図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)

  • 21464人登録
  • 4.16評価
    • (3111)
    • (2410)
    • (1248)
    • (250)
    • (87)
  • 1999レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898053

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 2006年(平成18年)。
    『華氏451度』のような内容を期待して読んだのがそもそも間違いだったのだろうが、「言論の自由」以前に、主人公の非常識さにドン引きしてしまった。上司への無礼な態度、柔道の稽古中に背後からキック、仕事でミスして上司の前で泣く、新人の分際で割り振られた仕事にクレーム…。あまりのありえなさに愕然とした。大人のラノベを標榜している割には、主人公の精神年齢が低すぎると思う。

    テンションの高い雑な文体も苦手だが、それはラノベだから仕方ないと割り切った。しかし、郁の性格や文体には目をつぶっても、どうしても許容できなかったのは、主人公とその周辺=正義、敵対組織=悪、という単純すぎる構図だ。せっかく刺激的な設定なのだから、敵にそれなりの思想を持たせれば凄く面白い話になったと思うのだが、敵があまりにちゃちでおバカな悪党として設定されているので、抗争が激化すればするほど逆にしらけてしまうのだ。

    また、本を守るためとはいえ、文民が銃を用いて人を殺傷するということに、誰も葛藤を抱かないのも残念だ。これでは戦闘も、郁の本への思い入れも、恋愛を盛り上げるための道具にしか見えない。他の著作も読んで思ったのだが、「言論の自由」「身体障害」「致死性の病に侵された人の心理」など、本気で語るには正確な知識と細やかな配慮を必要とするデリケートなテーマを、恋愛を盛り上げる道具として安易に使ってしまう傾向が、著者にはあるようにみえる。

    思想的なことを書きたいなら、自分の意見だけを声高に主張するより、対立意見もぴしっと書いて読者に考えさせた方が、話に深みがでると思う。ベタ甘の恋愛を書きたいなら、思想的なことには言及せずコメディに徹した方が、大人のラノベとしては洗練されると思う。しかし、これだけ売れている所を見ると、私の感覚の方が圧倒的少数派なんだなぁ…。

  • スピードワゴンの糸田じゃないけど、
    この本、本当に、「あまーーーーーーーーーい!!」少女漫画でもいけるレベル。(実際に、少女マンガで連載されてますが。)

    初☆有川作品

    初めは、その本の設定を理解するのに時間がかかったが、ぐいぐいと引き込まれる。
    確かに、ライトノベルらしいなあ、と思ったが、有川さんのモットーは
    (・・・確か)大人が読めるライトノベル!だった気がする。
    そう言われると、納得できる。

    郁と堂上教官、その他の隊員さん、図書館を守ってくださりありがとうございます。

  • すっごいきゅんきゅんしました!!
    やっと全部揃ったから読み始めたのですが、
    もーうとにかくときめく!!
    堂上教官と笠原のやりとりににやにや。
    王子様の話題が出る度ににやにや。
    先を予想してしまって、1人盛り上がって
    先が読めなくなってしまったり...。
    でもまた先が気になって、恐る恐る手を伸ばす...
    その繰り返しでした。

    ジュエルボックスも素敵です。
    郁の寝言が堂上教官の心を揺さぶる...。
    堂上教官目線なので、いつもは予想するしかできない堂上教官の心情がよくわかって、胸がきゅっと締め付けられる感じがしました。

    早く続きも読みたいです!
    映画を観た方にも是非本を。
    観てない方にも是非本で読むことを
    おすすめしたいと思います。

  • 私は女性ならではの温かい作品が好きなのですが、有川浩さんの作品はストライクゾーンのど真ん中です。図書館戦争というタイトルからどういう内容か見当も付かなかったため、手が出せずにいましたが、いざ本を開いてみたらこれがおもしろいのなんの。内容はある法律から本を自由に読むことが出来なくなり、それに対抗するべく結成された図書隊のお話です。どのように本を守るのかと思いきや戦争だけに銃などの武器で実力行使です。いやー驚きましたね(笑)。隊員達の会話は非常に面白く、個性もしっかりと活かされていて楽しく読ませていただきました。これは続き読まなくちゃ!

