心霊探偵八雲4 守るべき想い (角川文庫)

  • 2684人登録
  • 3.80評価
    • (201)
    • (312)
    • (323)
    • (24)
    • (2)
  • 162レビュー
著者 : 神永学
制作 : 鈴木 康士 
  • 角川グループパブリッシング (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043887040

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

心霊探偵八雲4 守るべき想い (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 今回は八雲の子供との触れあいを見れたのがなかなか面白かった。
    たまに途中でぐたっとしてしまうけど、やっぱり最後まで読んじゃう。

  • どうしても中断したくなくて、夜通しで一気に読んでしまった。複雑な事件、絡み合う人間関係、意外な展開に流石と思った。最後の話も良かった。

  • 3と一緒に図書館で借りたのでまとめて読んでみた。

    おお。今回もストーリー展開とトリックはおもしろい!
    シリーズとしても話が進んでいく感じがするし、キャラ設定もだいぶん定まってきた感じで、続きが気になる感じでわくわく読める。


    ……まぁ、相変わらず不要な文章はあるんだけどね。
    もうさー。石井刑事の転ぶ設定やめようよー。
    あと、八雲のぶっきらぼうにいちいちつっかかる晴香ちゃん設定もちょっとうざい(笑)
    あ、あと後藤刑事が毎回「事件が終わったらぶんなぐる」って言ってるんだけど、これもいらない気がする。
    八雲のキャラがこういうのだってのは、他のキャラクターもだいぶんわかってきたんだろうから、そこはさくさくすすめて欲しいなーってのが読者の気持ちだったり。

  • 久々の八雲シリーズ。レギュラーキャストのいつも通りの安定したやりとりで読みやすかったが、ミステリー/心霊探偵ものとして読むと、この巻の話は今までに比べて物足りないと思う。
    (もしかしたらしばらくこのシリーズから離れていた分、読む前の期待値が大きすぎたかも…)
    春香が教育実習したクラスの男の子に降り掛かる厄災と八雲との境遇が重なる。その心理描写のこの話の軸になっているのでその部分は面白かったし、最後に今後の話につながる展開が気になる登場人物が出てくる

  • 【あらすじ】
    教育実習のため、とある小学校にやってきた晴香は、幽霊が見えるという寂しげな少年・真人に出会う。真人は晴香に「自分は呪われている」と告げるが……。一方八雲は、真人の通う小学校で起こった幽霊騒動を追ううちに、手首だけを残し、骨まで燃え尽きた謎の死体を発見する。人間業とは思えない超高温で焼かれた異常な状況。果たして犯人は人間か、それとも!? 八雲の赤い左眼が再び煌めく、人気シリーズ第4弾!!

    【感想】

  • 教育実習のため、とある小学校にやってきた晴香は、幽霊が見えるという寂しげな少年・真人に出会う。
    真人は晴香に、「自分は呪われている」と告げるが、、、。
    一方八雲は、真人の通う小学校で起こった幽霊騒動を追ううちに、手首だけを残し、骨まで燃え尽きた謎の死体を発見する。
    人間業とは思えない超高温で焼かれた異常な状態。
    果たして犯人は人間が、それとも!?
    八雲の赤い左眼が再び煌めく、人気シリーズ第4弾!!

  • 肝の部分はすぐ読めてしまうけど、いつもの登場人物の動きを追っているだけでも楽しいので気にならず。

  • やはり面白い。

  • いつも悲しくなってしまうな。

  • シリーズ第4弾。今回の事件もやるせないし憤りを感じる。真人の背負ったものを思うと本当に辛いです… そして後藤も晴香も石井も大変な目に… また新たに八雲の敵になるのか姉だという人物まで出てきましたね。父親にしてもそうですが、どういった背景があるのかが全く語られないのでその辺が分かるのはいつになるんでしょう…

全162件中 1 - 10件を表示

心霊探偵八雲4 守るべき想い (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

心霊探偵八雲4 守るべき想い (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

心霊探偵八雲4 守るべき想い (角川文庫)のKindle版

ツイートする