万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)

  • 4349人登録
  • 3.63評価
    • (294)
    • (652)
    • (629)
    • (122)
    • (18)
  • 534レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年4月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836420

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 映画が面白かったので、原作も気になり。
    数少ない本を読むリア友ちゃん@松岡さんファンに「原作どう?」と聞いたら
    「面白い!読みやすい!」と太鼓判を捺されたので、購入。

    うん、本当に読みやすかった。
    莉子の過去は映画以上に描かれていたし、「Q」の意味もわかってすっきり。

    力士シールもだけれど、ハイパーインフレが謎すぎて気になる!
    途中でハイパーインフレ後の章が挟まった時には、まるで近未来SFのようで「???」となったけれど、本当になぜこんなことに……?
    次の巻で解決するとのことで楽しみ。

  • 鑑定業を営む凜田莉子が豊富な知識を駆使して、事件の真相に迫る異色のミステリー小説。

    1巻では、主人公・凜田莉子が「万能鑑定士」を開業するに至ったストーリーが展開されている。
    一般的な小説と違い、主人公が元々鬼才ぶりを発揮する訳ではなく、沖縄時代は手のつけられない程の劣等生であった。そんな主人公が東京に出て、チープグッズ社長の瀬戸内陸と出会い、人一倍高い感受性を活かした学習方法で着実に成長を遂げていく。
    このような人となりの主人公は珍しいだろうし、だからこそ妙に人間臭さが伝わってくるように思われる。

    この巻、巷をにぎわす「力士シール」の謎を追うことをきっかけにストーリーは展開される。この本はストーリーの面白さもさることながら、時折莉子が披露する知識が大変勉強になる。

    巻最後にハイパーインフレを匂わせる描写も入れられており、続巻への講読意欲をかき立てられる。

  • あっちこっち話がばたばたとするんだなぁ、と思ったら、何冊も出すつもりで書いていたからなのね。解決編を次巻にもってくるのなら、上下巻と書いてほしかった。って、新しいものには書いてあるようですね、画像を見ると。博識は読んでいても楽しいんだけど、彼女の魅力が女性の私にはいまひとつなので、追いかけないつもり。縁があったら、次が手に入るでしょう。

  • 綾瀬はるか主演映画の原作ということで購入(映画は観ていず)。作中の凛田莉子を描写した表現と綾瀬はるかのイメージが、天然系なところも含め良く合っていると思う。観察眼の鋭さが行き過ぎのような気もするが、物語のスピード感は良い。凛田の最初の事件への介入が日本の荒廃した風景につながるのだろうが、本シリーズが12巻まであるということは、この世界観のまま物語が進むのだろうか? とりあえず2巻を購入し、読み進めていこう。

  • 〇 概要
     不気味な「力士シール」を誰が,なぜ貼っているのか。取材をしていた雑誌記者「小笠原」は,万能鑑定士の「凜田莉子」に出会う。凜田莉子がいかにして「万能鑑定士」になったのか。莉子が上京してからの様子と小笠原との出会いなどについて描かれた万能鑑定士シリーズの第1弾

    〇 総合評価 ★★★☆☆
     万能鑑定士シリーズの第1弾。1と2は二つで一つのエピソードを描いている。メインとなる日本の経済破たんのエピソードは,おおむね2の方で描かれている。1は,その伏線となる莉子と小笠原の出会い,莉子の高校時代と上京直後の頃のエピソード,チープグッズとの出会いなどが描かれている。
     氷室拓真もちょっと出ている。ラスト間近で,イオナフーズという会社の料理教室を使ったオートロックマンションへの忍び込み計画が示され,そのトリックを莉子が解いている。この部分が1のミステリ的なハイライトか。
     1と2で一つのエピソードであり,1だけで評価するのは困難。あえて評価するなら,最後のミステリ的な謎解きと数ある伏線,そして莉子のエピソードなどについての評価であり★3というところだろう。

    〇 サプライズ ★★☆☆☆
     1作目は,2作目とセットになっており前編的な位置付け。一応,料理教室を利用したオートロックマンションへの忍び込みという事件と,その謎解きがある。力士シールや断片的に描かれる経済が破たんした日本の描写が何を意味するかは明かされない。よって,この段階ではサプライズはほとんどない。

