万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)

  • 1806人登録
  • 3.69評価
    • (98)
    • (235)
    • (215)
    • (27)
    • (2)
  • 164レビュー
著者 : 松岡圭祐
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836499

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 波照間島の水問題の詐欺を台湾まで飛んで暴くというかなりスケールの大きい話。トリックの暴き方が相変わらず巧妙。

  • 本作は台湾が舞台。
    アジア圏だけあって日本になじみ深い感じ。
    そして近いからこそ気づかない文化の違いも面白い!
    犯人もトリックも最後の最後までわからなくて、読み終わるまでスピードが落ちることなく読み続けられた。
    アンパンマン落ちにちょっと吹いた(笑)

  • ようやく渇水問題解決かと思ったのに残念。

    しかし文化や表記の違いを使った叙述トリックはなかなか面白い。

  • 2人の幼馴染みとの偶然の再会後、彼女らと台湾に調査へ。そして台湾で友人となった女性も加わり、思い出話や国の慣習や言葉の違い、過去と現在の立場やそれによる心の動きや心理、気ままな女性同士の会話、凄く楽しく読みました。
    小笠原さんは、本当にいつも莉子さんのこと思ってるんだなぁーとしみじみ。

  • いろいろと、何冊も啓発本を読み始めたものの、
    結局啓発本って。。。自己慢か、生き様だし、僕には当てはまらないじゃん。
    ということで、楽しく読める小説に戻ってきました(●'ω'●)

    莉子さん、さすがです。。。という感想。
    面白すぎる!
    情景が浮かびまくる松岡先生、さすがすぎる!
    ということで勢いでⅨも購入しましたー。

    数冊他の作家さんに浮気してからまた戻りたいと思います(●'ω'●)

    (Feb 26, 2012)

  • 中国語は少し知っているのでいくらかわかりつつも,台湾ってそういうところなんだといういくらか想像を働かせて読了.小笠原さんの活躍は少なめ.
    アンパンマーン

  • 平成29年7月18日読了

  • 莉子ちゃんは何処でもヒーローであり、ヒロインですね。最後のオチが楽しかったです。

  • 〇 概要
     波照間島から,凜田莉子のもとに,「水不足は解消。寄付はもう必要ない。」との手紙が届いた。不審に思った莉子が故郷に戻ると,12億円で夢の発明を買えると信じ,喜ぶ議会の人がいた。詐欺ではないかと疑った莉子は,学生時代の友人,葵,結愛とともに,発明者がいる台湾へ向かう。莉子は,故郷を救うことができるのか?

    〇 総合評価 ★★★☆☆
     シリーズ8作目は,波照間島の渇水問題という,莉子が上京した目的にからんでくる話。小笠原や氷室といった登場人物の活躍はあまりなく,莉子の同級生である葵,結愛そして台湾で知り合う美鈴といった面々が活躍する。
     海水の淡水化のトリックは,湖を海と誤認させるというもの。このトリックそのものは面白いが,いくら波照間島の議員が世間知らずでも,12億円ものお金を,サンプル一つもらわないうちに払ってしまうというのは,全くリアリティに欠ける。莉子だけでなく,葵,結愛,そして台湾で知り合った美鈴まで併せた4人で捜査をするという展開は面白い。しかし,捜査の内容がまたしてもイマイチ。犯人グループが,追跡者が誰かつきとめるために罠を仕掛けていたという展開なのだが,そんなことをする必要性に欠ける。その上,莉子は,その罠に引っ掛かり続けるという展開。これも面白みにかける。タイムリミットが過ぎてから,すべての仕掛けに気付き,湖の近くの村に行くのだが,そこから先の展開もイマイチ。犯人グループが,携帯電話をそのままにしていたというのも問題だが,携帯電話のSIMカードを交換するというトリックで,美鈴を警察と誤認させるというトリック一つで,犯人グループが詐欺を認めてしまうというのが…。御都合主義というか,浅い。トータルで見ても,平均点以下のデキだと思わざるを得ない。読みやすさと湖を海と誤認させるというワンアイデアは秀逸なので…ぎりぎりの5点で。

    〇 サプライズ ★★☆☆☆
     今回は,議会が12億円を振り込むまで…という時間制限があるタイム・クライシスもの。サスペンスっぽい雰囲気であり,サプライズはあまりない。
    〇 熱中度 ★★★☆☆
     時間制限があるサスペンス…ということで,熱中度は高そうなのだが,それほどでもない。莉子だけでなく,葵,結愛,美鈴の女性4人での捜査に緊張感がない。白士鶏欧が仕掛けているトリック(追跡者が誰かを見分けるために仕掛けたトリック)がしょぼい。結局,12億円はどうなるのかという部分で引っ張っている。そこそこ。
    〇 インパクト ★★☆☆☆
     弱い。海水淡水化のトリックは,そもそも場所が海の側ではなく,湖の側に来ていて,最初から淡水だったというもの。短編のアイデアならよいが,議会を騙して12億円を詐取する詐欺のメイントリックがこれというのは,やや寂しい。莉子達による捜査過程も,海外(台湾)を舞台にしている割に地味
    〇 キャラクター ★★★★☆
     優等生という葵と,アホきゃらの結愛はそれなりにいい味を出している。しかし,この二人がいるせいで,莉子が本来の魅力を発揮しきれていない印象がある。今回の作品は,この3人に美鈴を加えた4人による捜査と割り切るべきか。犯人役は明らかに役不足
    〇 読後感 ★★★★☆
     やや御都合主義のようなラストだが,12億円は戻ってくる上に,莉子の評判もあがるのでラストの読後感は悪くない。「アンパンマン」という告白も悪くない。
    〇 希少価値 ☆☆☆☆☆
     希少価値はない。
    〇 メモ
    〇 竹富町議員の嘉陽果煌達は,台湾に行き,黄春雲という人物から,海水淡水化の技術を購入する約束をする。
    〇 莉子のところに,議会から,渇水問題が解決したので,寄付はもう必要ないという内容の手紙が届く。
    〇 海水淡水化関係で,莉子は石垣島の役場に行く。役場で,学生時代の同級生だった嘉... 続きを読む