  • 初めて読んだ有川浩作品。
    本好きにはたまらないです。

    まず図書館の自由に関する宣言、が
    すてき。かっこいい。

    「王子様」に憧れて図書隊に入った
    郁の無鉄砲さが読んでて笑ってしまう。笑
    誰よりも本を守りたいって気持ちは強いのに空回りばかりで、
    それをサポートする堂上や小牧、柴崎、手塚…みんな個性的で面白い。
    バカで空回りばかりだけど郁はかっこいいです。

    本が狩られる、なんて想像がつかないけどそんな国にならない、なんて保障はどこにもないわけで。
    自由に本が読める、というのは簡単なことじゃないんだなと思いました。

  • このシリーズ、別冊も含めてすべて読みました。
    激しい戦闘や策略の間に見え隠れする、登場人物の強さや可愛らしさがほんとうに素敵!
    そして、かっこいい!
    登場人物の言葉ひとつひとつが、自分の甘ったれていた部分に喝をいれてくれます。
    たまに法律とか軍事系の難しい表現もでてきますが、会話のテンポがよく、人物の気持ちも細かく描いてあるので、ストーリーにばっちり入り込めます。
    映画化になるのがけっこうショックなくらい(笑)、わたしはこの本の中の世界観が好き。

    ちなみに各シリーズの巻末にある、有川浩×児玉清さんの対談も、おもしろくて見ごたえアリです♪

    元気を出したいときには必ず手に取ってしまうこの本。
    おすすめです♪

  • SFとホラー中心のマイ本棚で一際異彩を放つ有川シリーズ。大好きです。著者全体に総じて言えることですが、大人のライトノベルと言ったところでしょうか。
    このシリーズでは、本がその内容如何で規制の対象になる世界で、読書の自由を守る人たちの活躍を描いています。
    しかし、設定があざとい。本好きでこのテーマに賛同しない方は少ないのではないでしょうか。読む本を規制される世の中なんざ考えるだけで嫌になります。その中で主人公が七転び八起きで頑張る姿は応援せざるを得ないでしょう。早速続きの4冊を買いに走ってしまいました。
    ちなみに、レビュー起草時点では、紀伊国屋書店様で特別編を収録した特装版が出ております。この特別編の破壊力たるや、油断して電車内で読んでいたらニヤニヤを抑える為に歯ァ食縛って読む羽目になりました。破壊力高めです。期間限定とのことなので、この機会に是非♪

  • 設定がけっこうぶっ飛んでいるから、その世界に自分が入るまでが大変だった。
    入ってからは楽しく読めた。
    ただ、郁の人間性がときどき好きじゃないわ。
    面白いから続編も読むけどさ…郁よ早く大人になっておくれ、おねいさん痛々しすぎるアンタの言動に限界を感じちゃうのよ…

  • 私の運命を変えたと言っても過言ではない本。この本に出会えたおかげで今の仕事に就けました。ハマりにハマった大好きなシリーズ。

  • 図書館と読書の自由を守るために、武力をもって規制委員会と戦うなんて発想からして(作者本人言うように)全くもってトンチキなストーリーですが、楽しいお話です。
    郁と堂上のキュンとした関係がこの先どうなるのか、続編を読まない訳にはいきません(*^^*)
    それにしても漢字が多い!アニメ化の際、声優さん泣かせだったとか(笑)

  • 映画化で話題に登っているので、読んでみようかなーーーくらいにしか思ってなかった。

    読まれてる本っていうのはやっぱり面白いんだね。
    ページをめくる手がとまらなかった。

    でも、読み物としておもしろい!ということの裏側で、
    思想統制とか、言論の自由とか、政治への無関心とか、人としてのあり方とか、自衛とはなんなのかとか、そんなことをけっこうがつんと考えさせられてしまった。

    そういうことを狙ったのかどうかは分からないし知らなくていいんだけど、そこがすごい、と思った。

    これ読んで、同世代が選挙とか行くようになったらいいなーと思ったり。
    ぶっとびすぎか。

  •  2019年、行き過ぎた検閲を進めるメディア良化委員会と検閲から図書を守る図書隊との戦いが繰り広げられる世界が舞台。図書隊員に憧れ図書特殊部隊に配属された笠原郁と上司の堂上教官との恋愛を横軸に描かれるアクションエンターテイメント小説。

