万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)

  • 1794人登録
  • 3.69評価
    • (98)
    • (232)
    • (214)
    • (27)
    • (2)
  • 160レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836499

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • うーむ。
    相変わらず豆知識は素晴らしいが、漢人のトリックがちょっと…
    叙述トリックと言えなくもないか…いや、やはり騙される方がマヌケすぎるとしか思えない。
    このシリーズの魅力は作り込まれたプロットや張り巡らされた伏線ではないことは分かっているが、それにしてももう少し何とかならなかったと残念に思う。

    ラストの落ちは良かった。

  • 万能鑑定士Qシリーズ、台湾編。
    その場で学習、すぐに知識を活かして大活躍。
    今回は小笠原さんの活躍が少なかったので、次回に期待。

  • いつも通りな感じ。雑学は面白いけど、ストーリー全体としては展開が遅い気がする。

  • 台湾の良さがよくわかる一冊。これで旅行した気分には…ならないけどね。

  • 二度目の海外に飛ぶ今作
    台湾ならではのトリックで、珍しく締めはシュールなギャグで面白い

  • シリーズ第8弾。台湾編。今回も安定の面白さ。
    台湾も漢字が使われてるけど、日本とは意味が違う感じが多いんだなあ。そこをうまく使ったかんじ。台湾に行きたくなった。
    今までも、登場人物の名字が結構難しいというか変わってるのが多かったけど、台湾の名字と混ざって、読みにくいし途中からどっちがどっちだか分からなくなっちゃったよ。

    それにしても「あんぱんまん」って。。。笑。可愛そうに。

  • 良い話だったのにオチが(笑)姉貴に騙された弟が不憫で…もう…(笑)しかも「アンパンマン」って(笑)
    絶体絶命かと思ったけど、どんでん返しでスカッとした。
    美玲みたいな親切な台湾人がいっぱいいるなら、台湾にも行ってみたいな。中国は死んでも行きたくないけど。

  • 名前の読み方が覚えられなくて、ちょっと読み辛かった。

  • さらっと読めた。後半の解説部分では、台湾語の読み違いとかがあってちょっとわかりにくかったかな。

  • 今回、鑑定士らしいこと何もしていないような気もするけれど…
    異国での謎解きがあんまり面白くないことと、詐欺にあった人がどれだけ頑固になってしまうのか、ということが教訓と成りました。
    2016/4/17読了

  • 台湾編。今回もいい大人がコロッとだまされ過ぎ。そして、台湾の青年も虜にしてしまう莉子(笑)。ケロロ軍曹記憶法は興味深い。ところで、波照間島は竹富町に属しているのか。町役場が町外の石垣島にあるとは。でも調べてみたら、町内の西表島に役場を移転する動きがあるらしい。

  • Qシリーズの8作目。図書館予約のタイミングで9作目は先に既読。
    莉子生まれ故郷 波照間島の淡水化システムの詐欺事件をきっかけにして、
    友人たちと台湾を舞台に東奔西走する物語。

    最後まで行動が空ぶり続けるモヤモヤ感がありましたが、
    そこはいつものQシリーズ最後はきっかり締められました。
    ただ1点は犯人がいまいち・・・だったかな。

    今回は台湾が舞台なので、海外気分が少し味わえた。
    旅行は久しくしていないので、温泉にでもゆっくりつかりたい。
    家族はそれよりあのテーマパークがいいなぁと言うんだろうが・・・(笑)

  • 水不足に納屋部波照間島の議員が、
    台湾で海水を淡水に変える技術を購入する詐欺にあう
    ところから始まる。

    莉子は故郷のため、詐欺犯を捕まえようと、友人と台湾に渡る。
    様々な知識が披露されるので、飽きさせない出来ですが、
    途中の流れがグダグダな感じがします。

  • 故郷がある詐欺事件に巻き込まれた。
    しかしその技術が本物と疑わない島の人たちを心配する莉子。
    事実を求めて学生時代の友達と共に台湾に渡る。

  • 今回は、波照間島と台湾を舞台にしたお話。台湾人による画期的な海水の淡水化技術により、波照間島の水不足が解消される!技術買取の価格はなんと12億円!莉子は詐欺の可能性を疑い、被害を未然に防ぐために台湾へ飛ぶ…。被害総額も多額ですし、詐欺に気付きながらも止められなかったときには、呆然とするしかありませんでしたが…。いつものことながら、莉子の活躍により、詐欺の手口が明らかにされ、事件は解決を見ます。しかし、こんなに短時間で犯人逮捕、お金も取り戻すなんて、現実には不可能!?

  • 間を飛ばしていた8巻目を読了。抜けていても問題ありませんでした。

  • いつものことですが、作者の知識の広さに脱帽です。
    その知識をもとに作られたお話ですね。
    今回は、莉子の故郷の水不足問題がテーマです。
    台湾の色々な習慣など、読んでいて面白かった。
    でも、ストーリーはちょっと単調だったかな?
    ちょっぴり残念です。

  • 故郷の波照間島の水問題を本気に考えてたんで凜田莉子さん!
    そこにびっくり!
    今回はトリックが微妙だったかなぁ。。。

    弱点というか弱さを見せちゃったよね。
    しゃーないんだろうけど。

    1番おいしかったのは「あんぱんまん」ですよね!

  • 2015/7/23~7/27

    波照間島から凜田莉子に届いた突然の手紙。そこには「水不足問題は解消。寄付はもう必要ない」とあった。募金はまったく集まっていなかったはずなのに!故郷に戻った莉子が見たのは、12億円で夢の発明を買えると信じ、無邪気に喜ぶ人々の姿だった。同級生の葵、結愛とトリオを組み、発明者のいる台湾へ向かうが、誰も彼の姿を見たことがないという…。莉子は故郷を救うため、台湾を駆ける!書き下ろし「Qシリーズ」第8弾!

  • 波照間島の水問題の詐欺を台湾まで飛んで暴くというかなりスケールの大きい話。トリックの暴き方が相変わらず巧妙。

  • あっさりして読みやすい。

  • 台湾。海水を真水に変える話。

  • 図書館で借りた本。
    今回は、波照間島の水問題につけこんだ詐欺師を追って、莉子さんは友人二人を伴って、台湾へ。
    台湾の知識が無かった莉子さん、本屋さんで本を買いあさって台湾について一夜で知識をつけ、詐欺師を追う。
    台湾の常識と、日本の常識の違いを駆使しての謎ときは、面白かった。

全160件中 1 - 25件を表示

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)の作品紹介

波照間島から凛田莉子に届いた突然の手紙。そこには「水不足問題は解消。寄付はもう必要ない」とあった。募金はまったく集まっていなかったはずなのに!故郷に戻った莉子が見たのは、12億円で夢の発明を買えると信じ、無邪気に喜ぶ人々の姿だった。同級生の葵、結愛とトリオを組み、発明者のいる台湾へ向かうが、誰も彼の姿を見たことがないという…。莉子は故郷を救うため、台湾を駆ける!書き下ろし「Qシリーズ」第8弾。

ツイートする