  • うーむ。
    相変わらず豆知識は素晴らしいが、漢人のトリックがちょっと…
    叙述トリックと言えなくもないか…いや、やはり騙される方がマヌケすぎるとしか思えない。
    このシリーズの魅力は作り込まれたプロットや張り巡らされた伏線ではないことは分かっているが、それにしてももう少し何とかならなかったと残念に思う。

    ラストの落ちは良かった。

  • 万能鑑定士Qシリーズ、台湾編。
    その場で学習、すぐに知識を活かして大活躍。
    今回は小笠原さんの活躍が少なかったので、次回に期待。

  • いつも通りな感じ。雑学は面白いけど、ストーリー全体としては展開が遅い気がする。

  • 台湾の良さがよくわかる一冊。これで旅行した気分には…ならないけどね。

  • 二度目の海外に飛ぶ今作
    台湾ならではのトリックで、珍しく締めはシュールなギャグで面白い

  • シリーズ第8弾。台湾編。今回も安定の面白さ。
    台湾も漢字が使われてるけど、日本とは意味が違う感じが多いんだなあ。そこをうまく使ったかんじ。台湾に行きたくなった。
    今までも、登場人物の名字が結構難しいというか変わってるのが多かったけど、台湾の名字と混ざって、読みにくいし途中からどっちがどっちだか分からなくなっちゃったよ。

    それにしても「あんぱんまん」って。。。笑。可愛そうに。

  • 良い話だったのにオチが(笑)姉貴に騙された弟が不憫で…もう…(笑)しかも「アンパンマン」って(笑)
    絶体絶命かと思ったけど、どんでん返しでスカッとした。
    美玲みたいな親切な台湾人がいっぱいいるなら、台湾にも行ってみたいな。中国は死んでも行きたくないけど。

  • 名前の読み方が覚えられなくて、ちょっと読み辛かった。

  • さらっと読めた。後半の解説部分では、台湾語の読み違いとかがあってちょっとわかりにくかったかな。

  • 今回、鑑定士らしいこと何もしていないような気もするけれど…
    異国での謎解きがあんまり面白くないことと、詐欺にあった人がどれだけ頑固になってしまうのか、ということが教訓と成りました。
    2016/4/17読了

  • 台湾編。今回もいい大人がコロッとだまされ過ぎ。そして、台湾の青年も虜にしてしまう莉子(笑)。ケロロ軍曹記憶法は興味深い。ところで、波照間島は竹富町に属しているのか。町役場が町外の石垣島にあるとは。でも調べてみたら、町内の西表島に役場を移転する動きがあるらしい。

  • Qシリーズの8作目。図書館予約のタイミングで9作目は先に既読。
    莉子生まれ故郷 波照間島の淡水化システムの詐欺事件をきっかけにして、
    友人たちと台湾を舞台に東奔西走する物語。

    最後まで行動が空ぶり続けるモヤモヤ感がありましたが、
    そこはいつものQシリーズ最後はきっかり締められました。
    ただ1点は犯人がいまいち・・・だったかな。

    今回は台湾が舞台なので、海外気分が少し味わえた。
    旅行は久しくしていないので、温泉にでもゆっくりつかりたい。
    家族はそれよりあのテーマパークがいいなぁと言うんだろうが・・・(笑)

  • 水不足に納屋部波照間島の議員が、
    台湾で海水を淡水に変える技術を購入する詐欺にあう
    ところから始まる。

    莉子は故郷のため、詐欺犯を捕まえようと、友人と台湾に渡る。
    様々な知識が披露されるので、飽きさせない出来ですが、
    途中の流れがグダグダな感じがします。

  • 故郷がある詐欺事件に巻き込まれた。
    しかしその技術が本物と疑わない島の人たちを心配する莉子。
    事実を求めて学生時代の友達と共に台湾に渡る。

全164件中 1 - 25件を表示

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿VIII (角川文庫)の作品紹介

波照間島から凛田莉子に届いた突然の手紙。そこには「水不足問題は解消。寄付はもう必要ない」とあった。募金はまったく集まっていなかったはずなのに!故郷に戻った莉子が見たのは、12億円で夢の発明を買えると信じ、無邪気に喜ぶ人々の姿だった。同級生の葵、結愛とトリオを組み、発明者のいる台湾へ向かうが、誰も彼の姿を見たことがないという…。莉子は故郷を救うため、台湾を駆ける!書き下ろし「Qシリーズ」第8弾。

ツイートする