約束 (角川文庫)

  • 3854人登録
  • 3.46評価
    • (256)
    • (422)
    • (807)
    • (116)
    • (31)
  • 411レビュー
著者 : 石田衣良
  • 角川書店 (2007年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854011

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

約束 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 久々に石田衣良読んだんですが、面白かった!!!!石田衣良作品の中でもナンバーワンを争うほどに面白かった!短編だけど読み応えあり!!!

    実際の事件を目の当たりにして書き出したというこの一冊。なんだかそれぞれの事件なり苦悩がより身近に感じられるものでした。

    涙無しでは、、、というほどのものではないけど、なんとなく辛く険しい道のりをそれぞれ強く歩んで行く姿に、そっと寄り添うような気持ちになる。

    他人の不幸として読んでかわいそうかわいそうと涙するってよりは、大変だろうけど頑張ってみますか!って気持ちにさせてくれる一冊でした!!!

  • 「相手との約束は自分との約束」

  • 泣かせる気満々の作品を集めた短編集
    病気の子供の話や、事故で亡くなった人の話など
    人の死をメインに、ありきたりな感じの話が進むが
    ベタな流れが嫌いじゃないので良かった

  • 短編集。ウルっときたぐらいで泣けなかった。
    でも、「石田衣良さんっぽい」と感じる。

  • 2001年に発生した無差別殺人事件に作家として出来る事はと悩んだ著者が紡ぎ出した表題作。主人公のカンタとヨウジは、後に別作の長編「カンタ」で設定を変えて、波瀾万丈の青春を生き抜く。
    泣ける小説が苦手な人にこそ読んで欲しい、人間のレジリエンスの短編集。

  • 「天国のベル」は心に響きました。出張中の車内で泣いちゃいました。我が子が小学校の時を思い出して、可愛かったなぁともシミジミと(^^)

  • 石田衣良さんの本は
    読みやすくて読後感がいいから好き
    人ってまた立ち上がるんだって思える
    こうはうまく運ばないよってつっこみながらも
    最近涙腺が固まってるのでしょうか
    いくら帯に「泣ける」とあっても涙出ないんです
    感情が硬化してるのかしら
    ≪ うつむいた 顔上げてほら 空を見る ≫

  • 泣ける短編集。うまくいかない、嫌になることがたくさんあっても、生きることを諦めなければどこかで笑える時がくるって暖かく伝えてくれる。

  • 石田さんの作品を読むのは初めてですが、表題作の文章が非常にぎこちなく
    「小説家というより脚本家なのでは」と思ってしまうくらいでした。
    2話目以降は読むのを断念しようかと思っていましたが
    「青いエグジット」が思いのほかよかったので、そのまま続けて読みました。

    全体を通してみれば悪くはないのですが、
    手軽に感動がほしければ、重松清作品で十分だなという印象です。

  • まず、本の表紙が気に入りました。
    内容もあたたかく、とても読みやすかったです。
    私は『天国のベル』という話が1番好きです。

  • 【読了】
    7つの物語が入った短編集。
    全部、最後には心が柔らかく、
    あったかくなれるようなお話ばかりです。

    でも、最後の最後、
    7つめの物語は
    『優しさに心がえぐられる』
    って感じです。
    それは決して不快では無く、
    強さを与えてくれるような感じ。
    とてもオススメです。
    #石田衣良 #約束

  • 8話のオムニバス。1話目の「約束」、2話目の「青いエグジット」が、良かった

  • 全編に命を感じる。
    それぞれの立場で命をどう受け止め、どんな風に動くか。
    廃品回収車での2人の触れ合い、心の変化があったかくて好き。

  • 「約束」も「青いエグジッド」も「ハートストーン」も、どの話も最後には小さな希望の光が。
    何回でも聴きたくなるCDがあるように、いつでも手の届く所に置いておきたい本だと思いました。

  • 石田さん、上手いなー。

  • 電車の中で読んだんだけど、一人で家にいるとき読むべき本だった。涙腺を刺激します。

  • 苦しみから立ち上がり、もう一度人生を歩き出す人々の姿を短編集でまとめた作品。
    私の人生、まだまだこれからだなと感じた夜。

  • 生きていても辛いことばかり。でも生きているからこそ出来ることばかりなのだ。

  • 短編集。絶望の先に希望が見えるようなお話が多い。泣ける。

  • 短編集。各話でいろいろな苦しみを持った登場人物がもう一度人生を歩き出す短編集。何冊かこの手の本を読んでいると展開がありきたりに感じてしまい物足りなさも残ってしまった。

  • 短編集と知らずに読み始めたら1話1話が結構短い短編集でした。どの話も胸がキュッとなるような箇所がありました。ただ、自分の興味のなさからか、 バイクの話は流し読みしてしまいました。最後の子供の病気の話が一番泣けた。

  • 親友を突然失った男の子。
    リストラに晒され、息子に侮蔑されながらも日常に踏みとどまり続ける父。
    不登校を続ける少年が出会った、
    廃品回収車の老人。
    女手一つで仕事を抱えながら、
    育てた息子を襲った思いがけない病。
    苦しみから立ち上がり、もう一度人生を歩き出す人々の姿を鮮やかに切り取った短編集。
    沢山泣いた後は、あなたの心にも明日を生きる小さな勇気が戻っているはず。

  • いろんな話の入った短編集。病気や精神的なものばかりでした。読みやすかったです。少し怖い時もありましたが。しんみりしました。

  • 「約束」をテーマとした短篇集。
    石田衣良の、あの感覚を味わうには、長編よりもこのような短篇集のほうが良いかも・・と思うくらい、中身が詰まった一冊。

全411件中 1 - 25件を表示

約束 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

約束 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

約束 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

約束 (角川文庫)のKindle版

約束 (角川文庫)の単行本

約束 (角川文庫)のコミック

ツイートする