図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)

  • 15795人登録
  • 4.30評価
    • (2421)
    • (1966)
    • (696)
    • (64)
    • (16)
  • 1012レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年4月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (410ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898060

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 仕事に陰謀に救出に恋に(?)郁ちゃん大忙し!

    美人ゆえに苦労も心労も多く、誰にも心を開かず
    うまく立ち回ることを覚えるしかなかった柴崎。

    そんな心を気取られまいとしてきた彼女が
    言葉の裏のない郁ちゃんに出会って、
    大好きと心の中でしっかりと思えてほんとによかった。

    内乱の内容は違えども今の日本に多々ある
    問題と重なる部分も多い倫理観や正義感の問題。

    "正しい未来のために自分の自由を捨てられる人は
    崇高だと思うし尊敬する。
    でも、それができない人を貶めるのは違う"

    それがいかに正しい"正義"の正論であろうとも、
    自分の尺度の正義を振りかざして
    人に押し付け、傷つけ、そうできない人の上に
    立ったかのように、粗暴な言葉で断罪する人を
    たくさん見て心の痛む近年。

    すべての事柄はいつだって多面的で、
    思考の隔たりや、自分が正しいと思いすぎることは
    とても危険だし、自分との相違を切り捨てることや
    許容や柔らかさ、思いやりのないところに
    正義も優しさも育つことができず、誰も救えない。

    すべての人の意見がまぁるく収まる方法はないけれど、
    みんなが笑っていてられることが
    すべての事柄に通じる幸せだからこそ、
    意見の相違がある時こそ、相手を慮って
    歩み寄り、最良の道を探していける世界になるといいな。

    そして娘を案じながらも、信頼し、
    黙って堂上に想いを託していった父。
    静かに受け取った想いを受容するシーンが素敵だった。

    恋もいっぱいの2巻。
    憧れから恋へと変わる小牧さんと毬江ちゃんの恋。
    他人の恋には気づけども、肝心の郁ちゃんは相変わらず…。
    でも、次巻はエーーー!な進展が楽しみ♡

  • 再読。それぞれのキャラがいいなぁ。前読んだときは軍隊っぽさがちょっと読み辛い気したけど、今は逆にそれがこの作品らしくていい。文庫化もされたことやし、シリーズで買おう。

  • 図書館戦争シリーズ2作目。
    楽しみに取ってありました。
    間が開きすぎて、設定を忘れていたけど‥
    戦争というと剣呑だけど~本をきびしく検閲しようとする一派(メディア良化委員会)に対し、本を読む自由を守ろうとするのが、図書隊。

    笠原郁は、一等図書士として関東図書隊に入隊。
    戦闘職種である図書特殊部隊の配属だということを、保守的な両親には隠している。
    その両親が突然、見学に来るという‥
    みなに協力を頼んで、事務職のふりをすることに。
    心配性で子離れできない母親が重い郁。
    堂上に接する父のほうは、どうやら色々察して、挨拶に来たよう。なるほどね。

    小牧の家の近所に住む中澤毬江という高校生が登場。
    聴覚障害がある毬江に対して、10歳上の小牧は兄のように何かと親切にしていて、毬江は薦められた本を借りに図書館によく来ていた。
    ところが、そのことが誤解を受け、良化特務機関に小牧が連行されてしまう。
    4日帰らない小牧を案じて、郁と同期の手塚は、疎遠な兄を頼る‥

    郁と同室の柴崎麻子は、郁とは対照的な要領のいい美人で、頭は切れるが、意外に恋愛には恵まれていない。
    図書館利用者の男性・朝比奈にランチを誘われ、思惑のある周りに盛り上げられて、行ったほうが面倒がないと、応じることにするが‥?

    主要キャラが少しずつ掘り下げられていき、事件の展開と絡み合って、恋愛模様も。
    郁があこがれの王子様の正体に気づくまで。

    甘々な展開でキュンキュン~気恥ずかしいぐらい。
    その背景には骨のあるストーリーがあり、その上なぜか皆、口が悪いのよね~。
    その絡み具合がうまくて、読んでいると~なんだか元気が出てきます!

  • この本の男性陣はホントに…。
    10歳差を受け入れる小牧と、5歳差が壁になる堂上。
    対比が面白い。笑

    郁の両親の話は、あんまり他人事じゃないような気がして
    続きが気になるところ。

  • とてもおもしろかったです。
    郁が、かっこいいです。

  • 小牧さん~!まりえちゃんのことになると冷静になれなくなってしまう、そんな小牧さんがかわいくみえます。どんだけ好きなんだー!
    もう子供に見えないからこまってるよ、は映像化された田中圭くんの小牧さんが頭の中にうかんでしまうー!きゅんきゅん。

    砂川事件の査問のシーンはひやひやでした。でも査問後の録音されたベタ甘会話は爆笑。
    まだお互い認めてないけど、シリアスな場面のこういうちょいちょいベタ甘がきゅんきゅんですよね。

    そして手塚兄!兄との対面の会話はまどわされず、郁の心情がすごくはっきりしててやっぱり郁は芯のある子なんだぁって改めて感じました。わかってはいたけど、はっきり言う姿勢にホッとしたし感心。

    王子様の正体。やっとわかるけど、これは恥ずかしいわ笑

  • 図書館戦争シリーズ第2弾。
    読めば読むほど、郁や堂上をはじめ、主要人物が好きになる。
    久々に入り込めるお気に入りの小説シリーズに出会った。

  • 面白かったですね~。なんか登場人物みんな好きになってしまいそうで。。 クールな感じだった手塚が少しずつ、打ち解けていく感じがみていてうれしくなるような。読後も爽快。続編も読みます。

  • この『図書館内乱』を読むまで私は聾者と中途失聴者、難聴者の区別を知らなかった。
    『図書館戦争』シリーズはいまの社会に対する問題提議をしているって読む度に思います。

  • 私には甘過ぎるなぁと思いつつも、郁と堂上のやりとりにうっかりにやけてしまうので、もう外では読めない。

全1012件中 1 - 10件を表示

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)の作品紹介

図書隊の中でも最も危険な任務を負う防衛隊員として、日々訓練に励む郁は、中澤毬江という耳の不自由な女の子と出会う。毬江は小さいころから面倒を見てもらっていた図書隊の教官・小牧に、密かな想いを寄せていた。そんな時、検閲機関である良化隊が、郁が勤務する図書館を襲撃、いわれのない罪で小牧を連行していく-かくして郁と図書隊の小牧奪還作戦が発動した!?書き下ろしも収録の本と恋のエンタテインメント第2弾。

図書館内乱 図書館戦争シリーズ (2) (角川文庫)の単行本

ツイートする