空の中 (角川文庫)

  • 17009人登録
  • 3.93評価
    • (1758)
    • (2437)
    • (1608)
    • (230)
    • (39)
  • 1566レビュー
著者 : 有川浩
  • 角川グループパブリッシング (2008年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (537ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898015

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

空の中 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • とってもいいお話です。
    大人組と子供組のストーリーが絡み合いながらお話が進んでいきます。
    特に子供組。
    自分がまだ子供だった頃の空の色や空気の匂い、そんなのがよみがえって、恥ずかしいやら切ないやら…
    泣きながら、もん絶って、感じでした。

  • SFぽい話なんだけど、とても切なかった。生物の共存に対する人間のエゴを痛感させられた。

    特別書き下ろしの『仁淀の神様』。
    読んでいて泣いてしまった。こんな展開はずるすぎる。

    それにしても有川さんの作品に登場する人はみんなまっすぐでどうしてこんなにかっこいいんだろう。
    光希の姿勢に、高巳の言葉、宮じいの言葉に励まされた。
    有川さんの作品を読めば読むほど、登場人物に恥じないような生き方をしたいと思う。

    今回の作品は初期のものだけど、粗削りかもしれないけれど、文章がナチュラルでよかったと思う。

  • 裏表紙の作品紹介で航空機事故から物語が始まるのは知っていた。しかし実際、我が子を想いながら飛んでいる父親が事故に遭うという悲劇を続けざまに読むと、自分でもびっくりするくらいショックを受けた。
    続きを読むのが若干辛くなったが、読み進めていくうち、そんな辛さはどこへやら、展開が気になってどんどんページをめくってしまった。
    本編はもちろんのこと、番外編『仁淀の神様』はすごく感慨深いもので思わず涙が出そうになった。

  • 只今午前5時過ぎ。モントリオール・ピエール・エリオット・トルドー国際空港でシカゴ行きのフライトを待っています。

    これから24時間の長い長い帰国の旅が始まります。

    1週間強の北米出張中に何冊読めるか挑戦するつもりで8冊持ってきたんですが…

    ようやく1冊読了…(すでに7日経過)

    今回の出張はやることが多すぎて、準備やら何やらでホテルに帰ってもずーっと仕事…。時間がないのと、心に余裕がないのと両方です。

    そんな中でなんとか読み終えたのがこの作品。

    いきなり2件の父親の事故死(しかも航空機事故)で物語が始まります。子どもたちと離れて機内で読み始めたお父ちゃんには切なすぎるオープニングです。

    人間以上の知能を持った謎の生物が出てきたり、それとどう向かい合うか人間たちが真っ二つに分かれて争ったりするこの小説は、ファンタジーともSFとも言えると思いますが、私にとっては主人公の少年が絶望の中でこの生物に出会い、逃げ込み、成長し、そして別れを迎えるというとにかく切ない物語でした。

  • タイトルが示す通り、空の中、と地上との間に起こる
    少し不思議なやり取りを中心として物語は進んでいく。

    大人と未成年の二組のカップルを配置することで、二つの視点を置き、二つの物語はパラレルに進む。子供のもつ戸惑い・大人のもつ戸惑い。一見別のようであり、その心の中での折り合いの付け方は、結局シンプルな言葉で表されるものに集約されていく。

    ナレーター役の青年のものごとへの向き合い方が
    とてもフラットで好感が持てるし、彼ゆえに引っ張られて読み続けられた。
    その青年を感服させる老人の登場で、ふと自分自身の
    在り方をも振り替えさせられる。なかでも‘賢しくない’という言葉は私の胸にストレートに突き進んできた。

    お話はおもしろい。
    ただあえて言うなら、物語の中でその世界が広がって息づいていく、と言うタイプの作品ではない。
    語るべきストーリーがあり、そのストーリーのあちらこちらに散りばめられた光る語りが読後に残る。そういう作品だと思う。だからきっとこの作者の作品は今、映像の世界で引く手あまたなんだろうなぁ、と思う。

    ネタバレになるので詳細は伏せますが、実は、空の中、の模様こそに、深い所に届くような真実があるという気がしている。

  • h25.11.4完読。
    大好きな有川浩さんの自衛隊三部作。今まで分厚さで拒否してきたことがもったいなさすぎたと思うほど面白かった。
    三部作の中でも有川さんの言葉遊びが顕著に活躍している作品だと思う。未知の生物と認識のすり合わせをしているところでは、言葉という概念、社会という概念が人間が集合しているから生まれているものだという事実をつきつけられた。国際関係論の集合という概念にも似たようなことがあった。深い。有川さんの作品でいつも思うのが、ただの会話が会話にとどまらない。考えされられるというか、なるほど、って新しい視点をつきつけられるからまた止まらない。
    個人的には高巳さんが好き。軽い口調でも的確な受け答え、交渉術。くったくなくかっこいい。
    まちがえを正そうと瞬が進んでいく中、みやじいがゆった、間違いはごまかせないという言葉。ごまかそうとすると揺り戻しがくる。揺り戻しという表現の仕方が、ただもどってくるというニュアンスよりも、揺れてもどってくる、つまり勢いがましてさらに大きくかえってくるというイメージをもたせる。そんな言葉選びも大好きだ。
    ラストまでどうなるかわからない、わくわくとはらはら。ただの小説でなくて、人間とは、世界とは、そんな大きなテーマまで揶揄されていて、本当に面白かった。

