心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)

  • 4637人登録
  • 3.69評価
    • (431)
    • (590)
    • (756)
    • (94)
    • (28)
  • 574レビュー
著者 : 神永学
制作 : 鈴木 康士 
  • 角川書店 (2008年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (332ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043887019

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ラノベ感がまずダメだった。キャラの既出感。赤い片目で霊が見える八雲だが、そのため彼は大変ひねくれた性格になってしまった。そこに現れるまっすぐな性格の(何にも考えず思ったことをすぐ口にする頭悪そうな)女子大生って男の理想なんだろうか(女子大生なのに???)。おバカな女の子がかわいいのはわかるけどうーむ、欲しい知識は全部あって、欲しくない知識は全部ない、作者の理想を詰めたヒロインが彼女なんだろうなと思ってしまい気持ち悪かった。
    会話文の無意味さ加減が気になる。省いた方が私は好きだけどそこに萌える人は萌えるのだろう。

  • 数人の友人がお勧めしてくれてたけど、ずっと読まず嫌いしていたこの本。読み終わっての感想は適度に面白く、すらすら読めるから人気なのだなあって思った。

    心霊探偵ってなによ?八雲ってミステリー?って思いながら読み進め、幽霊が絡んだ事件を解決していく様を見て、サスペンスかなーって終着する感じ。主軸の二人の掛け合いがわりと好き。

  • さくっと読了しました。
    面白いです。
    単純すぎてミステリというくくりは微妙かもしれないけど…。
    心霊現象もありがちなものです。
    それでも、キャラクターが魅力的です。
    主人公の八雲と晴香の掛け合いがすっごく良くて、
    微妙な距離感にやきもきしてしまう。
    あまのじゃくな八雲と、意地っ張りな晴香が、
    少しずつ、でも着実に近付いていく様子が微笑ましかった。

  • なんでも自分の価値観だけで決めつけてしまう晴香に鼻白むところはあるものの、物語自体は疾走感であっという間に読める。
    ヒトの性格には それなりの理由があるもの。
    とはいえねぇ…
    この先も読みたいとは思うけど。
    晴香に体力を吸いとられる感じがねぇ…

  • 購入して1年ぐらい放置していましたが、読み始めたら一気に読んでしまいました。
    通勤電車の短い時間に読むには良い作品かも。ちょっぴりせつなくなる作品でもあります。
    八雲くんにひとめ惚れ?シリーズ大人買い予定です。

  • かなり読みやすく、サクサクと数時間で読み終わった。それなりに面白かった。
    八雲がかっこいいなぁ。
    キャラが立ってる小説、というのかな。キャラたちのその後を勝手に想像できるようなそんな本でした。
    かなり冊数が出ているので、次巻以降期待。
    気が向いたらまた読みたい。

  • 半日で読了。軽くて進み良く読めた。ラノベや漫画に近い感はあるけど文章としても読みやすいし盛り上がりもしっかりあって面白かった。八雲と晴香の掛け合いとか、ヒントのある台詞回しとか、少しハラハラする場面は読んでて楽しい。元々漫画好きだからこういう話は好きだが、ミステリーを求める読書人には物足りないかもしれない。

  • 見える人。これ一言に尽きるんだけど、それだけじゃ無い物語。
    主人公の身に起きた事件、と言うか主軸の持ち込まれる依頼?を解決することで、伏線がだんだんと分かってくる。込んだ作品でした。最終巻まで読まないと分からない。

  • 普通の推理物と違うところが面白いです。八雲みたいな キャラクターは魅力的で人気出るのが分かる!

  • 2012.7.11 読了

    テンポがいいのでさらさらと読めました。
    いまはこれ位のが丁度いい。
    今後の展開も気になるし。

    それにしても、最初は自費出版だったんですね。

  • 気になってて漸く手に取った本。
    重くなく軽くなく、ただ展開は予想しやすい。
    八雲も魅力的なんだけど、なんといっても気になったのは後藤さん。
    八雲とどう出会ったのか、八雲の過去など気になるのでもう少し読み進めてみようと思います。

  • やっぱり八雲は好き

  • 7巻まで読みました。

    どうしても八雲みたいなキャラクターには引っかかってしまいます。
    霊能者、オッドアイ、ツンデレ等にピンと来て、表紙に惹かれたなら読んでも良いかと。

    正直うまくないんですが、私みたいなキャラ萌えする人間ホイホイ。
    狙って書いてるんでしょうね。

    PerfumeのPuppy Loveを聴きながらがオススメです。

  • 妹が持っていたのを拝借。
    某鬼ごっこの作者程ではないが、読んでいて引っかかる箇所があってテンポが崩れた。
    読みやすい本だとは思うが、自分との相性は悪かった。

  • さらっと読めました。最初のエピソードが面白かったです。
    ヒロインの身の回りの人が事故にあうって言うのが妙に気になりました。それに、ヒロイン本人も良く巻き込まれて。ミステリーでは普通、こういった方は安全圏にいるものだというイメージがあったので、新鮮。
    主人公の幽霊に対する独特の考えが考えさせられます。

  • 【あらすじ】
    学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。思い切って相談を持ちかける晴香だったが!? 女子大生監禁殺人事件、自殺偽装殺人……次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場!!