    〇 熱中度 ★★★★☆
     力士シールをめぐる謎の話の幕間に,経済が破たんした日本の描写がある。また,高校時代や上京してすぐの莉子についての描写もあり,落ちこぼれだった莉子がどうやって聡明な万能鑑定士になったのかという点に引き込まれる。総じて熱中度は高い。話のテンポもスピーディで引き込まれる。

    〇 インパクト ★★★☆☆
     ときおり挟まれる,経済が破たんした日本の描写のインパクトがすごい。そのほかは普通

    〇 読後感 ★★☆☆☆
     1と2で一つのエピソードであり,これは明らかに途中。ラストシーンは経済が破たんした日本から莉子が沖縄を目指すシーンで,これからどうなるのか非常に気になる終わり方をする。

    〇 キャラクター ★★★★☆
     凜田莉子,小笠原悠斗,喜屋武友禅,瀬戸内陸,氷室拓真,葉山翔太など,魅力的なキャラクターがそろっている。キャラクターの魅力は十分」

    〇 希少価値 ☆☆☆☆☆
     映画化もされた超人気シリーズの第1弾。希少価値はない。

    〇 メモ
    〇 小笠原と莉子との出会い
    〇 5年前の莉子の様子(波照間島)
    〇 上京後の莉子。チープグッズ(=瀬戸内陸)との出会い
    〇 未来のシーン→小笠原と莉子が出会ってから1週間後の荒廃した日本の様子
    〇 力士シールの鑑定。2種類あってどちらも手書き
    〇 莉子,ツアコンのための就職試験を受験。抜群の知識を発揮するが,数学の応用がだめで落ちる。
    〇 莉子,チープグッズに就職
    〇 不動産の抽選会。両方裏のエラーコインを利用したいかさまで,株式会社イオナ・フーズが権利を得る。
    〇 就職から2年後,20歳になったときに,莉子はチープグッズから独立し,万能鑑定士Q(クイーン)を始める。
    〇 イオナ・フーズが料理教室を実施。地中海風バナナの天ぷら造りをする。
    〇 豆知識
    〇 フランスでは4を示すときに小指を曲げるが,親指を曲げているところから日本人が描いた絵画と推理
    〇 ランプを反射させる鏡を身だしなみ用の鏡と勘違い
    〇 ソーセージに日本風に斜めの切り込みを入れる。
    〇 摩周湖は,法律上は大きな水たまり扱いとなっている。
    〇 イオナ・フーズの料理教室は,オートロックマン... 続きを読む

  • 時系列がバラバラで、こまめに場面が切り替わる印象。登場人物のキャラが結構好きなタイプの組み合わせ。知らなかった豆知識が入り込まれていて、へぇ〜と思う部分が多く、勉強になった。
    主人公も、最初から優秀だったのではなく、東京出てきてから開花したのがいい。

  • 図書館で。
    そう言えば見たことあるタイトルだなぁと借りてみましたが1巻で終わりじゃないんだ… でも続きを読む気が無いので評価はナシで。

    なんだろう。面白くない訳では無いけど…力士シールもリンコさんの生い立ちも小笠原君の想いもどうしても続きが知りたい!という気持ちにならない。突如起こったらしき国家崩壊もなんだか唐突過ぎてポカン、だし。後小笠原君がなんかカンに触る。なんでだろう?
    鑑定のウンチクは面白いけど…でもソーセージの切りこみなんて国によって違いがあるんだろうか?なんだか主人公スゴイだろって見せたいんだろうけどその披露の仕方がなんかちょと首を傾げてしまうというか。彼女の能力のすごさって子どもの時分にも何らかの形で発揮されなかったんだろうか?

