別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)

  • 13283人登録
  • 4.30評価
    • (2078)
    • (1348)
    • (652)
    • (82)
    • (8)
  • 896レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年7月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898091

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)の感想・レビュー・書評

  • 再読!

    何回読んでもニヤニヤしちゃう!

    堂上ラブな私としては、本編ではあまり見れない郁に翻弄される堂上が堪能出来て、ニヤニヤ。更に甘くてニヤニヤ。

    やられる〜!

    二十六歳純粋培養純情乙女・茨城県産!手強い!

    もう本編とはまったく別物。少女漫画です。
    しかし事に至るシーンなんかは色気もクソもなく、やっぱり堂上と郁だなとか思ったり。

    もっと!もっと!!甘くてもいいですよ、あたしとしては!!

  • 今までの本編は、きゅ~っとすることはあっても
    甘々と印象というよりはもっと甘さがほしい
    とすら思っていて、みんなの感想を読むほどに、
    私は糖度への耐性が相当なのか…と
    不安にすらなりましたが;;

    今回はそんな私でも甘々メロメロにさせてもらいました♡
    甘いです! 幸せです!w

    そして盛大に吹き出すシーン満載なので、
    公共の場で読まれないことをおすすめします。
    思う存分幸せにニヤニヤするためにも♡

    かわいい2人の手が生涯幸せに繋がれていますように♡

  • 郁と堂上さんの結婚までのエピソード。
    これも、甘い!!

  • 私も前世はクワガタなので(たぶん)この甘さ全然オッケーです。だけど、本編のもどかしさがあってこそ甘さがきわだつような。心配したい、甘やかしたい、大事にしたいって気持ちを必死で抑えて、上司のラインを越えないようにしてた堂上教官、なんて我慢強い人なんだ!リミッター解除した堂上教官はまるで別人です。無理、無茶、無法は男子の特権、女子は心配して待ってるだけ、そんな話ばっかりじゃつまらない。女の子だって好きな人をいっぱいハラハラさせてもいいんだ!って爽快な気分になれました。

  • ベタ甘です!
    本編4部作のラスト<革命>で、
    戦いの後いきなり数年後にワープした形で
    エピローグが語られていました。
    ちょっと待ってぇ~その間の、堂上と郁の話が知りたいんですけど~!!
    という、終わり方でしたが、
    ここで見事にその願いを叶えていただけました。
    この、ふたりの甘々なお話です。
    本編ほど大きな事件はありませんが、
    日常の中の図書館での小さな事件と共に
    この二人を中心とした登場人物たちの事件が描かれていて、
    とてもよかったです。

    読みながら、思わずニヤけてしまうようなシーンも満載です(笑)
    もう、すっかり大人になってしまった私ですが、もし10代の頃に、
    こんな作品に出逢っていたら、
    「自分を本当に大切に愛してくれる人をみつけたい」
    って、思っただろうな。

    それにしても、気になるのは柴崎と手塚の恋の行方です。
    私的には、柴崎の恋に対する不器用さって、
    ちょっと自分と重なるところがあって
    もちろん、彼女みたいに美人でも聡明でもないけれど。
    お互い好きなのバレバレなのに、なかなかくっつかない二人。
    別冊Ⅱでは、進展があるのだろうか?期待しちゃう。

    でもって、やっぱり私、小牧さんが好きだぁーーー
    ラストにあるショートストーリー「マイ・レディ」素敵☆
    いつもクールなのに、好きな子に対してだけ
    熱くなったり乱されたりしちゃう。
    そんな、小牧さんって魅力的。

  • 気持ちが通じたらめでたしめでたしじゃあないんだなって話。
    本編のエピローグでいきなり数年後に飛んでびっくりしちゃったけど、別冊はそれを補完するように気持ちが通じたあとの堂上教官と郁ちゃんの2人の恋愛模様を中心に描かれてて嬉しかった。
    嬉しかったんだけど…なんだこの悶えるような甘さは!ベタ甘!好きですこういうの!
    ちょっとひと悶着もふた悶着もありつつ、純愛ベタ甘のストーリーで、きゅんきゅんしまくった。
    別冊の意味がよーくわかった。
    本編よりも恋愛メインで色が違う。
    本編が淡いピンクなら、別冊は濃厚なピンク。
    決して人が居るところで読んじゃダメ。
    ニヤニヤときゅんきゅんによる身悶え必至。
    ここまでに4冊分のじれったさがあった分、喜びもひとしおというかなんというか感情移入具合も余計に嵩増しされた気が。
    相変わらず読みやすい文章だからのめり込んじゃったし。
    あと細かいとこだけど「食いくさし」って手塚が言ったのにちょっと違和感かなあ。
    私も「食べくさし」とか言うけど、これ方言のような…。

    相変わらずカモミールがいい仕事してた。

    あと1冊で終わっちゃうかあ。寂しい。けど早く読みたい!

