図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)

  • 14353人登録
  • 4.47評価
    • (2721)
    • (1435)
    • (424)
    • (51)
    • (11)
  • 982レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (385ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898084

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 有川さん、天才。

    ニヤニヤしてしまうので、全巻とも家族に隠れて深夜に読んでました。(笑)

    堂上、小牧、手塚、誰がタイプか?なんて話し合える相手が欲しくなりました。

    もちろんストーリーがあってこそのニヤニヤです。
    最初のほうが理解に難しい文章が多かったのですが、そこを理解仕切ってからの展開がハラハラ、ドキドキ、ニヤニヤ。

    一度、有川さんと恋バナしたいなぁー…
    なんて変なこと考えてしまいました。

    最高。

  • シリーズ通して、社会への無関心が結果的に自分の首を絞めることになるのだと強く感じさせられました。少しずつ国民の意識が変わってきて良かったです。良かったといえば火器の使用禁止も。検閲との戦いは続くけど、誰かが血を流したり命を落としたり、そんなことが二度と繰り返されませんように。
    それから、手に汗握る逃走劇。大嵐という設定も緊張を煽り、ハラハラして凄く面白かったです。

    最後に堂郁!どのシーンも好きすぎる~!でもでも、病室でぷんぷんしてる堂上教官が可愛くて一番好きかな(笑)
    早く別冊読まなきゃ。

  • 守りたいものへのそれぞれの方法、思想、立場、
    善意、悪意、願い。

    根底がいくら善意に基づくものだからといって
    正義の天秤を自分の感情で推し量ることで
    悲しい相違や犠牲が生まれる残酷な現実。

    とうとう本編としては終わってしまって寂しい。
    図書隊として過ごした時間は苦しかったけど
    ほんっとにいい人がいっぱいで楽しかった!!!

    柴崎じゃないけれど、郁ちゃんの成長に
    「這えば立て、立てば歩めの親心」
    でも、成長したらしたで寂しいー![笑]

    過酷で重い現実と戦いながらも、
    恋も友情も、ほのぼのとあったかく
    深く繋がったみんなの関係がすごく心地よかった♡
    別冊はもっと甘いのかな?楽しみ~♡

  • 小説家の当麻先生を良化委員会から護衛せよ、という任務戦。
    図書館戦争シリーズは恋愛要素より、法律解釈や司法対決とかが楽しみなおれ。今回は遂に最高裁判決も出て面白かった。是非とも最高裁には違憲の反対意見が出てほしかったところ。良化委員会に有利な情勢が不利になっていくのは圧巻!
    当麻先生カッコ良いね。「大丈夫ですよ」とか言わないところがいい。

    今回注目すべきは郁に傘を差し出す優しい良化隊員が出てきたところだね。これまで良化隊員は皆頭おかしいみたいな描写だったから。でも、良化委員会側の正当な主張に触れないのはやはりフェアじゃない。後書きみるとわざとみたいだけど…

    ってか付き合うって結婚かよ!!笑

  • 図書館シリーズ4冊目
    郁の護衛シーンからは、一気読み!
    1冊の中で、感動したりドキドキハラハラしたり
    郁の世界にどっぷりはまれました。
    キャラがイキイキとして人間性も魅力的

    ベタ甘、大好きなので別冊も読みます!

  • シリーズ第4弾にして、本編最終巻。
    主題は”表現の自由”、になるのでしょうか。

    本編はクライマックスの連続ですので詳細は省きますが、
    やはり”情報”ってのは受け手がリテラシーを持って処理できなくてはまずいと、そう思います。

    そして、現実世界でもアレな連中が10年近くもしぶとく絡んでる”人権擁護法案”が、
    決してフィクションにおさまらない危機感を、喚起させてくれました。

    少なくとも、ブラックボックスのまま進ませてはまずいですねぇ。。

    個人的には、巻末の児玉清さんの対談が、嬉しくもあり哀しくもありました。
    そうそう、稲嶺さんのモデルが児玉さんってのは、凄くイメージがあってますね。

    車椅子の仕込みは笑わせてもらいましたけど、、実写でも見たかった!
    あ、後は”可愛い酔っ払い”の後日談が気になりますねぇ。。

  • 図書館戦争シリーズの最終巻(別冊は除く)。
    「作家にとって一番大事な作業は、膨大に調べて膨大に捨てる、ということ」「私の場合は調べたことの9割は捨てています」と語る著者に選び抜かれた言葉によって綴られた物語。
    図書隊の英知と情熱の行動の結実が少しずつだか歴史を動かしていくことになる。

  • 感動しました。

  • 映画LAST MISSIONを見終えて即、シリーズ文庫を全巻大人買いしてしまいました。
    どうしても、物語の続きが。そして実写化された原作そのものを読んでみたいと思ってしまったのです。
    シリーズ完結のこの革命に4冊分の感想を。
    まず、驚いたのが想像以上に原作と実写映画の設定や内容が一致していたこと。(勿論、原作のほうがより細やかではありますが)
    そして、登場人物が実写の俳優さんのイメージと違和感なく、実写から入った私は、最後まで実写化俳優陣で脳内変換して、物語を楽しみました(笑)
    実際に図書館に掲げられている『図書館の自由に関する宣言』
    これを見つけたこともそうですが、これを読んでこんな物語思いついてしまうことに、ただただ才能を感じずにはいられません。
    ぶっ飛んだ設定だし、ありえないだろ〜と冷静に突っ込んでしまえばそれまでなのかもしれないですが、世の中の殆どの物語が、冷静に考えればありえないものであり、だからこそ小説として、物語として、成立しているのだと思う。

  • 図書館で予約して借りたところ、シリーズ4巻目からになってしまった・・・。
    1~3巻飛び越えての4巻目だったが、楽しめた。アクションあり、恋愛あり、思想あり、のお話し。
    言論統制しようとする良化委員会と表現の自由を守ろうとする図書隊との戦い。
    本作中で良化委員会より狙われた作家・当麻蔵人の言葉
    「悪意より善意のほうが恐ろしい事があります。悪意を持っている人は何かを損なう意志を明確に自覚している。しかし一部の『善意の人々』は自分が何かを損なう可能性を自覚していない」
    自分も、善意のつもりで、自覚せず何かを損なっているのでは・・・とドキッとした。

全982件中 1 - 10件を表示

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)のその他の作品

図書館革命 単行本 図書館革命 有川浩

有川浩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)に関連する談話室の質問

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

図書館革命 図書館戦争シリーズ (4) (角川文庫)の作品紹介

原発テロが発生した。それを受け、著作の内容がテロに酷似しているとされた人気作家・当麻蔵人に、身柄確保をもくろむ良化隊の影が迫る。当麻を護るため、様々な策が講じられるが状況は悪化。郁たち図書隊は一発逆転の秘策を打つことに。しかし、その最中に堂上は重傷を負ってしまう。動謡する郁。そんな彼女に、堂上は任務の遂行を託すのだった-「お前はやれる」。表現の自由、そして恋の結末は!?感動の本編最終巻。

ツイートする