万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)

  • 2007人登録
  • 3.83評価
    • (145)
    • (289)
    • (222)
    • (19)
    • (1)
  • 182レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年10月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836475

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 万能贋作者・雨森華蓮VS凜田莉子

    莉子のように自分だけしか知らない知識で状況を打破したい小笠原だったけれど、一度の失敗によって、本当に重要な場面で信用してもらえなくて不憫だった。頼りなさそうだけれど、莉子を助けに行く姿勢はかっこいい。
    華蓮も、自分の能力を違う方面に活かすことができていたら、もっと幸せな人生を送れたのだろうか。

  • 何手も先を読み、計算しつくされた犯罪を実行する。
    それが雨森華蓮・・・莉子を唸らすほどの「贋作詐欺師」だった。
    天才的な贋作者は同時に天才的な鑑定士でもある。
    莉子に匹敵するほどの才能がありながら、華蓮は犯罪者として生きてきた。
    それは彼女の人生観による。
    天才的な嘘つきがいつまでたっても疑われることなく信じられてしまったら。
    華蓮はそうやって、ずっと嘘をつきながら生きてきた。
    詐欺師になったのは華蓮にとっては必然だったのだろうか。
    誰かによって歯止めをかけられること。
    これってすごく大切なことかもしれない。
    悪いことは悪いと教えられて、ようやく人はことの善悪を知るようになる。
    莉子はそう考えると出会った人たちがよかったのだと思う。
    犯罪者にはなってしまったけれど、瀬戸内は根っからの悪人ではなかった。
    きちんと莉子に教えるべきことを教え、もともと莉子が持っていた素直で真っ直ぐな心を大切にしてくれた。
    人は出会う人によって大きく人生が変わってしまう。
    華蓮には莉子にとっての瀬戸内のような人間がいなかったということだろう。
    もっとも華蓮の性格からすれば、出会う人がみんな馬鹿に見えてしかたがないのかもしれないが。
    莉子の幅広い知識には驚かされる。
    読みやすさにくわえ、小笠原というちょっと間が抜けたキャラクターもいい。
    もっとも小笠原は普通であって、莉子のそばにいると間が抜けて見えるというだけなのだが。
    次はどんな知識を披露してくれるのか。
    楽しみだ。

  • 安定の面白さ。人間の本質は善だという莉子と、否定する華蓮。結局、莉子が正しいってことかなぁ。

  • 面白くてすぐに読み終わってしまった。
    小笠原さん・・・・こちらも恥ずかしくなってしまう。ドンマイ(笑)

    仲間を切り離したことが仇になったのかな。
    あれだけの知恵と知識があるなら、善に向かえば良い方への高みへいけるはず。終わりも何故にそう思う結果に至ったのかは書かれていないので分からないが、良い結末だった。

  • 万能鑑定士VS万能贋作士
    MNC74の正体にビックリ。莉子の純粋さと真の優しさに華蓮が救われてよかった

  • 今回もおもしろかった。莉子に友だちができたと思う。

  • シリーズ第6弾。安定の面白さ。
    万能贋作者との対決。華蓮って性格悪いなあ。。。でもこういう犯罪を犯す人って頭がいいのよね。もっと社会のためになることにその頭脳を生かせばいいのに、、と思うのだけど。

  • 2016年の今、雨森華蓮役は菜々緒以外に考えられないし、そういう体で読んだ。彼女の表情とかも想像して。ピッタリだな。
    雨森華蓮はわざと犯罪の痕跡を残していたように感じた。誰か私を救って欲しい、っていうメッセージと共に。
    早く刑を終えて、ヨゾラの元に戻って欲しい。またヨゾラ登場して欲しいなぁ。
    行ったことのある松島が出てきたけど、標識あるの気づかなかった。

  • 某お笑いコンビを彷彿させる女性二人組が少々五月蝿かったけれど、万能贋作者との対決は面白い。MNC74がアレだったとはね。最後、家族を失った黒猫ヨゾラが可哀想。キャットフードの良し悪しを鑑定する「黒猫ヨゾラの名鑑定」なんてスピンオフができないかな(笑)。

  • 松岡圭祐さんの万能鑑定士Qシリーズ第6巻
    どこまで読んだか覚えてないから読み返してみた

    万能鑑定士Qこと凛田莉子の万能っぷりと
    人も死なないミステリー、最終的には大円団
    読みやすさはピカイチ
    可もなく不可もなく、雑学書としても面白い
    ☆3.0/5.0

