塩の街 (角川文庫)

  • 17543人登録
  • 3.88評価
    • (1748)
    • (2213)
    • (1559)
    • (331)
    • (70)
  • 1609レビュー
著者 : 有川浩
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年1月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (444ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898039

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
米澤 穂信
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

塩の街 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 文章が少し読みにくいけど、デビュー作なら納得。話も少し飛ぶし、特に車椅子のとこは不要だね。だから読書後の満足感があまり無い。

    本当に大切な人を守る為に、自分の命を賭ける。これはなかなか難しいし、誰でも出来る事ではない。素敵な恋愛小説だと思う。

    しかし自衛官が高校生とキスしちゃダメだろ!

    塩が世界を襲ってくる話。誰の仕業?
    増え過ぎた人口を減らして、昔の生活スタイルに戻るのも良いかなーと思った。

  • 自衛隊三部作の一作目、
    予想よりも恋愛色強めで読みやすい

    塩害というフィクションの世界が舞台だけど
    未曾有の事態を機に、愛に正直になるというのは
    ここ数年の震災等でも起こりうること

    この作品に出てきた何組かの恋人たちは、
    きっと現実にも存在していたんだと思うと
    たまらない気持ちになりました

    世界なんて救えなくてもいいから、
    とにかく貴方が無事でいて欲しい…
    とてもドラマチックでキラキラした作品

  • 「塩の街」「空の中」「海の底」
    自衛隊三部作のうち第一作で有川浩デビュー作

    塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。
    その崩壊寸前の東京で暮らす秋庭と真奈。
    その世界を救うために元の自衛隊へ。
    本編及びその前後のショートストーリー。

  • 有川浩らしい「ザ・恋愛小説」って感じ(笑)

    大好きな人のためなら何でもできる。
    そんなことなかなか言えないし、
    お互いがお互いを思って行動する
    優しさに惹かれる。

    素直、優しさ、ひたむきさ
    人としての可愛さで溢れる話でほっこりした。

  • 17.4/26 読了
    衝撃だった!先入観ネタバレ一切なしで読みはじめたけど、人が塩になって死ぬ??? という感じで笑 『scene1』を読み終えてまず驚いた。この章のタイトル『街中に立ち並び風化していく塩の柱は、もはや何の変哲もないただの景色だ。』って「塩の柱」って人間のことだったんだ!そして亮一が一生懸命背負っていた重たいリュックには亡き恋人の塩。ガツンとやられました。予想してなかったんで笑 それから衝撃を受けつつつぎの章は脱走した囚人の話。彼もまた塩害の被害に?と思いきや、のちのち読み進めるとわかる、塩害実験の被験者であったこと。ここで違和感を感じたのは、「塩の結晶を見ると塩になる」という設定。見るだけで?と率直に思った。もっと科学的に立証されるような要因ではなかったのが残念。それ以外はとくに違和感もなく楽しく読めた。それにしても長かったなぁ。有川浩はとにかくデレデレのカップルを書きがち。これだけは言える。

  • ある日突然降ってきた巨大な塩の結晶。同時に発生する、人が徐々に塩の塊になってしまう現象。

    いままでの世界が崩壊し、いつ自分も塩になるか分からない恐怖の中で、必死に人を愛し、人に愛される、その設定が素敵でした。後半になると、ちょっと変わった世界観の熱い恋愛小説だなというくらいで有川さんらしくてそれも好きですが、前半の、何も信じられないけど縋りたくなる悲劇的な愛が良かった。

  • ポストアポカリプスでも恋愛がメイン。そういう意味でマクロス。

  • ライトノベルじゃない!
    確かに主役たちの恋愛関係の進み具合はライトな感じだし、SFチックな物語の設定もライトだといえばそうだけど、人を大切にすることの意味やその価値について、じっくり考えさせられました。

  • ラノベのつもりで書いてたのかー。

  • 2017年、第1冊目の本。街が塩害に冒されるという、どこかSFっぽい設定も入っていたが、塩害の対応に追われる自衛隊員の苦悩や、それがきっかけで出会った、秋葉と真奈の心情なども書かれている。あれから、年数が経ち、ふたりにも進展があり、事件によって、心に傷を負う出来事があったり、真奈は高校生から大人へ成長し、秋葉は、年を重ね、家族を養う責任が芽生えるが、まだ成熟していない面もあると感じた。塩害の対応に追われる中、塩害を沈めるのに、入江の存在が際立っていたり、隊員同士の絆にキュンキュンさあり、青臭さも感じる。

  • 20代後半はおっさんなのかーと思ったけど、久しぶりにときめいた。秋庭もいいけど、正も男らしくて好きだな。番外編が更に良かった。

  • 有川浩、デビュー作。自衛隊三部作と言われる作品の1番目の作品。
    有川さんの作品は賛否両論分かれますが、自分的には有川ワールドは好きなのでとても面白かった。