  •  わたしの読む本は人が亡くなることが少ない、気がしていた。
    ・・・さらりと人が死んで「え。死ぬの?」と思ってしまった。
    そして亡くなってからの登場するので哀しみ倍増。

     空のものすごく上の方に白鯨がいて、それが太古からの生き物で
    意思疎通もできるなんて、アイデアが素晴らしい。
    そのカケラを飼ってしまうなんて、もうアッパレ。
     高巳と光稀の有川さんらしい甘さも最高。(ちょっと物足りなかったけど)

  • 一気に読み終えた。有川浩さんの描く人間は何でこうも魅力的なんだろう。
    まるで作中に登場する彼ら、彼女らが物語を作っているかのような、そんな錯覚を起こしてしまうほどの存在感を放っている。土佐弁もあたたかみがあって、作品に温もりを与えている。名作。文句なし。

  • 自衛隊三部作と呼ばれる中で文句なしに面白い。
    一度図書館で借りてからの書店でばったり見つけたので購入(笑)

    なにより、人柄が素敵。大人の二人、武田光稀と春名高巳。
    子どもの二人。

    仁淀の神様がまた、温かい話で涙なしには読めないです。

  • バランスがとれていて有川作品の幅広さが感じられる。
    宮じいもよい。
    駿の気持ちの変化、危うさが切なく、そしてラストがまたよい。

  • 最初は読み進められるかどうか自信がなかった。

    なぜなら私が苦手とするジャンルだから。
    SFとかファンタジーじみた話は正直好きではない。

    でも、第4章に入ってからは時間を忘れて読めた。

    私は動物に対して害のある描写は如何なる理由でも受け入れられません。
    ここにきて、ディックもフェイクも白鯨も私にとっては動物で
    そこに利己的な理由で傷つけた瞬や真帆や攻撃をしかけた政府は許せない対象でした。

    感情がストレートな人はだから嫌い。

    例えば、地球の温暖化は人間がもたらした最たるものだと思うし
    そこに住まう動物達の生存危機はそんな現状がもたらしたもの。

    その生命の存在をなくしてしまうくらいなら、
    いっそ地球もなくなればいいのに、って思ってしまうのです。

    どうして人間の存在意義が高いと思えるのか。
    人間だけじゃ生きていけないのに。

    白鯨の方が人間なんかより遥かに先に存在していたのに…。

    と、そんなことを考えながら、でもそれは詭弁でしかないと分かっているので
    激しく自己嫌悪に陥り、でもそんな自分も結局は利己的で偽善的な人間なんだよな…
    と思いながら作品と照らしあわせて読んでしまっていたので
    ちょっと汚い言葉ばかりになりそうで自重します。

    ディックやフェイクや白鯨のことを思うと居た堪れない。
    でもそれこそ傲慢以外のなにものでもないんだよな~とまた自己嫌悪。

    読み終わるまで終始、そのループでした。
    だからちょっとしんどかったです。

    最終的によかった、で締めくくっていいのかちょっと分かりません。
    フェイクを想うとただただ辛くて苦しい。

    ただ、読後の解釈は人それぞれだと思いますが、戒めとして読んでよかったなと思います。

    あと、救いだったのは宮じいの存在だったなということです。

    宮じいのように言葉をストレートに伝えられる人になりたい。
    この作品の救いはこの人だったな、と思います。

    だから仁淀の神様は悲しいけど清々しく読むことができました。

  • 航空機が高度2万メートルで、「何か」に衝突して、パイロットが亡くなるところから始まるSF。
    SFだけど、人間模様がうまく描かれていて、特に宮じいには感情移入してしまいます。
    個人的には、偶然にもうちの保健指導員さんと同姓同名の女子高生が気になってしまった。
    同じく有川浩の「海の底」も読んでみたくなった。

  • 有川浩さんの作品が大好きで大好きで仕方なくて、にもかかわらず、なぜかずっと、食わず嫌いの子供のように読むのを拒否していたこの作品。 読み終わった最初の感想は…「なんて馬鹿だったんだろう」どうして今まで読まずにいられたのかが不思議なくらい、有川節が炸裂した素敵な作品だった。「白鯨」と対策本部、未知の生命体と少年の友情、それ委ねられる国家の安全…ぶっ飛んだ設定でありn 光希と高巳の可愛らしいやりとりも勿論だが、私としては、瞬と佳江の甘酸っぱいくてもどかしい距離感がたまらない。

  • SFだー!!!

