ホルモー六景 (角川文庫)

  • 3361人登録
  • 3.85評価
    • (325)
    • (519)
    • (382)
    • (59)
    • (5)
  • 388レビュー
著者 : 万城目学
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043939022

ホルモー六景 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「鴨川ホルモー」のスピンオフ作品。本編に脇役として登場した人物や、はたまた「ホルモー」をかつて経験した人たちのエピソードを絡めた6作品。

    「鴨川ホルモー」のスピンオフということで、愛すべきキャラクターたちにまた会えたという喜びに加えて、元々、史実や実在する場所などを織り込んで作られたフィクションが大好きなので、この短編集はツボにはまった。

    どれも良かったけれど、楠木の知られざるデート秘話「ローマ風の休日」と、本編「鴨川ホルモー」の巻末であっさり高村と付き合い始めていた細川嬢のエピソード「長持の恋」の二つが特に好きだった。
    「鴨川ホルモー」を読みながら「なんで同志社はこのホルモー4大学に選ばれなかったんだろうなぁ?地理的な理由かなぁ?(私は京都の大学分布図が全く分かりません…)」と思っていたら、めでたく同志社も次回からは参加できそうな雰囲気なので、またぜひ続編を作ってもらいたい。

    巻末の解説は有栖川有栖。この一連のホルモー物語群を「ホラ話」とバッサリ斬っていて(といっても、べつに批判してるのではなく、むしろ褒めている)、この作品を表す良い表現だと思った。

  • 鴨川ホルモー登場人物を別な視点から、面白く奇怪に繋がり合わせて語っている…
    万城目さんらしいユニークな展開!!
    鴨川ホルモーの裏話的なところは面白かったが、新たな展開があるのかと期待していたが、続編が出るという内容ではなさそうだ…

  • 鴨川ホルモーの番外編というか、裏話というか、そういった感じの短編集。短いけれど万城目エッセンスがギュッと詰まっている。

    二人静の話は男性から見ると怖い2人だろうけど、女の友情話と考えるといいなぁと思う。特に定子の一本筋が通った対応が好きだ。何だかんだけんかしながらも長続きする友人関係だろうなぁ。羨ましい。

    もっちゃんの話は一本取られた!と思った。安部と言われるとどうしても500代目の安部だと思ってしまう。

    芦屋の彼女の話は、芦屋も芦屋だけど、彼女も彼女だよなぁという感じで、一番裏話感があった。所で芦屋のホルモーペナルティは何だったんだろうか。

    一番好きなのは最後の「長持の恋」。高村は文句なくいい奴だし、おたまも可愛い。鍋丸とのやり取りが切なくて、6篇の中では一番応援したくなる二人だった。しかし高村がちょんまげになったのにはそんなわけが…。ホルモー恐るべし。

  • その名の通り短編集6作品です。
    個人的には「ローマ風の休日」がお勧めです。
    素直じゃないし、無愛想だけど可愛らしい・・・楠木さんの恋心が素敵でした。
    何より、京都在住なので、知っている地名もたくさん出てきて、親近感わきまくりでした(^∇^)

  • ホルモーの裏話的な短編六つ。

    「長持の恋」はよかった。
    時空を超えたロマンス!
    ありがちなのに、よめる展開なのに、うるると泣けてしまった。

    個人的に、梶井基次郎の「檸檬」がとても好きなので、オマージュというかそういうのはちょっと複雑。

  • 鴨川ホルモーのサイドストーリーみたいな本でした。他の作品にも出てきた料亭も出てきて、何だかわくわくしました。
    鴨川ホルモーを読んでからすぐに読めば良かったなぁ。。とちょっと思いながら、あの人…あ~あの人ね!と色々思い出しながら読めた作品でした。
    ちょっとファンタジー色が強い様な気がしたけど、そんなコトあったらステキだなぁと、わくわくがない日常を送りながら、羨ましさ半分、わくわく半分で楽しめました。

  • 再読。『鴨川ホルモー』のスピンアウト短編集。このバリエーションと話の広がりがすごい。本編は終わっているのに、「同志社参戦?」「東京対戦?」と妄想が広がる。ちょっとした恋愛話もあり、ほっこり、ドキドキ、しんみりと楽しい。本編よりこちらのほうが好きだったりして。

  • 鴨川ホルモーのスピンオフ作品集。ホルモーの世界がより広がって深くなった。どのお話も好き。

  • 甘酸っぱくて、青くさくて、
    ちょっと切なくて・・・
    恋あり友情ありの一冊。

    一番すきな話は「長持ちの恋」

    ポロリとしてしまった話は「鴨川(小)ホルモー」
    (ちょっと自分自身に重なってしまったっていうのもあるかも。)

  •  「鴨川ホルモー」のスピンオフ的続編。第一作では脇役だった人達にスポットライトの当たったお話や、OB、OG達の大学卒業後のお話があり、第一作が好きな人には間違いなく楽しい一冊ではないかと思う。歴史、SF、恋愛など、様々な要素を絡めてお話が展開されており、万城目さんの引き出しの多さが楽しめる一冊。第六景「長持の恋」は泣いた。

全388件中 1 - 10件を表示

万城目学の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

ホルモー六景 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ホルモー六景 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ホルモー六景 (角川文庫)の作品紹介

このごろ都にはやるもの。恋文、凡ちゃん、二人静。四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。このごろ都にはやるもの。元カレ、合コン、古長持。祇園祭の宵山に、浴衣で駆けます若人ら、オニと戯れ空騒ぎ、友と戯れ阿呆踊り。四神見える王城の他に、今宵も干戈の響きあり。挑むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。古今東西入り乱れ、神出鬼没の法螺試合、若者たちは恋歌い、魑魅魍魎は天翔る。京都の街に咲き誇る、百花繚乱恋模様。都大路に鳴り渡る、伝説復古の大号令。変幻自在の第二幕、その名も堂々『ホルモー六景』、ここに推参。

ホルモー六景 (角川文庫)の単行本

ツイートする