  • 主人公の小笠原真奈と、彼女を守るために行動する秋庭高範、徹頭徹尾自分のために動く入江といったキャラクターが登場します。そして著者は、「思うところも目指すところもばらばらの人たちですが、いっしょくたにして混ぜたら、何の拍子かこんな結末が出ちゃった。みたいなことがあってもいいと思います」と書いています。

    真奈は「秋庭二尉まっすぐ」で「それしか見ていない」少女です。しかし彼女は、そんな自分の姿に苦しみます。「こんな世界になっても、きれいで優しいものしか見たくない。汚くて狡くて身勝手なことがよそでどんなに横行しても、自分が見る部分さえきれいに整っていたらそれでいい」と述べて、自分の願望と、刑務所から逃げ出してきたトモヤの身勝手な欲望と一体どこが違うのかと自問します。

    世界が変わったことがきっかけで、自分の見たいものしか「見ない」身勝手さを思い知らされたのは彼女だけではありません。秋庭もまた、自分より小さな真奈を先に死なせてはならないと思うことで、自分が逆に守られていたことに気づきます。また、野坂由美も、塩害の感染を恐れて真奈を実験室に残して逃げ出してしまった自分の弱さに絶望します。そんな彼女に、夫の正は「自分だけかわいい奴は、そんなふうに泣かないんだよ。置き去りにしてごめんとか、泣かないんだよ」と語りかけます。

    自分の見たいものしか見ようとしない、そんな身勝手さを顧みることが、真奈や秋庭や野坂と、自分の醜さを見ない相談員の中年女性のような人たちを分けているものなのだと思いました。最初は不自然に感じた、結晶を「見る」ことで塩害に感染するという設定は、もしかするとこうした主題のメタファーになっているのかもしれません。

    「塩の街、その後」は、真奈と秋庭、入江たちのその後や、野坂由美と正の出会いを描いた短編を収めています。

  • あの『図書館戦争』を書いた有川浩のデビュー作であり、代表作。自衛隊三部作の第一弾‼
    ―塩害により、塩に埋め尽くされた東京で暮らす男と少女。二人の前を行き過ぎるさまざまな人々。二人の中で何かが変わってゆく…。―
    【中央館3F 913.6/AR】

  • デビュー作で3部作のひとつ
    んっ?という細かい所はいろいろあるが、筆者が自分でも言っているが『書きたいように書いた』という思いきりが感じられる一冊。
    男性心理や言動の描写がくどいかなぁ…

  • 設定がすごい。
    自分はすぐに死んじゃうだろうな。
    甘いけど面白い。
    他の自衛隊シリーズも読みたい。

  • 塩の結晶の隕石によって人が徐々に塩化していく。そんな舞台の中で出会った自衛官と高校生の恋愛もの。
    あとがきで作者が言っているように
    大人のライトノベル
    がこの本を紹介するのに
    1番しっくりくるかも。

    異常な環境で変わっていく人間描写が
    恐ろしく、でも最後まで優しかった

    1番心にきたのは
    野坂夫妻のやりとりかな。

    あんな小さな子を残して、、
    でも自分が助かってよかったと
    思う。
    旦那も君が無事でよかったと
    なによりも思ってる。
    キレイごとなんて無意味な
    空間がすごく素敵だなと。

    2016.10.21 読了

  • 自衛隊3部作。
    「世界が終わる瞬間まで、人は恋をしていた」
    秋葉の仕草にいちいち胸きゅん。
    会話の描き方がうまいなぁー。とつくづく思う。
    世界が終わる瞬間が来たとしたら
    わたしは何を望むのだろう
    誰とともに過ごすのだろう
    本気でなんだか考えてしまった。

  • 面白かった。けど、私は好きではなかった。
    それに、今の私には読むのがちょぴっと辛かった。割と、ライトノベル感。な気がする。
    最初の塩になってしまった恋人たちの話は好きだが、
    主人公二人の話が。微妙だった、私には。

    や、今の私の状態がそう思わせているんだろうね、きっと。

  • 3
    塩の隕石によって人が徐々に塩化してしまう世界のSF恋愛小説。自衛官の秋庭と高校生真奈の人間・恋愛ドラマを描いた作品。世界が滅びるけど好きな人と最期を迎えるのと好きな人は失うけど世界が救えるのとどっちを取るかが命題らしい。小説ではどっちも取れたのでハッピーエンド。HEROの世界観。なかなか面白い。

全1609件中 1 - 25件を表示

塩の街 (角川文庫)に関連する談話室の質問

塩の街 (角川文庫)に関連するまとめ

塩の街 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

塩の街 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

塩の街 (角川文庫)の作品紹介

塩が世界を埋め尽くす塩害の時代。塩は着々と街を飲み込み、社会を崩壊させようとしていた。その崩壊寸前の東京で暮らす男と少女、秋庭と真奈。世界の片隅で生きる2人の前には、様々な人が現れ、消えていく。だが-「世界とか、救ってみたくない?」。ある日、そそのかすように囁く者が運命を連れてやってくる。『空の中』『海の底』と並ぶ3部作の第1作にして、有川浩のデビュー作!番外編も完全収録。

塩の街 (角川文庫)の単行本

ツイートする