    もうね、宮じぃが素敵すぎて亡くなった時は泣いちゃった。

  • 宮じいありがたい。
    あとがきまで含めて、素敵な本だなあと思う。

  • 自衛隊三部作の中ではこの作品が読みやすい。塩の街では"怪獣"があっけなく倒れすぎてしまっていたのに対し、今回は解決までが丁寧に描かれている。
    設定はランベらしくぶっとんでるけど(未知の生物との遭遇)、大人も子供も感情表現がしっかりしている。宮じいがいいキャラ過ぎて、最後の章は涙がこぼれてしまった。

  • 200×年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカー担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために髙空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?
    一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは---すべての本読みが胸躍らせる、未曽有のスペクタルエンタテイメント!!

    という本の裏に書かれている内容紹介を読んだ瞬間に広がったいろんな妄想。
    この内容だけではいったいこの分厚い中身には何が詰まっているのかさっぱり分からない。
    航空機、自衛隊、事故、調査。ちょっと難しい系の戦闘もの?
    不思議な生物、人類に降りかかる危機。ん、ん?
    なんだなんだ。どういうことだ。
    これは読んでみるっきゃない!と颯爽とレジへGOした次第であり、いざ本を開いてみたら全く想像していた話のななめ上をいき唖然。
    どちらかというと実話っぽい事故系の話かと想像が膨らんでいただけに、未知の生物がでて戦闘が勃発しなんやかんやとわいわい話が進み完全にSFへ突入したのは予想外でした。
    いや、ただたんに私の想像が偏っていただけなんですけどね。
    未確認生命体と戦闘だけでなく恋愛も織り交ぜるところは有川さんらしい。そして甘い。

    白鯨との交流場面がお気に入りで、白鯨という全く真っ白い思考というか考えというか、普段あたりまえに思って考えて理解していることも、こうも真っ新に一から見てみるとそういう考え方もあるんだなーと思ってしまいました。何を言っているか分からないかもしれませんが、私もわかりません。
    そしてフェイクの一途な主人想いなところがむねきゅんでした。
    あと瞬のお子様思考にはちょっとイラっとすることもありましたが、子どもだもんね。そうなるよね。

    全て読み終わってから元はラノベと知ってなるほど確かにラノベっぽいと。
    深いようで浅い?世界が広いようで狭い?
    すこし物足りなさを感じたのが正直な感想ですが、一度読み始めたらページをめくる手が止まらなくなる楽しさはあります。

  • 冒頭部分の事故の件の文章が硬く感じて、なかなか読み進められずに半年間くらい積読本にしちゃってた。
    新しいブックカバーを買ったから読書をしたくなって、でも金欠だったから新しい本を買うのも微妙で、ずっと読みたかったけど読めてなかった空の中に手を伸ばしてみました〜(´▽`*)

    最初は読みにくかったけど、1章に入ってからはテンポよく読めた。

    ほんとまるで言葉遊びのような、人が知識として持ってる様々な概念を、それを持たない別の存在に1から説明する時の噛み合わなさ。面白かったー!
    このままじゃ合致できないAとBが、お互い妥協できる折衷案Cを作る〜みたいな話もするりと頭に入ってきた。

    W主人公、二つの白鯨によって多方面からこの物語読めるのはすごく良い構成(*'v'*)!
    登場人物全員が魅力的で好きです。

  • 睡眠時間をもっていかれた。
    止まれない。

  • 専業主婦から勤労主婦になって6年。ここ最近は近年まれに見るハイスピード(自分比)で読書が進んでいると自負してみたりします。
    「ハマる」という現象は驚くべき集中力を生み出すようです。有川浩、恐るべし。

    ていうかあのー。。。
    すごく面白いんですけど有川作品。

    『図書館戦争』シリーズ以上に、この自衛隊シリーズ私好きかも。
    更に『塩の街』よりも更に、『空の中』って私の感性にジャストフィットなんですけど。

    いつも私が感想で書くのは「キャラクターそれぞれが活き活きしてる」ってことなんですけど、今作はそれが本当に際立ってる感じがしました。
    予想を裏切るドキドキ感というよりは、「こう来るだろうなー、こう来るだろうなー」と思って読んでたら「やっぱり来たこのセリフ!」っていう共感みたいなものかな。