    【感想】

  • 霊を見たり、会話できる不思議な能力を持つ大学生・斉藤八雲。
    ある日、大学で起こった幽霊騒動を調査することになるが…
    (amazon内容紹介)

    ずっと前からタイトルだけ知っていたのだけども、
    今まで手を付けたことが無かったので読んでみました。

    なるほど、という感じ。

    霊が見える設定のミステリとの絡ませ方だったり、
    登場人物の八雲、晴香、後藤刑事の魅力であったりが
    非常にわかりやすい。

    「霊が見える」という体質に対して、
    八雲が苦難していたり考えていたりする状況を
    晴香や後藤の存在によって少しずつ瓦解していったり、
    その逆もあったり。
    そういった描写がしっかりあるのが読んでいて凄く嬉しい。

    文章もサクサク続きを読める文体。

    ただ、良くも悪くも「多分こんな内容だろうな」
    という予想の域を越えなかった。
    内容しかり、ミステリ的なトリック、犯人しかり。

    安心して読める一冊だけれど、キャラ萌え出来なければ
    「ふーん」という程度の感想で終わる一冊。

    この時期、こういったライトノベルに寄ったキャラクタが
    主人公のミステリを読むことが多かったのだけれど、
    特に抵抗なく読めました。

  • 舞台化されていたものをたまたまチラッと見たため、主人公の八雲は完全に久保田秀敏さんを頭に浮かべて読んでいる。うん、間違いなく超イケメン。だらしない髪型だろうが、イケメンに違いない。くぼひでに冷たい言葉を浴びせられるのを想像すると、イケナイ扉を開いてしまいそうだ。
    というくらい、主人公がキャラ立ちしているので、せっかくならラノベみたいに挿絵をいっぱい入れて欲しいなー。(もしかすると私が電子で読んでいるから挿絵がないだけだったりして)
    ミステリーものだけど、肝心の推理の部分は「幽霊が見えるから」というチート能力があるので、読者として読んでいてトリックにビックリみたいなことはない。この能力を使ってこの先どう飽きさせずに展開していくのか楽しみ。

  • これだけ人気なので一度読んでみようと思い手に取りましたが、ガッカリです。
    キャラクターは定番中の定番。ミステリとしての内容は薄すぎ。文章も稚拙。
    なぜ人気があるのか、サッパリわかりませんでした。
    それとも2巻以降が格段に面白くなるのでしょうか?私はこれ以上読む気が起きませんので、確かめようもありませんが…。
    普段本を読まない小中学生に、読書に興味をもってもらうための、きっかけ本としてはいいかなと思います。

  • 推理物が読みたくなって選んだ一冊。
    そしてずぶずぶと神永さんの沼にはまった…
    後藤さんが好きです(笑)

  • 小野不由美のゴーストハントみたいな内容かしらと思い手に取った一冊。

    だいぶ軽め。
    心霊的な怖さは特になく、ほっこりミステリーなイメージ。
    息抜きで読むには良いかなぁ。

  • 学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力をもつ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。
    しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。
    思い切って相談を持ちかける晴香だったが!?
    女子大生監禁殺人事件、自殺偽造殺人、、、次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場‼︎

  • 学校の開かずの扉。トンネル事故。不倫友達の保険金殺人。

  • 2016/02/22 購入

全574件中 1 - 25件を表示

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)に関連する談話室の質問

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)に関連するまとめ

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)の作品紹介

学内で幽霊騒動に巻き込まれた友人について相談するため、晴香は、不思議な力を持つ男がいるという「映画同好会」を訪ねた。しかしそこで彼女を出迎えたのは、ひどい寝癖と眠そうな目をした、スカした青年。思い切って相談を持ちかける晴香だったが!?女子大生監禁殺人事件、自殺偽装殺人…次々と起こる怪事件に、死者の魂を見ることができる名探偵・斉藤八雲が挑む、驚異のハイスピード・スピリチュアル・ミステリー登場。

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)のKindle版

心霊探偵八雲〈1〉赤い瞳は知っている (角川文庫)の単行本

ツイートする