クジラの彼 (角川文庫)

  • 15580人登録
  • 4.07評価
    • (1748)
    • (1983)
    • (1065)
    • (141)
    • (20)
  • 1264レビュー
著者 : 有川浩
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898046

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クジラの彼 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有川浩ならではの自衛隊もののラブコメ短編集。
    プロ意識と切ない思いがせめぎ合う展開~甘い満足感にひたれます。

    「クジラの彼」
    「海の底」の番外編。冬原の彼女の視点で、潜水艦乗りの恋人になるとめったにメールすら来ないという付き合い。
    時には辛くなるけど‥?

    「ロールアウト」
    航空設計士の女性が自衛隊機を見ての困惑と努力。
    経費節減のためトイレの場所をどう作るか?そんな悩みから出合うこともあるのです。

    「国防レンアイ」
    陸上自衛隊の女性隊員はなかなか恋愛に恵まれない。
    自衛隊仲間とは転勤で終わり、民間の男性には偏見を持たれ‥
    いや身近に良い男がいるんですよ。

    「有能な彼女」
    「海の底』の番外編。夏木の場合は?

    「脱柵エレジー」
    自衛隊では隊員が脱走することを脱柵と呼ぶんですね。恋人にせがまれて、自らも経験した人物が、新人を指導する立場に。

    「ファイターパイロットの君」
    「空の中」の番外編。
    パイロットの女性が結婚したが、その生活は‥?

    取材を生かして専門的な問題をさまざま取り入れた展開。
    男前な彼女達とがっつり組むお似合いの男達。
    持って行き方が上手いです☆

  • 一回、図書館で借りで読んでみました。
    その時は、単行本でしたが…。

    そして、表紙がとても綺麗なことが印象的で文庫本を買いました。

    クジラの彼も凄く好きですが、ロールアウト!が好きですね。
    内容が、トイレについての話だったので初めは驚きましたが読み返すにつれて「なるほど・・・」と考えさせられる点がいくつかありました。

    クジラの彼は、≪海の底≫の続きで、有能な彼女も海の底の夏木さんと望ちゃんの後の話です。
    そして、ファイターパイロットの君。この為に、買ったようなものです。
    親となった、≪空の中≫の高巳さんと光稀のその後ですね。

    先に、≪空の中≫ ≪海の底≫を読むことをお勧めします。


    単行本と文庫本の表紙が少し違って素敵だなあ・・・、と思いました。

  • 読みながらこっちがデレてしまうほどのラブロマンスな話なのに、彼女たちが(彼氏たちも)男前すぎです。
    かっこいい!
    それに、みんな胸はって国防して、恋愛して、ほんっと、羨ましくなってしまいます。
    『空の中』も『海の底』も、めちゃめちゃ非日常なのに、後日譚では当たり前に生活してて、そこがまた、なんともリアルで、はまってしまいました。

  •  「いい年した大人がベタ甘ラブロマ好きで何が悪い!」とは、俺の事?と思ったら、有川さんの言葉でした。
    まったくもって、有川さんには参る。恋愛物なんぞ、今さら読んでも・・・と思ってたオジサンの気持ちをあっり覆した自衛隊3部作や、図書館戦争シリーズ。俺、ベタ甘に飢えてんのか?(ココは突っ込まず、スルーして)
     自分の風体から、「有川さんのベタ甘、好きなんだよね」とは間違っても会社では言えませんが・・・

    国防ラブコメの短編集です。
    自衛隊3部作「空の中」のその後、
    高巳と光稀がどうなったのか!を描いた1編、「ファイターパイロットの君」

    同じく「海の底」のその後、
    夏木と望は?を描いた「有能な彼女」
    えっ、じゃあ冬原は?を描いた「クジラの彼」
    が収録されています。

    他3編も、どれも長編にして欲しいと思える国防ラブコメ短編です。
    「ロールアウト」とか、
    「国防レンアイ」とか、
    「脱柵エレジー」とか、
    特にいいですね。(全部だべ!)


    国防と言う「堅く厳しい環境」と恋愛の「緩く曖昧な感覚」のさじ加減が絶妙なんでしょうね。
    期待通りのおもしろさでした。
    (と感じていたら、文庫版の解説で同じような事が書かれていました。同じ感覚だったので、かなり嬉しい)

     さて、いよいよ有川さんの自衛隊物を読みつくしてしまった・・・と思った所、続編に当たる「ラブコメ今昔」が存在するらしい。
    http://booklog.jp/item/1/404100330X
    「国防ラブコメ」をもう少し味わうことが出来そうです。

    ウシシ!