    私の集中力と読むスピードを後押ししてくれるような同調感に乗っかって、安心して一気に読み切った気分の作品でした。



    細かく言いたいことは、巻末の解説で新井素子さんに全部言われてしまった!! 悔しい!!(笑)



    ただ、裏表紙のあらすじ読んでた頃には、「高度二万メートルに潜む秘密」がこんなものだったとは、まったく想像もつきませんでした。私の空想力が貧困ゆえ。

    そして今作は、高知の高校生が中心の場面と、自衛隊の大人たちが中心の場面とが交互に展開される構成になってたので、戻り読みを何度も余儀なくされた関係上、ページの途中途中に『付箋貼り』を今回初めて採用しました。
    すごく読み易くて、好きなシーンやセリフにすぐ戻れる・・・!
    感激しました。(んなオーバーな)

  •  「海」に続いて読んだのですが(ちなみに次は「塩」の予定、逆走中(笑))、「エビ」同様に謎の航空機事故×2は掴みのインパクト充分ですね(゚ω゚)ノ
     冬原のラフな雰囲気や明石&烏丸の駆け引き上手な部分の両方を高巳は備えていると感じました。
     真帆は同情の余地があるので、余地の少ない身勝手な圭介は真帆の進化系かなー(母親と歪み的な意味で)
     白鯨のアイデンティティーや各々の自我(=各型)や統一の問題を多重人格を対比させて考える発想は驚いた!全く自分は頭が固いなぁ(´・ω・`)
     vs光稀~vs偉い人~vsディック~vs各白鯨たち~vs真帆、各場面での高巳の交渉術は見事( ´∀`)b
     丁寧な言葉使いで冷静に理論武装している(ように見えて実は歪みを孕んでる)真帆と、飄々とした軽口だけど巧みな交渉と誘導で駆け引きし核心を突いてくる高巳。
     軽口さえ相手を逆撫でしてメッキを剥がす揺さぶり(元来の飄々さもあるけど(笑))で、真帆と対峙していながら実は瞬(=フェイクが懐いている=組織全体の意義)へ訴える、事故調査に来た特殊法人の一介の技術者とは思えないんですが∑(゚∀゚)
     ただ、そんな高巳ですら攻略出来なかった問題を「年の功に裏打ちされた言葉の力」で解いた宮じいの存在って本当大きい(´ω`) 発するセリフ全てが重みがあったなぁ~
     「仁淀川の神様」 ただただ涙(´;ω;`) そして、それまでの機械や生物や駆け引きや喧騒や… それら全てを洗い流す自然と人間の美しさにホッコリ(*´ω`*)

  • 購入済み 読了

    文庫版のおまけの短編小説のために再度かりてきました。
    痛いけど二人のその後が垣間見れて
    神様になった人の生き様はやはりすばらしく
    なによりその人を取り囲む人々がすばらしいのだと感じた短編小説でした。

    このあと我慢できず購入
    やはり手元に置いておくべき本もあるのだと、図書館の本を読みつつ思った作品です。

  • 物語だから許される出だしでの航空機事故。
    安全分析の話がないのが悲しい。

    文体が読み易く,展開が軽そう。
    ついつい先に読み進んでしまう。

    現実に対する問題提起が底流にあるかもしれない。
    塩の街、海の底のような深みがあることを表現していることが推測できる。

    3度読まないと,有川浩が出した問題の解が見つからないかもしれない。

    ps.
    塩の街、海の底を読んでから、2度目を読んでいます。
    2作とは違った視点に解があるのだろうと感じています。

    全作品二度読みしたら、また読み直します。

  • 有川浩は甘いからなあ…。

    といいつつ結局手を出し、

    でも甘いだけで終わらないのが有川浩だよね。

    と結果居直るこのパターン。

    土佐弁が、ズルいんだ。
    土佐弁で宮じいに諭されたら、それはダメだ。

    SFだろうがファンタジーだろうが、
    分類はなんだっていいです。
    私は純粋に好きでした。
    たかみーさんは若干作られすぎた感ですが。

    ただ自衛隊3部作。
    1作品目と思って手を出したこれはなんと2作品目だったという読破後のサプライズ …!!
    ガーン…ッッ!!

全1566件中 1 - 25件を表示

空の中 (角川文庫)に関連する談話室の質問

空の中 (角川文庫)に関連するまとめ

空の中 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

空の中 (角川文庫)の作品紹介

200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロットは調査のために高空へ飛んだ。高度2万、事故に共通するその空域で彼らが見つけた秘密とは?一方地上では、子供たちが海辺で不思議な生物を拾う。大人と子供が見つけた2つの秘密が出会うとき、日本に、人類に降りかかる前代未聞の奇妙な危機とは-すべての本読みが胸躍らせる、未曾有のスペクタクルエンタテインメント。

空の中 (角川文庫)の単行本

ツイートする