万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)

  • 1620人登録
  • 3.70評価
    • (93)
    • (216)
    • (189)
    • (27)
    • (2)
  • 162レビュー
著者 : 松岡圭祐
制作 : 清原 紘 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043836536

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 万能鑑定士Qシリーズ第12弾。
    大阪の太陽の塔を巡って発生した人の蒸発事件の謎に挑む。
    前作までの莉子最大のライバルも再登場し、
    いつも通り安心して楽しめる良作ミステリーとなっている。

    ひとまず、本作でひとつの終焉を迎えたが、
    以降も続いている本シリーズ。少し間を開けてから読みたいと思う。

  • 一応、一区切り。 あの現象?に結びつけてるのはなかなかおもしろかった。 しかしこのシリーズ、終盤(10巻くらいから?)は少し盛り上がりに欠けてたかな。 それでも十分おもしろいんだけど。

  • ストーリーの繋がりが無理やりすぎる感じがした。

    サブ知識も今回は大人しめ。

  • まぁ普通。いつも通りな話だね。

  • 図と文章で説明しながらの推理が面倒くさかったため、あまり作品にのめり込めなかった。
    小笠原さんは頭が春でズレてばかりで、最後まで小笠原さんだった。
    最後にサプライズ演出かと思いきや、やっぱりそうだよな、と苦笑。

  • 誰もが夢の一歩手前
    って、凄く希望溢れる言葉。
    まさか華蓮からその言葉が出てくるとは。出所したらきちんと更生してくれそうな予感…してくれると良いなぁ。
    華蓮と莉子の会話の応酬が良かった。気心知れた仲って感じで。もっと二人の会話を見たい。
    華蓮が小笠原と莉子の関係に呆れてるのが良かった(笑)身近で見てたら、じれったいよね。

  • 太陽の塔で起きた事件について莉子と小笠原が奔走。間にある不可解な仕事依頼も窃盗事件も繋がり、規模が大きくてラスト感があった。
    華蓮が出てきたシーンがよかった。
    妻があまりにも非常識で納得できなかったけど。
    推理編も今年中に読みます。

  • いつにも増して複雑で映像が必要。

  • シリーズ12作目。
    なんとも意味ありげな表紙に見えたのですが笑。Almostの小笠原さんにぷぷっ。
    太陽の塔って中に入れるんだ。。まずそこにびっくり。

    まだたくさん読むのあって嬉しい。読破するぞー。

  • くそっ!表紙に騙された。でも、最後にして壮大な謎解きやったな。トリック云々よりも背後の存在がね。そして、まだまだ続きそうな終わり方もよし。

  • 今回莉子の元に持ち込まれた鑑定依頼はなんと「太陽の塔」。ロマンスコメディのような展開も交えつつ、塔内で消えた女性の行方を追う莉子と小笠原。肝心の謎の正体はなんだかなぁと思ったけど、雨森華蓮の再登場と彼女の言葉「あきらめたら終わりでしょ…人はいつでも夢の一歩手前よ」はナイス。アロンアルファは、正しくはアロンアルフア!

  • 万能鑑定士の事件簿の最終巻。これまでで最大のものを鑑定するというのでスケールの大きな話になるかと期待していたのだが、ちょっとありえなさそうな話で少しがっかりしました。最後のフィナーレでの角川社屋での盗難事件もあっという間に解決…でも犯人は誰?納得のいかない終わり方でした。

  • 有名な太陽の塔の鑑定から始まるストーリー。面白く読みました。いくつか印象に残るセリフもありました。

  • 若い太陽の塔が見てみたい。犬山かぁ。

  • 「『太陽の塔』を鑑定してください!」万能鑑定士Qに前代未聞の依頼が持ちこまれた。クライアントを追って大阪・吹田署の警部補が店に飛びこみ、牛込署の葉山も姿を現す。解明の急がれる重大な謎―『太陽の塔』に秘密の抜け穴は存在するのか。万博公園に赴いた凛田莉子を待っていたのは、正体不明の人物による鑑定能力への挑戦だった。知性のシンデレラ・ストーリー、いまここにクライマックスを迎える。

  • 意味深な表紙通りにはなかなかいかないのは予想通り。太陽の塔の構造については興味深かった。これでもう長編はないのかな?

  • 2015/8/5~8/13

    「『太陽の塔』を鑑定してください!」万能鑑定士Qに前代未聞の依頼が持ちこまれた。クライアントを追って大阪・吹田署の警部補が店に飛びこみ、牛込署の葉山も姿を現す。解明の急がれる重大な謎―『太陽の塔』に秘密の抜け穴は存在するのか。万博公園に赴いた凜田莉子を待っていたのは、正体不明の人物による鑑定能力への挑戦だった。知性のシンデレラ・ストーリー、いまここにクライマックスを迎える。Qの事件簿シリーズ第12弾!

  • つか、
    これで終わり?!
    推理劇になるんだそうですがなんでだ?

    きっと、
    ドラゴンボールみたいなもんですな。
    敵をどんどん強くしていくと際限ないみたいな。。。
    ちなみに、
    12巻そのものはちょっと微妙。。。

    推理劇に続くからかもしれないけど、
    小笠原君とも進展ないし。。。

    推理劇に期待!

  • 何巻まで読んだか記憶になかったけど、これで良かったのかも…。久しぶりにこのシリーズ読んだけど、面白かった。今度は推理劇なのかあ。読もうと思います。

  • Qの事件簿の最終巻。小笠原と莉子の関係が気になりました。表紙が花嫁姿でしたからね。

    今回は、太陽の塔を題材にした謎解き。今回は、万能贋作の雨宮華蓮が登場します。彼女が良い方向に変わっていてくれて嬉しいです。

    ひと人はいつでも、夢の一歩手前という言葉が良いな。

    推理劇も読みたいです。

  • 図書館で借りた本。
    今回、莉子さんの所へ持ち込まれた鑑定は、大阪の万博公園にある、太陽の塔でした。
    太陽の塔付近で、妻が警備員ともみ合い、連れて行かれるところを目撃した依頼人が、妻の行方を捜す為に、太陽の塔を調べて欲しいと莉子さんに依頼してきた。

  • 登録番号:11161 分類番号:913.6マ(12)

  • 表紙が意味ありげですね。
    とりあえずシリーズ全部読み終えて達成感でいっぱい。でも続編シリーズも気になって仕方ない。

    内容としては、そんなトリックありなの!?と驚きを隠せませんでしたが、今回も最後まで楽しく読ませていただきました☆

全162件中 1 - 25件を表示

万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

万能鑑定士Qの事件簿XII (角川文庫)の作品紹介

「『太陽の塔』を鑑定してください!」万能鑑定士Qに前代未聞の依頼が持ちこまれた。クライアントを追って大阪・吹田署の警部補が店に飛びこみ、牛込署の葉山も姿を現す。解明の急がれる重大な謎-『太陽の塔』に秘密の抜け穴は存在するのか。万博公園に赴いた凛田莉子を待っていたのは、正体不明の人物による鑑定能力への挑戦だった。知性のシンデレラ・ストーリー、いまここにクライマックスを迎える。Qの事件簿シリーズ第12弾。

ツイートする