美丘 (角川文庫)

  • 5178人登録
  • 3.65評価
    • (426)
    • (598)
    • (605)
    • (187)
    • (34)
  • 602レビュー
著者 : 石田衣良
  • 角川グループパブリッシング (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (294ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043854028

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

美丘 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 数日かけてやっと読み終わった。
    気持ちいいくらい今を生きる美丘は、見ていて真似したくなる。

    悲しい物語と言うひともいるが、学ぶことが多いし、こうゆう女性を目指したいと思えるステキな本だと思う。読了後、すかさず読み返したくなる程スキだと感じた本は久しぶりだ。出会えて良かった。

  • 昔読んで衝撃を受けた『美丘』。本気で生きる美丘にまた会いたくなって、再読。世の中には不義理だとか非常識だとか言われることがたくさん存在するけど、そんなのまったく気にせずに、大事なのは自分がそれをしたいかどうかただそれだけだという美丘。賛否両論あるだろうが、あまりにも弱くて孤独で寂しい少女が、恐怖に打ち勝つために考え抜いた末のこのハチャメチャさ。
    よく生きなくてもいいから、しっかり生きたいと思った。美丘、決して楽しい話ではないし読了後はなんとも言えない苦しさに襲われるのだが、またいつか読もう、読まなければいけない時がくると、そう思わされる作品。

  • やるせなさや悲しさをたどる物語りなのに、溢れんばかりの幸せを感じられる作品でした。

    際立つ二人の「強さ」がその温かな幸せをつくっているのだと思います。


    しかし、二人のような強さを私は恐らく持っていない。

    「誰かを呪ったこともある。怒りにまかせたこともある。」

    太一は強く立派でしたが、まさしくこの経験をしたときに、私は自分の弱さを知りました。そしていつだって当事者のほうが強いということも。美丘のように。


    いろいろ思い出してしまったので、個人的には読まなければよかったという気もしますが、解説で小手鞠るいさんが「本当に素晴らしい物語というのは、私たちを泣かせない」と言うとおり、涙以外の大切なものを感動からもらえる作品だと思います。

  • なんか全体的に太一がなんかスカしてて気に入らなかったけど(笑、切なさの表現の仕方とかがほんと読んでて胸が苦しくなった。美丘がドラマ見てたから吉高ゆりこちゃんで再現されて感情移入しやすかった。途中から終わりまではずっと切なくて押しつぶされそうな気持ちで読んでたけど、読後感はなんかすごく暖かい。なかなか余韻から抜け出せなかった。

  • 世界の真ん中で何かをするやつのパクリなのか二匹目のどぜうなのかオマージュなのか…

    ま、よくある話ですよ

    とりあえず、僕は最後の展開になるような返事はしないと思う
    ってか、これ系の話に対しては、だれか水をぶっ掛けて熱を冷ましてやる奴はいないのかよと思ってしまう

    とか言いつつ、泣いたけどね・・・

  • 男性作家の恋愛小説と女性作家の恋愛小説は、
    何だか根本的に違う感じがする。

    大学生活に突如乱入した美丘と翻弄されるメンバー。

    筋書きは読めているけど、
    こんな展開には涙が必要なんだよな。

  • それほど可愛くも素敵にも感じられなかった美丘が、後半から(発症してから)とても健気で可愛く思えてくる。
    後半からの美丘の気持ち・心情を考えると泣かされる。

  • ドラマの影響で読みました。純愛ものですね。

  • たまたま読みたい本が途切れて、誰かに貰ったのを思い出して読む。こーゆー悲しい恋愛ものは向いていない。電車の中で鼻がツンとしてしまった

  • 個人的に好きなラスト

  • ドラマ化のときはジャケット買いならぬ、ジャケットパスしてしまいしたが、
    和田裕美さんのpodcast聞いて決意。

    アドラー心理学に基づいてるって話だったけど、そこまでではないと思う。
    ドラマの方がその傾向が強いのか?

    内容は、いい話。ちと泣ける。

    テーマは「今を一生懸命生きる!」ってことでしょうか?
    割と好きな類の本です。

    最近、プライベートではストレスたまり気味ですが、
    なんとなく癒された一冊です。

  • やはりよかったです。すてきな小説でした。

    難病モノと思って、ずっと手に取らずにいた本ですが、石田衣良さん好きの私としてはやっぱり読んでみてよかったです。

    もちろん悲しいし切ないのだけれど、あたたかさや光すらもかんじられるほど、ただただ「可哀そう」なお話ではないです。

    火のついた導火線。。
    私も、いのちあるこの毎日を、いつでも自分らしくキラキラ生きていけたらいいな。臆することなくためらうことなく。
    まずは手始めに、ピアノを再開しようかな。。。

  • 石田衣良さん初読みです。はあ、闘病物は読んでてつらい。それだけ心を揺さぶるからだろうけど、感動というよりやるせないですねー。今この一瞬を生きる、命を燃やして生きようとする美丘を前半部分で生きいきと描いたうえでの発病ですから、もうかなり感情移入しちゃってるわけですよ。最初は、「これは石田衣良のセカチューに対するアンチテーゼか?」とか「美丘ってノルウェイの森の緑みたいだな」「嵐が丘も入ってる?」なんて批評家目線で読んでたけど、途中からもう心が苦しくて苦しくて。

