三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)

  • 112人登録
  • 3.46評価
    • (4)
    • (8)
    • (13)
    • (3)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 赤川次郎
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043870189

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 暗いテーマのわりに、登場人物の軽快さが、それを絶妙にする印象。

  • 再読。短編も面白い。片山兄妹と石津刑事、そして勿論ホームズに癒される〜。

  • 初三毛猫ホームズ。
    いきなり話が始まるので、三毛猫初の人間には人間関係がなかなかつかめませんでした。
    でも軽い短編でサクッと読み終わりました。
    事件がどうのよりも、こういう賢い猫と暮らしたいです。

  • 短編集。

    表題作含め、全てなんともいえない話ばかりでした。
    短編集は特にそういうのが多いような。。

  • 短編集で読みやすかったけど、初めてこのシリーズを読んだので、登場人物が把握しきれんやった…

    2012.3.5

  • 中学生くらいのころ夢中で読んでいた三毛猫ホームズシリーズ。出張先で時間が空いたので書店で手頃な本をと思い、タイトルを見て思い出せなかったので購入。しかしデジャヴ…。どうも既読だったようだ。久々に読んだが、こんな感じでしたっけ?短編だからということもあるのでしょうが、どうも話が薄っぺらいなぁと。でも、片山さん、晴美、石津さん、そしてホームズというキャラクターは大好きですよ。

全6件中 1 - 6件を表示

赤川次郎の作品

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)の作品紹介

崩落事故発生!瓦礫で出入り口が塞がれたトンネルに、1台のバスが閉じ込められた。運悪く乗っていたのは、おなじみのホームズ一行。そして、ある殺人事件の被害者と加害者の家族も乗り合わせていた!真っ暗闇のなか、漂う異様な緊張。そしてついに、あらたな事件が起こってしまった-。2つの事件に隠された秘密を、ホームズたちが解き明かす表題作をはじめ、5編が収録された、大人気シリーズ第33弾。

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)のKindle版

三毛猫ホームズの暗闇 (角川文庫)のKindle版

ツイートする