    リサイクルショップの経営者はお店ではなく私塾でも経営してた方が良かったんじゃないのかなぁなんて思いました。

  • 驚くほどに天然で通知表にはオール1が並んでいる。
    ミケランジェロをキリマンジャロと解答し、都道府県や県庁所在地は北海道と沖縄くらいしかわからない。
    突き抜けた落ちこぼれなのだが、正確は底抜けに明るく前向きだ。
    たったひとり、上京した莉子を迎えたのは厳しい現実だった。
    やがて瀬戸内陸と出会った莉子は、「勉強の仕方」を教わり徐々に知識を身につけていく。

    莉子のキャラクターがとにかく好きだ。
    週刊誌の記者なのに押しが弱く人の良い小笠原もいい。
    ふたりのキャラクターの個性が、いい具合に絡み合ってバランスがとれている。
    第1巻では嫌な印象しか残さない葉山警部補の、いかにもな設定が面白い。
    けっして推測を挟まず、自分の鑑定結果だけを武器に真相に迫っていく莉子。
    純粋さが足を引っ張ることがあっても、彼女の無垢な魂は曇ることはない。
    真っすぐに物事を見つめることができたからこそ、たどり着いた哀しい真実。
    数多くのことを学ばせてくれた瀬戸内。
    特別な才能はないけれど莉子を支えようとする思いは強い小笠原。
    そして、真っ白な紙が染まるように知識を急激に取り込んでいく莉子。
    哀しい結末にはなったけれど、多くのことを学ばせてくれた恩人への思いは莉子の中にしっかりと残っている。
    シリーズ化されているので、次の巻を読むのがとても楽しみだ。

  •  凛田莉子が、チープグッズの社長から勉強法を教わっているシーンが特に好きです。自分の勉強にもなります。感情と情報を絡めて覚えるのは確かに大事なことですね。

  • 豆知識が面白い。続きを読まないと話の全貌は見えてこないね。

  • 落ちこぼれから頭脳明晰な鑑定士に変身を遂げるヒロインの軌跡
    事件が発生するのは2巻になるので、セットで購入しないといけない。こういうのはあまり好かないが、すらすらと読みやすい内容だし、次巻も期待できる。

  • 設定は面白いが、1巻で解決しない。

  • 長らく積読状態だったものをついに読んだら、実はあっという間。しかも次巻に続く。早く本屋に行かなければ。

  • 【Qシリーズ1】力士シールの謎を調べる雑誌記者・小笠原。知識力、観察眼で瞬時に真贋、真価を見抜く万能鑑定士・凜田莉子。力士シールの謎そして凜田莉子の過去とは。まずはプロローグという巻。過去現在未来が入れ替わりながら進み読みづらく、事件が突発?で軽さが気になったが、感受性で記憶するという莉子の設定は魅力的。続きが気になる。

    「世の中には剥がしてはいけないシールがある。」

  • 推理劇で好きになったので本編を読み始める。
    莉子の過去、Qの由来、出会い、がメイン。
    ここから本格的な事件が始まると思ったら。。。
    くそー、続きが気になる終わり方しやがって(´Д` )

  • 始めから終わりまで半日くらいで読めてしまいました。それなりに世界にのめりこめたし、面白かった。
    でも、何があったの??というところで終わってます、まるでテレビドラマのよう。
    ちょっと反則じゃないの?とか思ってしまいました。
    すぐに続きを入手したいと思います。

  • 映画化したな〜と思ってブックオフで100円購入。2巻と合わせて一つの話。感想はそちらで。

  • 千里眼シリーズが好きだったので読みたかったけど、表紙が恥ずかしくて買えなかった本。装丁、大事…!!

    容姿端麗、超人的な知識を持つ主人公が難事件を解決していく話。千里眼シリーズと一緒。主人公が人間離れしすぎててお話に現実味はないけど、エンターティメントとして見るならおもしろかった!
    ただ、12巻も出てる………読みきれるかな…(-。-;

  • 初回ということで紹介、説明が多く場面が行ったり来たりするのが読みにくい。主人公とワトソン役のキャラに興味を持ったので読めたが厳しい。結局力士シール事件は解決せず。2巻にわけないほうが良かった。

  • 力士シールの絵を見てみたいと思いました。
    莉子の高校時代の天然っぷりがかわいい。
    私も本の読み方を変えれば万能鑑定士になれるかな?