      近未来の突出した法律が支配する世界が舞台なので、最初は戸惑いましたが、読み始めるとその世界の違和感など吹っ飛ぶほど、この図書館戦争の世界に浸かってしまいました。

     そこで描かれる訓練の日々と、笠原を取り巻く人間模様がまさにドラマチックに展開し、読み応えのあるページ数ですが、そんなことは関係なしに読み進めることができました。

     ときに笠原の不器用な乙女心にキュンとし、ときには堂上の無骨な優しさに男として憧れたり、アクションの爽快さを感じたりいろいろな楽しみを感じることができた作品でした。

     映画化されたのもうなずける魅力ある作品でした。

     今後の二人の関係と周りの人間たちの展開が楽しみです。

  • 凄くおもしろかった!

    メディア良化法を通して国が表現の自由を奪おうとし、それに反発する図書隊という構図が今の日本を風刺していてとてもリアルだった。

    なによりもキャラクターが本当にそれぞれ色濃く、主人公の笠原郁や堂上教官はもちろん、同僚の手塚や親友の柴崎なども細かく描かれていて、どの人物もみんな好きになれる。

    そして郁と堂上の関係が、同じ部隊の上司部下としての尊敬に胸打たれ、異性としての意識にはキュンとする意味で胸が打たれます(笑)

    他の人物の関係も見逃せないところがこの本のダイゴミ!

    ただの戦闘ものでも恋愛小説でもない、どちらにもジャンルわけできないところがすごく好きです。

  • 有川浩の物語の展開は「わかっちゃいるけど面白い」。モーレツンな純愛で、こんなのないだろ?って思うのに読んじゃう、笑っちゃうというところ。ハマった。

  • これはなぜか昔読もうと思って読めなかった1冊。でもある日友達に薦められて読んでみたらもうハマったハマった!!堂上教官がもう…!!かっこよすぎ!今までで1番恋した本の人ですね。内容も面白いしいくも純粋でかわいい。こんな女友達ほしいな~、美人ではないですが情報収集に関しては柴崎並みなのでこういう疎い子と仲良くなりたいかも笑
    お勧めで絶対に手放したくない1冊です

  • ヨーロッパ旅行のおともに成田で買った本。
    前々から読みたいと思っていて、予想通り面白くて、
    旅行中にも関わらず、ホテルでちょこちょこ読み切っちゃった^^

    設定の面白さと細かさがいい!
    書き方は小説ってこんなもんだったかな?結構まわりくどいんだけど、内容は面白いのでどんどん読んじゃう。
    今後の郁の成長と、王子様の正体への近づき方、恋の行方!?に注目です。
    もちろん、今後の図書館についても大注目!!!

  • 最初の衝撃は忘れられませんね。こんな小説あるんだ、と一気に惹きつけられました。
    キャラクターもユニークだし、ストーリーもただラブコメだけでなく考えさせられるものもあったり。第一、設定が素敵だと思いました。

  • 私が始めて出会った有川先生の作品で、最もインパクトの大きかった作品でもあります。タイトルに”戦争”などと書かれていたので、薦める友達に反抗して読むことを頑なに拒否していた時期がありました。ですが、気になってしょうがなかったため、結局読んだんです。
    読み始めたら早かった。先の展開が気になってどんどん物語に引き込まれました。
    検閲が普通になってしまった世界、その設定も然ることながら、キャラクターの魅力に引き込まれてしまう作品だと思います。好き嫌いがはっきりと分かれると思いますが、私にはドストライクでした。
    気持ちだけではどうにも出来ない、立ちはだかる現実というものはいつでも存在します。その現実に屈するか、立ち向かうか。
    勇気をたくさんもらった作品です。

  • 特殊な設定の説明のために最初はちょっとややこしくて読みづらいところもあるけど、読み進めていくと、口語調でどんどんテンポよく進んでいくのでその場にいるみたいで楽しかったです[*・ー・*]

    正義の矛先にとまどったり悩んだり学んだりしながら前に前に進んでいく郁ちゃんの姿が大好きです。今後の展開は見えつつもすごくすごく楽しみ♡

  • 2011年の一押しシリーズ。恋愛ものが好きな私を満足させた。
    快活で、ハッキリ物を言う郁が好き。
    普段は厳しいのに恋愛ではふにゃ面を見せてくれる堂上教官が堪らない。
    図書館シリーズ1~4までと、スピンオフまで全て良いです。

