「007」のようなアクションもののイメージが(なぜか)強いですが、「ジョーカー・ゲーム」で描かれるスパイは影にひっそりと隠れています。そこが本当にスパイらしくて良いと感じました。
    それぞれが独立した短編集で、ミステリーの要素もあり、読んでいて飽きが来ません。

  • 大日本帝国時代の架空の諜報機関を描く短編集。
    D機関の面々の超人ぶりはアニメチックではあるが、時代背景や人間心理のリアルで緻密な描写が迫力と真実味を生んでいる。一方で、軍の諜報機関を描きながら、軍隊や日本陸軍へのリサーチが足りないんじゃないかと思わせる点がいくつかあったのは惜しい。
    一つの思想、思考にとらわれてしまうことの弱さという面に焦点を当てているように感じる。
    上海の暑く淫靡な雰囲気と、それに冒された将校らの末路を描いた短編「魔都」が、特に好き。

  • 話題になってるときに気になっていたものの勝手に戦争もの(苦手)だと思っていて、二の足を踏んでいたのですが、アニメを見て面白かったので小説にも手を出しました。

    すごく読みやすい文章でさくさく読めました。重厚な雰囲気はアニメに比べると薄いかな、というかんじ。あと情景が想像しにくいです。(そういう意味ではアニメ見てから読むのが正解な気がしてきた)

    軽く読めるのでスキマ時間での読書におすすめ。

  • 「ジョーカー・ゲーム」

    スパイのお話し!

    D機関という特殊な任務のみを命じられる最高の能力を持ったスパイ達!
    「何ものにもとらわれるな!」「殺すな」「死ぬな」

    戦時中、天皇陛下を神様と敬う時代において、また武士の考えがまだ濃厚で死ぬことが美学と思われていたこの時代にはまったく真逆の思想をもって任務を遂行する!

    シリーズものです!楽しみ!

  • 初めてかもスパイ小説。ちょっと超人的すぎて、着いていけない部分もあるけど、読みやすい。まぁ、こんな世界もあるんでしょう。

  • 初めて読んだ作家さん。最初あらすじを読んだときは少し苦手かと思ったが、読み始めたらスイスイ読めて、スパイものも新鮮だった。短編だったのも読みやすかった。

  • 前評判はよく聴いていたのだけれど、ようやく。
    頭の良い人間を書いた作品は、やはりとっても好きだ。スリーパーについての記述を最近よく読むな。

  • オーディオブックで。

    スパイという仕事・・物語にして面白くないわけがない。
    期待にもれず、めっちゃ面白かった。

全715件中 1 - 25件を表示

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)に関連する談話室の質問

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の作品紹介

結城中佐の発案で陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校"D機関"。「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。この戒律を若き精鋭達に叩き込み、軍隊組織の信条を真っ向から否定する"D機関"の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く結城は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を上げてゆく…。吉川英治文学新人賞、日本推理作家協会賞に輝く究極のスパイ・ミステリー。

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のAudible版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)のKindle版

ジョーカー・ゲーム (角川文庫)の単行本

ツイートする