    自衛隊3部作の第1部「塩の街」のレビューはココ
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4043898037

    第2部「空の中」のレビューはココ
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4043898010

    第3部「海の底」のレビューはココ
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4043898029

    3部作とは別な、「国防ラブコメ」最新刊の「空飛ぶ広報室」のレビューはココ
    http://booklog.jp/users/kickarm/archives/1/4344022173

  • 「図書館戦争」以来、有川浩系男子というものを知り、
    いい年齢だがラブコメ路線に興味が湧き、読んでみることに。

    「別冊図書館戦争Ⅰ」には適わないが、
    あれこれ名台詞の数々を確認。
    初期の自衛隊3部作との関連もあるようで、
    気が向いたらそちらも読んでみようかと思う。

    今まで食わず嫌いしていたらしいジャンルだったので、
    このタイミングで読めてよかった。

  • 長編作品の番外編、ということを知らずに読んでしまった、有川浩さんにハマるきっかけになった本です。
    恋愛小説はこれまであまり読んでこなかったのですが、有川さんの書く恋愛は、何と言うか、突き抜けてる感があって、読んでいてとても楽しいです♪
    出てくる女の人が、とにかくとっても魅力的!
    さばさばしているわけじゃないけど、変にウジウジしてなくて、女であることに甘えてない。
    そしてなにより、言う事がとっても可愛い♪
    私もこんな事言えたら・・・と、見習いたい部分がたくさんあります(笑)

    六つの短編の中で特に好きなのは、「クジラの彼」と「有能な彼女」。
    「クジラの彼」は、潜水艦の表現にこだわる冬原が、微笑ましくもあり格好良くもあり。二人の気持ちが高まっていく時の会話には、思わずニヤニヤしてしまいます♪
    「有能な彼女」は、夏木と望の喧嘩のシーンが、喧嘩なのになぜか笑えてしまいます。望の突っかかりどころやふてっぷりがすごく可愛いく(笑)、望に押されっぱなしの夏木さんのキャラも、個人的にとても好きです♪

    どのお話も、上手くいかない時や精神的にキツい時の描写がとてもリアルで、共感できる所がたくさんあります。
    辛くても、前を向いて頑張っていく彼女達は、本当に“男前”。
    私もこんな風に頑張りたい!と、読んだ後には
    すがすがしい気持ちになれる恋愛小説です。

    かなりオススメ!

  • 自衛隊三部作(関連してるのは、「海の底」、「空の中」)を読んでると物語に引き込まれます。
    ただ、オヤジが読むのには甘過ぎて恥ずかしい(照れくさい)かな。誰に見られてる訳ではないがコソコソ読みました(^^;
    読んで感動もするが。。やはり恥ずかしくもあり。。

  • ここまできゅんきゅん楽しく読める作家さんははじめてです。
    有川さんの作品は恋愛だけじゃなくて仕事に誇りを持って働いている登場人物たちがみんな素晴らしいと思う。
    有能な彼女とクジラの彼のリンクはまた好きです

  • 有川さんの恋愛小説は最高です。完全にリアルとかけ離れてると思うけど、そこが惹きつけるところ。女性も可愛らしいし男性は素敵すぎるし。表題作のクジラの彼とロールアウトが特に好きです。

  • 軽い中にも,自衛隊の「脱冊」や,
    潜水艦勤務のきつさなど,
    本人の家族などの関係もよく分かった。

    「空の中」「海の底」を先に読むか,
    「クジラの彼」を先に読むかは運に任せるとよい。

    万が一,
    「空の中」「海の底」が重いなと思えば
    「クジラの彼」を読めばいいし,
    「クジラの彼」が軽いなと思えば
    「空の中」「海の底」を読めば良い。

    どちらを先に読んでも,次の行動は、その人による。
    恋愛小説が苦手な人は,自衛隊小説として読めばいい。

全1264件中 1 - 10件を表示

クジラの彼 (角川文庫)に関連する談話室の質問

クジラの彼 (角川文庫)に関連するまとめ

クジラの彼 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

クジラの彼 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

クジラの彼 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

クジラの彼 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

クジラの彼 (角川文庫)の作品紹介

『元気ですか?浮上したら漁火がきれいだったので送ります』彼からの2ヶ月ぶりのメールはそれだけだった。聡子が出会った冬原は潜水艦乗り。いつ出かけてしまうか、いつ帰ってくるのかわからない。そんなクジラの彼とのレンアイには、いつも7つの海が横たわる…。表題作はじめ、『空の中』『海の底』の番外編も収録した、男前でかわいい彼女たちの6つの恋。有川浩がおくる制服ラブコメシリーズ第1弾。

クジラの彼 (角川文庫)の単行本

ツイートする