別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)

  • 12553人登録
  • 4.34評価
    • (1982)
    • (1293)
    • (532)
    • (60)
    • (7)
  • 833レビュー
著者 : 有川浩
制作 : 徒花 スクモ 
  • KADOKAWA/角川書店 (2011年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043898107

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • タイムマシンがあったらいつに戻りたい?

    ①もしもタイムマシンがあったら
     緒方と進藤の出会いと良化隊員から図書館隊へ
    ②昔の話を聞かせて
     堂上と小牧の若いころ
    ③背中あわせの二人
     柴崎と手塚が一緒になるまで(3話連続)
    おまけ 玄田の結婚について

  • これでシリーズ完結。

    初見でした。本編の方は、良化法との闘いメインで描かれていたので、登場人物それぞれの背景はあまり描かれていませんでしたが、こちらでは、検閲執行に火器使用の制限がかかったこともあるのか、登場人物の人となりが描かれています。

    柴崎と手塚の話も面白いですが、緒形副隊長の話が印象的だったかな。゛いい話”ですね。

    闘い済んで、みんな幸せになっていくと。

  • シリーズ2作目だと間違えてしまって、ずっと以前に購入。
    本編を全部読み終わったので、こちらも読んでみた。

    個人的には、読後感がよくなかった。
    柴崎さんのストーカー事件の話のことだ。

    女の敵は女、という構図になっちゃったのが嫌なのか?と思っていたけど…。
    まじめなだけが取り柄で、容貌も能力も平凡な水島さんという人に、まったく救いがないから、だと思う。
    もちろん、だからといって彼女のしたことを擁護するつもりはないが。
    エンタメ小説なら、悪役はもっと魅力的でもいい。
    平凡な人が非凡な人に憧れて、それゆえに狂っていくのは見ていてただただ痛々しい。

  • B913.6-アリ-6 300178084

  •  著者自身は、いくら何でも脳筋体育会系とは思えない(本作でも、特に後半になるにつれ徹底的な調査の痕が見受けられる)から、自己投影が麻子、憧れが郁ということになるのだろうか。やっぱり違うのだろうか。

     ともあれ、大ラスはあまり後味のイイ作品ではなかった。
     もちろん、程度の差はあれ、本巻で描かれる女の嫉妬と、その嫉妬に塗れた愚昧な行動というのは、現実にもあるのだろう。このあたりのリアリズムが女流さんの凄みでもある。
     そして、女性の嫉妬の極北をラストに持ってきたのは何か意図があるか、それとも偶然?。

     なるほど、麻子は勝気で通してきた女性ではある。一方、男性への臆病さも併せ持ち、勝気さと臆病さとの乖離の幅は極端に大きい女性ともいえる。
     そのガチガチに固められた表層を突き崩すのが、恐怖におののく姿というのは、余りにテンプレではなかろうか。あの彼女が素直になるシチュエーションとして選ばれたものとしては、やむを得なかったかもしれないけれど…。

  • ほんとの最終巻(笑)。柴崎ストーカー事件はもう、息をするのも忘れそうになるほど(死んじゃうよ)で、いや有川さんだから柴崎大丈夫だよね?と泣きそうになった。手塚〜でかしたよ。柴崎も今度こそ間違えないで良かった( ;∀;) 私はね。冗談でも頭を打つ人は嫌いなの。だから堂上には最後まで寄り添えなかったわ。面白かった!

  • 2016/11/13
    緒方の話がよかった。
    玄田さんがすごく好きなのでもっと書いて欲しかった。
    みんな幸せになりましたっていう同人のような後日談を作者自らの手で書くというなんとも珍しい贅沢な本。
    ありがたいけど蛇足な感も否めない。と思ったのは私が年を取ったせいでしょうか?

  • 無条件でこの世界観を楽しめることがとても有難く思った。

  • シリーズ最終巻。何度も繰り返し読みたいと思えるいい作品です。

  • 図書館の自由に関する宣言
    一、図書館は資料収集の自由を有する。
    二、図書館は資料提供の自由を有する。
    三、図書館は利用者の秘密を守る。
    四、図書館はすべての不当な検閲に反対する。
    図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。
    このたった五つの宣言を目にした著者の手から生み出された全六巻の終章。
    完璧でないことに完璧である著者の本への、言葉への、エンターテインメントへの愛情の塊に圧倒される。

  • 最後までキュンキュン度MAX!
    脇役のその後が中心に描かれてます。
    「ウエディング・ハピネス」がついてるので文庫版がおすすめです。

  • 自分の歪みが歪んだ者を呼んでいるのではないか。

  • 2016.6 市立図書館

    やはりおもしろい!
    文庫版は、巻末おまけのショートストーリーが付いていて得した気分。

  • 手塚と柴崎がこちらもようやっと一緒になったか、という感じですね。それにしても手塚兄は本当に光くんが好きですよねぇ。(笑)

  • 本編のエピローグ後を描きつつ、回想で出演者の過去を描かれている。
    最後のエピソードで涙が止まらなくなった。
    あの二人が幸せになってよかったわ。

  • 柴崎と手塚、結ばれてよかったですネ!柴崎のウェディングドレス選びのシーンが笑えた!

  • 再読。やっぱりこの世界観好きだわー!

  • さらにかゆいっ(笑)

  • ようやくシリーズ完読。終わってしまうのがもったいなく感じる。

  • シリーズ中、最後のこの本が一番良かったです。前作までの甘々のお口直しに、甘さだけでなく酸味や苦味、いろいろなテイストを味わってすっきり終了という感じ。やっぱりハッピーエンドで大団円がいいですね。星は5つあげたいところですが、最後のオチ(犯人)が最初からわかってしまったので星1つ減。
    世の中の女子の恋愛のツボを刺激するのは前作までの5冊のほうで、この本はそういうのを期待する人には物足りないかもしれません。干物女には前の5冊がおすすめ。

  • 手塚×柴崎が好きな人にはたまらない一冊。

  • こちらもおもしろかった。
    ちょっとリアルすぎるところもあったけど。

  • 続きでないかな…

全833件中 1 - 25件を表示

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)に関連する談話室の質問

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)に関連するまとめ

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)を本棚に登録しているひと

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)の作品紹介

"タイムマシンがあったらいつに戻りたい?"という話題で盛り上がる休憩中の堂上班。黙々と仕事をしている副隊長の緒形に、郁が無邪気に訊くと、緒形は手を休め、遠くを見つめるように静かに答えた-「…大学の頃、かな」。未来が真っ白だった無垢な時代。年をとるごとに鮮やかさを増す、愛しき日々。平凡な大学生であった緒形は、なぜ本を守る図書隊員となったのか!?過去と未来の恋を鮮やかに描く、シリーズ番外編第2弾。

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)はこんな本です

別冊図書館戦争II (図書館戦争シリーズ 6) (角川文庫)の単行本

ツイートする