  • 幸せで、何か文句があるかよ、という感じの甘さ。
    郁と堂上の結婚するまでが描かれています。

    二人の仲が進展していく様子も無理がなくて
    そのくせ嘘っぽさがないので、読んでいても
    微笑ましいです。

    自然に上手くいく恋って、こうだよなあという感じ。

    堂上の照れっぷりが可愛いですね。
    お幸せに!

  • 革命であっさり飛ばされた、2人がくっついてから、結婚するまでの話。
    帯に、甘すぎ注意的なのが巻かれたという噂通り、本当にベタ甘で、でも読んでて嬉しい一冊。
    教官の、他の奴らがやってることを俺たちがやってなんで悪い、っていう開き直りシーンとか、虐待されてた子供の事で傷つく郁ちゃんに、今はお前が最優先だっていうシーンとか、ファンにはもう、萌え萌えです!

  • 前評判から相当甘いであろうという覚悟を持って読み始めましたが、想定以上の甘々ぶりには早々に敗北宣言。女性からすると身悶えするほど楽しくて堪らないのかもしれませんが、男目線からするとこれ以上は堂上教官の名誉のために二人きりの時の言動まではそっとしておいてあげてくれないかと懇願したくなるような心境になりました。まさに手塚目線。でも、それらを含めて楽しく読めてしまうのが、このシリーズのいい所なんでしょうね。それに、ただ甘いだけじゃなくて児童虐待などの社会問題を入れてくるあたりは流石です。二人に幸あれ。

  • 読み終わった!
    こりゃおもしろい!

    最近めったに恋愛ものときめかないんだけど
    こりゃヤバいわ笑


    続き読む!!!!教官♡ぎゃー!!!

  • 大好きな堂郁の恋人期間(o^^o) むっつり堂上と純粋乙女郁ちゃんの絡みがたまんなかった\(//∇//)\
    ジレジレするところも。。。 考えるだけで頬が緩みます。
    別冊も何度も読んでも何度読んでも足りないぐらいサイコーです!

  • 図書館戦争シリーズの別冊ということで
    帯にも書いてありましたが恋愛要素いっぱいで
    本当にお腹いっぱいです(笑)

    図書館戦争のキャラクターの中では堂上教官と郁が好きなので
    わたし的には満足です

  • 俺はムツゴロウさんか?!に大ウケ(^^)

  • これは…ベタ甘だった(*^.^*)
    私も郁と堂上みたいな幸せな生活をしたいと思う!
    堂上かっこいい?

  • あまーい!シリーズ中最も甘い。ニヤニヤとまりません。

  • 堂上と郁のじれったいほどの恋愛の模様が中心に書かれていて上官と部下としてデコボコの会話や
    彼氏と彼女の甘々の会話が入り混じってつい吹き出してしまいそうなったり
    言葉の行き違いで喧嘩になった二人にたいして仲間や上司たちの心配もなんかいいなぁと思えてしまう
    良化機関との戦争というのはないが図書館内での事件も織り込まれていて読みごたえもある

  • 悶絶〜!胸をかきむしりたくなるほど恥ずかしくて痒くてキュンキュンきて、久々に興奮して寝付けなかった♡ポイントがあちこちにあって、もう悶絶。これ、買って舐めるように読み返したい♡あー、もっかい読も♡

  • いやぁ。。。。ラブラブがひどいww
    基本的には本編の最後 事件の後から結婚生活の間の堂上と笠原のバカっプルぶりがテーマというか。
    読者的には笠原の一方的などきどきを今まで見てきた中で、今回堂上がいきなりのようにラブラブを隠すことがないのである意味新鮮というか。
    しかし相変わらず有川さんは読ませるのがうまいというか、もう読んでいる途中でページをめくる手が止まらないというか。
    電車移動中の読書時間しかない自分にはちょっとつらいくらいでした(笑)続き読みたくて何度駅のホームで立ち読みしたかw
    面白いです。