  • 最大のライバル!と出てきた相手は、結果的にいいとこ持って行った感じがするけれど、また出てくるのかな。
    今回の小笠原くん、徐々に存在感が薄れてきていて、今回は本当に本編の箸休めみたいになっていて、ちょっと気の毒になりました。がんばれ、小笠原くん。
    2015/12/2読了

  • 相変わらず面白かったです。読み始めたらやめられなくて、一気に読んでしまいました。凛田莉子vs天才女性詐欺師の戦い…。読後はすっきりと幸せな気持ちになりました。

  • シリーズ第6弾。
    主人公を警察の捜査にも協力している鑑定士と知って、依頼をしてくる万能贋作者が現れる。
    表立って詐欺事件を起こしておらず、警察にもマークされているのに、逮捕に至れない彼女の犯罪を探るべく、万能鑑定士が敵地に乗り込むが、全くもって意味不明な鑑定を頼まれるだけで、全く目的がつかめない。
    今回は珍しく記者の小笠原も活躍する。
    少しだけ。

  • シリーズ第6弾。

    莉子にライバル現る!?

    万能贋作者の雨森華蓮。
    途中はまったく目的が分からずに莉子と同じような不安に駆られながら読みました。

    最後はどどどっと展開してったイメージ。
    今回も面白かった!

  • 一体何の贋作を作り出そうとしているのか。万能鑑定士と万能贋作者のガチンコ直接対決。見破れるものならやってみろと言わんばかりの挑戦的な態度だが、それでいいのか?物語にあまり緊張感がないと感じてしまった。

  • 2015/7/14~7/17

    町工場が作った洋服を、世界的に名の知れたショップに流通させられると豪語する女が現れた。雨森華蓮・26歳。海外の警察も目を光らせる彼女のもうひとつの顔、それは“万能贋作者”だった。彼女が手掛ける最新にして最大の贋作、MNC74とは何か。鎌倉の豪邸に招かれた凜田莉子を待っていたのは、不可思議にして目的不明な鑑定依頼の数々だった。莉子にとって最大のライバル現る。書き下ろし「Qシリーズ」第6弾!

  • 万能鑑定士は1巻と2巻だけが続いてて、
    そのほかはどれからでも読めるということで6巻!

    9巻は映画化してたから読んで、
    6巻は主人公の「凜田莉子」のライバル万能贋作者「雨宮華蓮」がでてくるというので読みたかったの!
    で、
    結果的には凄いものを贋作したなぁー。
    と、
    思ったのと最後が、
    最後の「雨宮華蓮」がさぁ。。。

    まぁ、
    そこそこにおもしろく読めますよ!

  • ライバル登場。莉子がここまでやられっぱなしになったのは初めてだから新鮮だった。

  • 出だしから面白かった。
    なるほど~、こういう犯罪もあるんだ、といつものことながら感心してしまいました。
    でも、今回の犯人は女性で主人公にも挑戦的。
    今まで主人公が犯人に対してこんなに後手後手だったことはあまりないと思うのですが、今回は、主人公が軽い敗北感を味わっていて、読んでいて切ない気持ちになりました。
    切ない気持ちになるほど、このシリーズや主人公が好きだったんだなぁ、と新たな発見でした。

  • この対決は面白い。

  • 雨森華蓮登場!キャラは面白いが謎解き的にはいまいち。

  • 華蓮は最大のライバルみたいな位置づけなのかな。
    同じく万能な雰囲気をかもしだしている、贋作者。

    途中の展開は緊張感がなさすぎて少し焦れました。

    初巻から読んでいると色々関係が変わってきていて、続きがきになります。

全182件中 1 - 25件を表示

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VI (角川文庫)の作品紹介

町工場が作った洋服を、世界的に名の知れたショップに流通させられると豪語する女が現れた。雨森華蓮・26歳。海外の警察も目を光らせる彼女のもうひとつの顔、それは"万能贋作者"だった。彼女が手掛ける最新にして最大の贋作、MNC74とは何か。鎌倉の豪邸に招かれた凛田莉子を待っていたのは、不可思議にして目的不明な鑑定依頼の数々だった。莉子にとって最大のライバル現る。書き下ろし「Qシリーズ」第6弾。

ツイートする