グラスホッパー (角川文庫)

  • 30027人登録
  • 3.54評価
    • (1772)
    • (3807)
    • (5146)
    • (770)
    • (131)
  • 2622レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2007年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (345ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043849017

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

グラスホッパー (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 映画を観るために再読。

    妻を殺された鈴木は復讐のために危ない会社《令嬢》に入社する。ターゲットは《令嬢》の社長の息子。復讐のチャンスが巡ってくるが、押し屋と呼ばれる殺し屋の槿に先を越され社長の息子は死んでしまう。
    社長は血眼で押し屋を探せと社員に命じ、鈴木は槿を追うことに…そこに殺し屋の蝉や殺し屋の鯨まで絡んできて鈴木の周りは知らないうちに大混乱。
    「鈴木」「鯨」「蝉」のパートで話は進んでいく。それぞれ色んなものを抱えてる彼らがひとつに交わる時どんな結末を迎えるのか…

    鈴木と槿(ファミリー)のシーンが好き。いつ本心を語り合うのかドキドキした。その時ふたりはどうなるのか。みんな早く逃げて〜ハラハラ手に汗握る。盛り上げ方がうまいなぁ。
    槿のいうグラスホッパーの話が怖い。そうならないように気をつけていきたい。

    映画の方も少しだけ。
    原作のキャラとイメージを大切にしつつ2時間という枠に収まるよう物語を作り変えた感じ。映画は映画で面白かった。特に蝉と岩西の関係は映画の方が好きかも。山田涼介くん頑張っていたなぁ。槿の活躍が少なかった事が残念。

  • スピード感のある展開。暴力的な空気。行き着く先が見えないストーリー。
    「鈴木」「鯨」「蝉」の三人が交差しあいながら進んでいく流れは伊坂さんらしい。
    とにかく、主要人物である三人が魅力的だ。
    暴力とは無縁の人生を送っていたはずなのに、妻が殺されてからは復讐者となっていく鈴木。
    一気に極端へ走るくせに、しっかり計画して動いているかというとそうでもない。
    自殺専門の殺し屋「鯨」は、いつも自分が自殺させた人間の幻覚を感じている。
    亡霊たちに話しかけられ、現実と幻覚との境界がどんどん曖昧になっていく。
    身体能力の高さを活かし、ナイフを使って殺しをする「蝉」。
    仲介者を通して仕事を請け負っていたが、トラブルに巻き込まれ仲介者は消されてしまう。
    「鈴木」の復讐相手である寺原Jrが「押し屋」に押されたことで、彼ら三人の道は徐々に交差していく。
    それぞれの視点で語られているところもいい。
    内容的にはかなりハードな場面もあるはずなのに、妙に血の匂いがしない。
    ただ、時間が積み重ねられ、その中を登場人物が動きまわっているのを眺めているような感覚だ。
    独特の世界観に自然と引き入れられ、強烈な個性を持つ登場人物たちが次にどんな行動をするのか、共感するわけでもなくただ待っている。
    物語の終わり方も好みだった。
    あっけないと思う人がいるかもしれないけれど、「そうか、こう終わるのか」という面白さを感じた。

  • 映画化すると聞いて…再読です。

    妻の復讐を誓う鈴木、悩める自殺屋・鯨、ナイフ使いの雇われ殺し屋・蝉。三者三様の想いを胸に押し屋を追い物語は進みます。

    おもしろかったー!こういう伊坂作品も案外好きです。押し屋とか自殺専門の殺し屋とかよく思いつくなぁ。それぞれの名前も妙に合ってておもしろい。
    最後は「え?」という展開ですが…(まさかのスズメバチ…)私的には鈴木が表の社会に戻れそうでほっとしました。

    どのキャラクターも魅力的で好きなのだけど、とりわけ蝉と岩西のコンビが好きです。わからないけれど、蝉に対して岩西の親心のようなものが感じられて切ないです…

    相変わらず名言の宝庫で、作中によく出てくる虫の比喩も興味深い。

    マリアビートル、挫折してしまったけど、読みたくなりました。

  • 素晴らしいエンディング。
    悲しみの中を暖かい風が吹き抜けていくよう。
    伊坂幸太郎の小説には本当に痺れる…

    妻を殺され復讐に企む鈴木。彼の行く手にはバラバラの目的を持った3人の殺し屋達が。
    そして物語が進み、彼らの思惑は交錯していき…

    心に響いた一節…
    「自殺する奴ってのが大嫌いなんだ。人間だけだぜ、逃げるように死ぬのは。どんなに酷い環境に置かれたって、動物は自分からは死のうとしねえよ。自分たちが生き残るために、他の動物がどれだけ犠牲になったか知ってるからだ。人間ってのは、傲慢だよ」