  • シリーズ第1巻、一気に読破、本好きにはたまらないですね、コレ。
    設定の奇抜さもさることながら、で、やはり会話のテンポが心地よい。

    そして、現実世界でもキナ臭い動きが出ていますが、、決して絵空事ではない、かと。

     - 本を焼く国ではいずれ人を焼く

    昔からある言葉ですが、あらためて実感しました。
    そして、好きな本を好きなように読める、今の自分の幸福も。

  • ガキが有川浩を数冊まとめ買いしてきて、貸してくれたうちの一冊。以前読んだことがあるけど再読していた。オイラは堂上や小牧、郁や手塚たちが羨ましくて好きだ。自分の仕事に対して大義名分があって努力を惜しまない。失敗もあるし凹むこともあるけど、止まっていないしいつまでもメソメソしていない。彼らはそんなことに時間をかけずに、また走り出す。ん、オイラは単にスポ根好きか?自分が通ってこなかったことに対するコンプレックスかな。でも、この歳で素直にそれが好きって言えるようになった自分のことが好きだから良しとしよう。

  • 「読みたいけど読みたくない」という感覚を教えてくれたのが図書館戦争シリーズでした。読み進めたい、ずっと読んでいたい、読み終わりたくない、という感じ。
    本の楽しさを教えてくれた大切な図書館戦争シリーズは、この1冊から始まっています。
    ただの恋愛小説でもなく、仕事小説でもなく、いろいろな要素のバランスが良くて、おもしろくて。図書館戦争シリーズを読んでいる頃は毎日 タスクフォースや周りのみんなのことを考えていたし、何時間も読んでいました。

  • しばらく読んですぐに「なんだか読んだことのある
    この感じ…。そうだ!新井素子さんの星へ行く船だ!」と
    思いあたり検索してみると、やはり有川浩さんも
    新井素子さんを意識されていたとのこと。

    細かい部分は平成のものですが、内容はコバルト文庫です。
    けなしている訳じゃありません。褒めてます。
    設定や世界観がきっちりと作られているし
    何より読みやすい文章で、すっと世界に入り込むことが
    できるので、わたしが学生だったらかなり
    のめり込んでいたと思います。

    ただ、いい年になった今ではキュンキュンとかは
    関係なく、おバカに描かれている郁が決しておバカ
    じゃなく、自分の立ち位置を冷静に考えている所や、
    それを素直に周りの人に表現している能力の高さに
    惚れました。
    登場人物すべてがキャラ立ちしているのも見事。

    ただやはり内容はスイートなので、胸焼けする人も
    いると思います。
    わたしは好きです。シリーズすべて読みたいと思いました。

  • シリーズすべて読みました。頑張って読みました。
    でも、こんなに肌にあわない小説はなかなかお目にかかれないなと。
    まず、文章が読みにくかったです。下手くそな同人作家が書いているのかと思った。その読みにくい文章でベッタベタの展開が繰り広げられるツラさよ…。

    そして、主人公がものすごく癇に障る。通常は「猪突猛進型で迷惑かけることも多いけど、素直でいい子なんです」で済むはずが、ひたすら不愉快な主人公だった。

    “図書館戦争”という設定は非常に興味深かっただけに残念。しかし、その興味深い設定も薄っぺらかった…。

全1999件中 1 - 25件を表示

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)に関連する談話室の質問

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)に関連するまとめ

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)の作品紹介

2019年(正化31年)。公序良俗を乱す表現を取り締まる『メディア良化法』が成立して30年。高校時代に出会った、図書隊員を名乗る"王子様"の姿を追い求め、行き過ぎた検閲から本を守るための組織・図書隊に入隊した、一人の女の子がいた。名は笠原郁。不器用ながらも、愚直に頑張るその情熱が認められ、エリート部隊・図書特殊部隊に配属されることになったが…!?番外編も収録した本と恋の極上エンタテインメント、スタート。

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)はこんな本です

図書館戦争 図書館戦争シリーズ (1) (角川文庫)の単行本

ツイートする