  • 高校時代の凜田莉子と鑑定士としての彼女にギャップがあり過ぎて、最初、鑑定士の名前間違って覚えてしまったかなーと読み返してしまいましたw 物語では、作者より賢いキャラクターを書くことは出来ないと言われますが、凜田莉子を書き上げた作者はどんだけ聡明なんでしょうか。おそらく元ネタ探す為に相当手広く色んな文献漁ったんでしょうけど、その労力に感服です。松岡作品は魅力的なキャラが多いそうですが、どのキャラもこういったキャラ愛によって作り上げられているんでしょう。他の作品も読んで見たいけれど、先ずは続編を読まねば!

  • 個人的に、貧しくても健気に慎ましく生きていく話に弱いので、主人公が東京に出てきてからの話がとても気に入ってます。あまりに純真でハラハラしましたが、無事にプロ鑑定士をやれている未来がわかっているのだから、と自分に言い聞かせながら読みすすめました。松岡圭祐シリーズは実は2作目です。千里眼も手に取りつつ、あまりに超人的すぎても入り込めないかな…と思い、こちらから入りました。まだまだ当分楽しめそうです。

  • 本屋に行くたびにズラリと並んでいたこのシリーズ。気にはなっていたものの、今さら手を出してもなぁ~と変な懸念を抱いていてずっと放置していた作品。それが電子書籍のお試しで出ていたので良い機会だと思い購入してみました。

    思っていたよりも堅苦しくない文章だというのがまず一番に思ったこと。
    この第一巻は、事件の始まりと人物紹介が主、といった感じでしょうか。推理物だが堅苦しい語りもなくスラスラと読める。
    主人公の凛田莉子の推理力は、一見ビブリアの栞子さんを連想させるすごさを持っていますが、彼女は栞子さんのように幼少期からすごかったのではないらしい。今の状況と同時に、どのようにして『万能鑑定士』と言われる彼女になったのかが丁寧に書かれていています。
    ただ、うーん…彼女は幼い頃からすごくて天才だとかそういうのではないという設定は、身近に思える反面とても薄っぺらく見えてしまう、というのもあると思う。語られる真実に信憑性が持てない…。

    あと、こういうシリーズ物は、せめて一巻で一つの事件をちゃんと解決してほしいと思う。事件の真相を次巻に投げるのってせこいわーとちょっと思ってしまう。
    誰かが書いていたように、物語がなぜか突然壮大になって確かにポカーン状態ですが、力士シールの真相も気になるのでとりあえず2巻も読もうと思う。
    しかし、助手役の小笠原さんの積極性がなんかいちいち気持ち悪くなるのは私だけですかね?

  • 1、2巻で上下巻扱いとのこと。2巻未読なのでまだなんとも言えませんが・・・ずいぶん読みやすい雑学&日常ミステリだな~と思っていたら突然物語がひっくり返されて( ゚д゚)ポッカーンです。これどうやって収拾つけるんだろう。2巻も読みます。

  • 男でも女でもツンデレ系が好きな私には莉子ちゃんはいい人過ぎてくすぐったい。彼女の恩人瀬戸内さんの勉強のコツにはとても興味を持った。特に5本の指を使って物を覚える事。私にも出来るだろうか。莉子の謎解きにも雑学ネタが入り、気がつけば色んな種類の雑学が身に付くのもこの作品の魅力のひとつ。
    この作品は1では、終わりません。2で完結です。力士シールの謎や未来に何が起こるのか楽しみです。

    莉子の外見を取り上げ過ぎず、もう少しミステリ部分を増やしてくれればもっといいのに。少し薄い感じがして残念。2に期待!

全534件中 1 - 25件を表示

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)に関連する談話室の質問

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿 I (角川文庫)の作品紹介

東京23区を侵食していく不気味な"力士シール"。誰が、何のために貼ったのか?謎を追う若き週刊誌記者・小笠原は、猫のように鋭く魅惑的な瞳を持つ美女と出会う。凛田莉子、23歳-一瞬時に万物の真価・真贋・真相を見破る「万能鑑定士」だ。信じられないほどの天然キャラで劣等生だった莉子は、いつどこで広範な専門知識と観察眼を身につけたのか。稀代の頭脳派ヒロインが日本を変える!書き下ろしシリーズ第1弾。

ツイートする