  • 殺し屋シリーズは『マリアビートル』を先に読んでいたので概要は知っていたのですが、映画化したタイミングできちんと読んでみました。うーん、テンポの良さ、個々のキャラクタの魅力、そして伊坂小説の真骨頂と言える絶妙な伏線回収!ワクワクします。小説を読むとアンニュイな気分になったり逆にきりっと背筋が伸びたりすることが多いんですが、伊坂作品はそのどちらでもなく、単純に笑ってドキドキできるエンタメ性がたまらないですね。映画だと鈴木の奥さん役を波瑠が演じていたのですが、そのチャーミングさって言ったらもう、素晴らしいものがありました。

  • 最強に面白い!
    私の読書の世界が開けた作品
    殺し屋シリーズ
    群衆劇、伏線も多く話もまとまっていて
    ストーリーの展開も面白く全てにおいて最高な作品です( ・∀・)

  • 伊坂の本では強盗がよく登場するし、悪人の描写はどこまでもえげつないけれど、ここまでアングロな世界をメインに描いているのは珍しい様に思う。

    物語の主要人物、鈴木, 蝉, 鯨の3人それぞれの語りで構成されているところが伊坂らしくて、色々な想像を張り巡らせることができて楽しく読めた。

    住所の件のところは、なんとなく予想ができたけど、その先に必ず「やられた!」があるって信じてワクワク読み進められる。
    そういう安心感が絶対的にある、信頼できる作家って素晴らしい。

  • 元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、男の後を追う。
    一方、自殺専門の殺し屋・鯨とナイフ使いの殺し屋・蝉も「押し屋」を追い始める。

    こないだ映画を観た帰りに購入して早速読んでみたのだけど、原作ファンに映画は不評だった理由が少し分かった。
    簡単に言えば原作のほうがずっと面白い。(だからと言って映画が面白くないわけではないんだけど)
    登場人物の設定は大体同じだけど、起こる出来事とか流れは映画版はけっこう違うし、変えたところに整合性を持たせるためなのか、わりと重要に思えるシーンも省かれたりしている印象。
    個人的には映画は映画で楽しめたから良かったけど、原作は後から読んで正解だったかもしれない。笑

    分類としてはミステリなのか、ハードボイルド小説なのか。
    人はたくさん死ぬし、それぞれ違う殺し屋が三人も出てくるし、舞台は裏社会の怪しい会社がメインだし、普通に生きている人間からすると無縁に思える世界観で、そんな中「ごく普通の人」である鈴木が際立っている。というか、鈴木以外普通の人は出てこないと言ってもいい。
    妻を理不尽に殺された復讐を果たすために裏社会に潜り込んだものの、元々真面目に生きてきた鈴木に高度な駆け引きなんて出来るわけもなく、しかしながらその駄目さ加減が愛おしくなる。

    伊坂幸太郎さんの作品、思えば読むのはだいぶ久しぶりだった。初期何冊かは読んだけど、一気読み出来る面白さは変わってない印象。
    既読の本も再読してみようかな。

  • ★★★★★ 遠雷が鳴り響き、地平線に陽炎を燻らせる。男たちの熱い闘いが火花散る。強烈な個性が鮮血として噴き上がる。亡き妻の復讐を誓う鈴木、鯨は殺した亡霊に悩まされ、岩西はジャック・クリスピンだし、蝉は自由なんだよ俺は‼︎って奔走する。動きもトークも軽快な蝉がイカした殺し屋だ。蝉と鯨の対決、令嬢の社員が押し屋・槿の家に向かう場面は非情で冷徹な象徴としてイカれた恐怖と緊迫感を煽る。「バカジャナイノー」物騒な話の中で健太郎&孝次郎が可愛くて思わず頬を緩ませる。信号の点滅と列車の通過が幻覚の始まりと終わり⁈

  • 一番最後の章だけでなんだか満足してしまった。その中の一文を引用したい位なんですけど、この小説を始めから読んでこそ響く言葉だと思うので止めときます。
    全体的な雰囲気はシリアスだし、一本の映画をじーっと見てるような感覚でした。『殺し屋』っていう題材でドロドロしないのは伊坂先生の文章の特徴なんですかね。素敵。
    「カッコいい小説」だなーと思いました。不思議な読後感。

  • 『マリアビートル』を読んだ流れで一気に再読。
    …のはずなのですが、ほとんど内容を覚えていませんでした。
    『マリアビートル』とあいだを置かずに読んだので、記憶が新鮮なうちに伊坂さんの殺し屋モノ2作を思い切り楽しめました。

