不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)

  • 74人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (14)
    • (27)
    • (0)
    • (0)
  • 18レビュー
著者 : 菅野彰
制作 : 大島 弓子 
  • 角川書店 (2007年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (205ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043842018

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一番最後に話したのは焼肉屋の店員…
    29歳ガケっぷち「結婚への道」など
    脱力系体験エッセイ。

    様々な占いを巡り軒並み「仕事を頑張れ、結婚は…」と
    言われ、神社に縁切りに結婚紹介所、
    最終的にはイタコまで…
    ダイエットしたり(挫折)、ボクササイズしたり(瀕死)
    正直「頑張りました」というより「ダメでした」
    という感じが面白い…

    単行本を昔読んだけど図書館で見かけたので再読。
    個人的に「運命の人はアラブ人。人間離れしていて
    彼を養わなければならないかもしれない。
    四年後にその人を捕まえないと一生縁はありません」
    というすごい占いと
    「獣のような女たらしで人間じゃない
     ケダモノのようなイラン人」を
    紹介されそうになるオチに爆笑してしまった…

  • 花嫁修業、美容エッセイ(?)
    このダイエットをやって〇キロ痩せました!とかではなく、
    いろいろやったけど挫折しましたという本(笑)

  • とても、こう…同年代女子として大変面白く痛いエッセイ。
    もう、この題名が全てを物語る…。
    菅野氏のエッセイはとても文章が好き。いや、もちろん小説も好きですが。
    ほかの本も読み返したくなるんだね…。

  • あまりに最初からやる気のないダイエットに、真面目にダイエットする人にちょっと失礼な気がした。そこまでやる気ないならネタとはいえやらなくていいけどね。その他は面白く読みました。

  • ひたすらに身につまされる年齢になってきました…

  • 以前は、著者のネタとしか思えない人生を笑い転げながら楽しんでいたが、いつの間にか似たような年齢になってきて、あんまり笑い飛ばせなくなってきた、かも。。。
    著者の進む道に、管理人の行く先が重なって見える。。。
    しかし、どんな占い師にかかっても異口同音に「結婚できない」と言われるのもイヤだなあ。。。

    あ、買ってから気づきましたが、これ、単行本から抜粋して文庫になってます。
    たまに話が飛ぶから不思議・・・と思ってたら。
    角川め、悪徳な。
    ファンはイーストプレスの単行本を買うしかなさそうです。

  • タイトルに全面同意

  • せっかくいろんなことにチャレンジされてるんだから、写真等があればもっとよかったと思う。挿絵(大島弓子)が目次ぐらいにしか使われてないのが残念。もっと入れて欲しかったな。

  • 体当たり系エッセイの文庫バージョン。結婚への道はけわしい・・どの占い師も「今充実してればいいじゃない結婚なんて」という・・・なぜだ。

  • 読んでいると何故か暴飲暴食しそうになってしまう、ダイエット中には読みたくない一冊。
    もうじき崖が見えてくる自分としては少し勇気付けられた気もする。

全18件中 1 - 10件を表示

菅野彰の作品

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)はこんな本です

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)のKindle版

不健全な精神だって健全な肉体に宿りたいのだ (角川文庫)の単行本(ソフトカバー)

ツイートする