  • 最後のシーンは、読み終わっても涙が止まらなかった。

    自分が太一だったら、どんな行動をしたかな、と思った。

  • 読みはじめた頃は設定の大学生活に感情移入できなくて
    なかなか読み進まなかった本

    そのうちドラマが始まって、そちらを見終えてから

    また最初から読んでみたら
    ドラマよりも小説の方が数段、楽しめる本でした(ノ∀〃)

    ドラマだと薄っぺらな印象のシーンが
    石田さんの描写だと、細かい部分まで伝わってくるようで
    ラストもストーリー的には一緒なのにドラマよりも感動深かったです

  • ドラマの放送と重なるくらいのタイミングで読み始めました。
    ドラマの内容とは少し違います。私は小説の方が好きです。
    下ネタ多いですが、美丘が身を削って自分の生きている証を必死に残そうとしているところが伝わってきます。
    ベタな設定ですが、美丘があまり性格が良くないところが他の小説とは少し違っていて楽しめました。
    わざとそういう風に振舞っていたのかもしれませんが。

  • 私はドラマより本の方が好き。前半の方が面白かった。奔放な美丘に惹かれていったのは前向きな強さと温かさがあったからかな。懸命に濃く生きること。。。ただどうも・・恋は盲目的なのが苦手に思ったのは歳のせいか?
    あなたの手で終わりにして・・って・え!なんだけどわかる気がした。
    そしてあの終わり・・え!!いやこのフィクションさがいいのか。

  • だいぶ前に読んだ1冊。ドラマ化しますね。美丘は吉高由里子さんだそうですが、私はこの本を読んだとき、misonoをイメージしてしまって、ずーーっと彼女に脳内変換されたまま読了しました。美人じゃないけど愛嬌がある、恋に一生懸命、奔放な肉食女子、ちょっと下品だけど憎めない、でも弱い面ももっているという意味でぴったりだと思うんだけどな。吉高さんじゃ美人すぎるような。
    まぁそれはおいといて、内容的にはあまり好きじゃないです。美丘のキャラクターはすごく好きだけど、難病もの自体があまり好きじゃないからかな。石田衣良氏の中では微妙だった方です。

  • 石田衣良の作品はなんだか軽くて、読みやすいけど飽きるし忘れる。と、いう感じがしてましたが、この美丘に関してはその石田衣良の特性がよく生かされてるような気がした。

    彼女が死ぬっていう究極の泣かせストーリーなのに、キャラクターやら若干の下ネタで泣けないんだよね。笑

    泣きそうな内容だけど泣けるとこひともないっていう。笑、でもかえってその工夫?というか書き味が重苦しい内容がライトになって読みやすい一冊でした!!!

    さすが、ウエストゲートパークを産んだだけある!!
    相変わらずモーツアルト好きで、よくモーツアルトトークはでてきてましたが笑!石田衣良のおかげで、私もモーツアルトは結構好きなりました^_^

  • 良くあると言われてしまうかも知れない、恋愛小説のパターンか。恋人が亡くなってしまう。

    それでも、感動したし、泣けたし、読了後は(後半は一気に読んだので)人のぬくもりが欲しくもなりました。

    これもパターン化されていると言われるかもしれませんが、人生の限られた時間のなかで、愛する人を大切にする「かけがいのなさ」を教えてもらいました。

  • 約束を待っている美丘の元に、赤毛にスーツを着て手にはバラの花束と共に太一は訪れる。
    その約束は、あまりにもやるせなくて残酷。

    読後、冒頭に語られていた言葉に救われました。
    ”ぼくの胸がきみの墓場なのだ。この心臓が打ち続ける限り、きみはぼくの胸で眠るといい。――中略――
    今はできないけれど、いつか恋をしたら、男の胸の痛みとときめきを教えてあげよう。――中略――
    最後の心臓のひと打ちがとまるまで、力を尽くして生きる。”


    願いがかなえられ、これからも太一の胸の中で生きつづける美丘は幸せなんだと。
    そして太一にはたくましく生きていく。そんな気持ちにさせてくれました。

  • 20160918読了

    綺麗すぎる、けど、だから美丘の生き方が映えるのかなと思った。展開に、気付いてるけど切なくて涙が出る。電車で読んだら泣いてしまって恥ずかしい。今を大事に行きたいと思える作品。

  • あかん。(涙)

  • ヤコブ病 太一 青山 クリスマスイブ
    邦彦 洋次 麻里 直美

全602件中 1 - 25件を表示

美丘 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

美丘 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

美丘 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

美丘 (角川文庫)の作品紹介

美丘、きみは流れ星のように自分を削り輝き続けた…平凡な大学生活を送っていた太一の前に突然現れた問題児。大学の準ミスとつきあっていた太一は、強烈な個性と奔放な行動力をもつ美丘に急速に魅かれていく。だが障害を乗り越え結ばれたとき、太一は衝撃の事実を告げられる。彼女は治療法も特効薬もない病に冒されていたのだ。魂を燃やし尽くす気高い恋人たちを描いた涙のラブ・ストーリー。

美丘 (角川文庫)のKindle版

美丘 (角川文庫)の単行本

ツイートする