    ストーリー全体に漂う緊張感と、キャラクターたちの会話の抜け感のバランスが絶妙です。
    特に好きなのは冒頭の「ペンギンも虫ですか」のくだり。
    殺しや拷問の描写はなかなか残酷なのですが、ストーリーのスピード感と軽快なテンポのやり取りのおかげでページをめくる手が止まりません。

    殺された妻の復讐を誓い、教師を辞めて物騒な世界に足を踏み入れた鈴木。
    彼の亡き妻がとても可愛らしい人なのです。
    今でも彼女は鈴木のそばで軽やかな笑い声をたてながら、「さあさ、がんばりたまえ」といたずらっぽい目をしているような気がします。
    鈴木が彼女のことを大好きなのが伝わってきて、あたたかさと切なさを感じました。

    やっぱり伊坂さんの初期の作品が好きだなぁと思うのでした。

  • 昔、読んだ伊坂作品のレビュー。
    グラスホッパーは、伊坂作品の中では、
    ちょっと外れた部類に属すると思っている。
    何が現実で、何が空想はたまた夢なのか、そんな中で、
    毎日、たたかい、がんばっていこうという気持ちを持つことを印象付ける作品である。
    この作品は、何度読んでも、毎回印象がかわる作品ので、趣がある。
    また、登場人物に子供(ぶんきょうく・・・)がでてくるが、
    これが趣を深くするのが、秀逸である。
    ちょっと、えぐい部分はありますが、一読いだだければと。
    (ちなみに、直木賞候補作品でありました。)

  • 「マリアビートル」発売記念に再読。あー、なんて面白いんだろう!登場人物がものすごく生き生きとしている。押し屋、自殺屋、ナイフ使い。個性豊かな殺し屋たちの狂想曲。残酷な描写が多いせいか、ファンの間でも評価の分かれる作品だけど、個人的には伊坂作品の中でもTOP3に入るほど好きな作品。何より、終盤の「食べることに挑む」シーンが素晴らしい。本作で描かれているのは「死」ではなく「生」なのだなあ、としみじみ思う。

  • AXの感動そのままに初期を読み返したくなり、読んでみたものの、まぁ読みづらい。
    設定が凝ってて掴みどころがない登場人物に感情移入ができない。
    話としてもそれほど面白くない。
    改めて伊坂さんってすごく上手になったんだなぁと感じた。

  • 登場人物のキャラが濃すぎっ!

  • おそらく読んだのは3回目です。
    物騒な人たちが出てきますが、それぞれの人生や、
    物騒な人たち同士の対決も面白かった。
    偽の家族が出てきて心がほっこり。
    嫁さんを亡くした人の話をよく読むような気がする。
    気のせいだと思うけど。

    登場人物のちょっとしたセリフや、エピソードがなんとなく心に残るいい小説。

  • 読みやすかった

  • 3人の殺し屋、登場人物が入れ替わるように話が進み、成り立つストーリーで、読みやすく また伏線も見えたりで楽しかった!

  • これがエンターテイメントだ!と思った。どんどんページをめくれる本。これを読んでから映画を見たら悔しすぎて泣けてきた。どうか原作を読んでほしい。

  • 殺し屋稼業のサスペンス。ラノベ的で若い人向けかな。視点が飛びすぎで、おじさんは付いていけない感じ。

  • 『未来は誰かのレシピに書かれている』

    人生の中で起こる出来事は、それが過去のもの、現在のもの、未来のもののいずれかであっても、すべての出来事が何かしらのもの(たとえば人)に繋がっている。未来に起こる出来事は私たちが未来で出会う人々の人生の中にすでに彩られている出来事なのかもしれない。そう思うと人と人の出会いって不思議だよな〜。

    槿(あさがお)が「この国では一年間に何千人もの人間が交通事故で死んでいるのに誰も『車に乗るのはやめよう』とは言わない。人の命なんて二の次なんだ。人の命より利便性だ。」って言ってて妙に納得させられた。

    最後の最後で「鈴木が体験した出来事はすべて夢だったのか…?」と思ったりしたけど子どもたちを見かけているし、やっぱり現実に起きた出来事だったのかな?