  • 図書館戦争シリーズの別冊その1!
    本編の話をベースとしたその他エピソード話です。

    本編読後に
    「えぇ!結婚までいきなり行っちゃうんだっ!
    キライじゃないけど、この展開…。
    でも郁と堂上の付き合っている期間の話を見たかったーーーっ!」
    と思っていたら実はあったんですね(笑)
    えぇ、思いっきり楽しませて頂きましたよ、ベタ甘!
    甘いっ∑(-∀-ノ)ノ甘すぎるよ~~~~(笑)
    でも「キライじゃない」(笑)
    しょっぱい毎日を過ごしていると、
    小説の中ではちょっと甘めがちょうど良いのです。

    しかし、堂上は郁ちゃんに甘すぎるぞ~(笑)
    こんなに優しい彼氏…、マジ王子様じゃないか!
    あぁ、うらやましいエピソード満載。
    お正月に彼氏の実家へ訪問、イイよねぇ!
    二人の写真が欲しい…イイよねぇ!!
    暗闇での濃厚ちゅーーーー…イイよねぇ!!
    初めてのお泊りで逃亡未遂…イイよねぇ!!!
    ロジック的なプロポーズ…イイよねぇぇぇ!!!!

    図書館戦争は登場人物がちゃんと生きている。
    有川浩さんの他の作品も楽しみ。
    読もうっ。

  • ごめんなさい。白状します。
    私はこの図書館戦争シリーズ、郁と堂上教官の甘々にしか興味がなかったことを…!
    この別冊に出会い、確信しました。
    今まで4巻焦らしに焦らされていたなあ、という気分です。
    ★5つだけど、気分は♡5つ!

  • あ ま い ・ ・ ・ ! !

    甘いよーベタ甘だよーーーー!!
    恥ずかしくて何度も吹いた。
    けしからんもっとやれ。

    巻末で有川先生も触れてますが、検閲をめぐる図書館と良化委員会の抗争は控え目で、メインになるのは登場人物の恋愛模様です。
    堂上教官が素敵すぎて胸が苦しい。
    郁みたいに大事にされたいよーーー頭ぽんぽんされたい優しくされたい名前で呼ばれたいごろごろごろ。
    どうしたらこんな素敵な男性と出会えるのだろう、と真剣に考える今日この頃。
    次元の壁を超えたくなるわ。

  • 図書館戦争シリーズの外伝。
    図書館革命後の図書隊の日常と、郁と堂上の甘い恋愛話が書かれている。
    ベタ甘なので、好き嫌いは分かれるかも。

    同じ筆者の著書で「植物図鑑」がベタ甘の恋愛小説らしい。

  • これは 甘い怒甘い

    37歳家庭を持っている男性には面辛い
    だがキュンキュンしてしまうのも事実だな

  • きゃー 恥ずかしい(>_<)

  • もうひたすら甘い!
    有川さんらしさ全開って感じ。

    相変わらず純粋培養な郁ちゃんと、言葉足らずだけどすごく優しい堂上教官が可愛くて思わずにやにや。


    疲れきってる時とか、胸きゅんしたい!って時は時に良いかも。

全896件中 1 - 25件を表示

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)に関連する談話室の質問

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)に関連するまとめ

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)を本棚に登録しているひと

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)を本棚に「積読」で登録しているひと

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)の作品紹介

晴れて彼氏彼女の関係となった堂上と郁。しかし、その不器用さと経験値の低さが邪魔をして、キスから先になかなか進めない。あぁ、純粋培養純情乙女・茨城県産26歳、図書隊員笠原郁の迷える恋はどこへ行く-!?恋する男女のもどかしい距離感、そして、次々と勃発する、複雑な事情を秘めた事件の数々。「図書館革命」後の図書隊の日常を、爽やかに、あまーく描く、恋愛成分全開のシリーズ番外編第1弾。本日も、ベタ甘警報発令中。

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)はこんな本です

別冊図書館戦争 1―図書館戦争シリーズ(5) (角川文庫 あ)の単行本

ツイートする