  • ○殺人を巡る3人の物語が収斂していくさまは、ため息さえ。イッキ読み!
    元教師の鈴木は妻が殺された復讐をしようと、殺した寺原という男のいる「フロイライン」という会社に入社し、比与子から指導を受けている。比与子から街頭で捕まえた二人組を殺すよう試されたが、目の前で寺原が車に轢かれて死んでしまう。逃げる男や周囲の証言から、比与子は押し屋の仕業と考え鈴木に追わせる。
    一方、自殺させ屋の鯨と殺し屋の蝉は、それぞれひっきりなしに殺人の依頼が舞い込むが過去殺してきた人物の亡霊に悩まされる。
    鈴木が押し屋の居場所を突き止めたものの、比与子には詳細を教えなかった。なぜなら、その押し屋・槿は子ども2人と奥さんの4人家族だったのではばかられたのだ。

    鈴木はその後も、寺原が死んだにも関わらず(寺原が死んだ時点で奥さんの復讐は果たしたにも関わらず)比与子の指示によってズブズブと危険な流れに巻き込まれていく。
    会社からすると頼りないが、鈴木が危険分子の要素を秘めていることに変わりはない。
    反面、殺人に対して達観している鯨と蝉は、普通なら決して交わることがないが、疑り深い政治家によって、蝉に鯨を殺させようと仕向ける。殺される可能性に気づいた鯨もまた、政治家を自殺に追い込みつつ鈴木を追う。蝉も殺すべき相手を追う。

    少しずつ交わっていく、3本の線。
    殺す側の達観している様子は、彼らが引用する人生訓みたいなものがとてつもなく重たく聞こえるからすがすがしささえある。亡霊に文句を吐かれつつ、自分の置かれた境遇に悩むさまは、一応人間だ。
    そして鈴木もまた、奥さんのことを思い出しながら、人間らしさと会社の指示の間で葛藤し、槿に被害が及ばないよう配慮しているさまは、無様だが、なんだか格好いい。
    これら3人の物語が、一気に槿の家に収斂していく様子は、ここでつながるのか!とため息さえ読者につかせる。

    いったい彼らは何者なのか、そしてどうなるのか。最後まで目は離せない。イッキ読みです。

  • またまた会社の方からお借りした本。
    特に読みたかったわけではないが、貸してくれたので読んだ。それだけ。

    伊坂幸太郎さんの作品は何故かどうも苦手。

    しかしこの本は何というジャンルなんでしょうね?殺し屋さんたちが殺しあう物語!?

    罪と罰を先に読んでおくと、少し余分に楽しめるかもしれない。

    文章は軽快で、あっという間に読み進められる。
    何とも感想の書きにくい、今まで読んだことのないような話だった(笑)

  • 友人に薦められて読んだ。
    人が死ぬ場面の描写がいくつかあって、苦手な分野だけど、キャラクター設定は興味を持った。

  • グラスホッパー (角川文庫)
    著者:伊坂幸太郎


    過去、妻を殺された『鈴木』
    依頼を受け人を自殺に追い込む自殺屋『鯨』
    ナイフを使う殺し屋『蝉』
    そして押し屋と噂される人物。


    復讐の為に殺した男が所属する非合法を生業とする会社に入る。
    そこで仕事をしている途中に突然復讐を果たすべき男が突然車に轢かれる。
    事故のようにもみえたが、不審な男が現場から離れていく。
    それが『押し屋』とされる人物かどうかを確認するため尾行するところから物語が始まっていく。


    この小説の面白いところは色々あるが、まず、それぞれの殺し屋のキャラクターが非常に個性的で際立っている。


    殺し屋が複数人も登場しそれぞれが場面ごとに主観的、交差しながら切り替わっていきテンポ速く物語が駆けていく。


    殺し屋やそれらのシーンの描写があるか無感情に客観視されており目を覆いたくなるような事はない。


    それよりもどんどんと引き込まれていく。
    それは登場人物が個性的で、かつ軽妙な会話、そして内容が面白い。


    そして物語が後半に向かうにつれてそれぞれの登場人物が対峙していく。


    過去映画化もされているが観た事はない。
    しかし小説を読んで映画も借りて観てみようと思った。

全2622件中 1 - 25件を表示

グラスホッパー (角川文庫)に関連するまとめ

グラスホッパー (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

グラスホッパー (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グラスホッパー (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

グラスホッパー (角川文庫)の作品紹介

「復讐を横取りされた。嘘?」元教師の鈴木は、妻を殺した男が車に轢かれる瞬間を目撃する。どうやら「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしい。鈴木は正体を探るため、彼の後を追う。一方、自殺専門の殺し屋・鯨、ナイフ使いの若者・蝉も「押し屋」を追い始める。それぞれの思惑のもとに-「鈴木」「鯨」「蝉」、三人の思いが交錯するとき、物語は唸りをあげて動き出す。疾走感溢れる筆致で綴られた、分類不能の「殺し屋」小説。

グラスホッパー (角川文庫)のKindle版

グラスホッパー (角川文庫)のAudible版

グラスホッパー (角川文庫)の単行本

ツイートする