若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)

  • 111人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (6)
    • (12)
    • (3)
    • (0)
  • 12レビュー
著者 : 狩野博幸
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2010年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943494

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 絵も素晴らしいが、魅力的な人だ

  • 20120816読了。
    二年かけてようやく。。
    今回、若冲の展示があったので、再読開始。しかし、本編はなかなか進まず…さっくり読むぐらいで。
    このサイズにしては、写真は良かった。《乗興舟》《石灯籠図屏風》は現物に感動したあとだったので、参考になった。

  • 2012.01.14 O氏よりいただく)

  • 絵が★5,文章が★1で平均★3です。

    この本を買った目的が,若冲という人物がどんな人生を歩んで,それぞれの絵画がどんな思いで描かれたのかを知りたいがためでしたが,結局この本は作者が研究したことをくどくどと書いているに過ぎなかった。
    研究者特有の外堀を緻密に埋めて(大典や売茶翁)城(若冲)の全貌を明らかにしようという発想なのだろうが,結局は城にたどり着けなかった感がある。
    おまけに”昔の高校低学年並みの知識水準の大学生を相手に・・・”とか”「ゆとり教育」という売国的教育の被害者“(174ページ)などという失礼極まりない文章も。

    とにかく,これはお勧めできない。
    絵だけを見るなら,普通の画集を買った方がいいのでは?

    久々に勝手失敗した本です。
    角川アートセレクションって他のやつも同じなんだろうか?
    フェルメールとかも買ってみようかと思ったのだが,躊躇してしまいます。

  • 著者の筆致が熱く引き込まれる。若冲に無知な自分は著者の描き出す新しい若冲像に驚けないのが情けないですが、文庫本サイズで若冲の魅力に触れられたのは有難かったです。
    このサイズで胸躍るのですから実物を観たらどんなにか・・。
    ああ。どなたか教えて頂けると有難いのですが、鶏や虫、草花を精緻に描きこんでいるにもかかわらず、象がなんでまたこんなにユーモラスな造形なんでしょう。俵屋宗達の白象図でもそう思ったのです。著者は若冲は実物の象を観る機会は有ったと。でも映画ダンボの夢のシーンに出て来る象を連想しちゃうんですよね。

  • 小さい画集として買ってみました。
    興味ある画家ではありますが、ちゃんとした画集は必要ないので。
    小さい絵だけどそれなりに画質は良いかと。

    あ、そうそう。
    文章の方を読む気はあんまりありまへん。
    もうしわけないけど・・・

  • Kadokawa Art Selection は、安価で世界の名画が楽しめるとあって、お気に入りのシリーズの一つだ。
    若冲については、以前から興味を持っていたが、改めてその素晴らしさを認識した。
    動植物を繊細かつ緻密に描き、構図、色彩とも卓越している。
    若冲の絵の実物は大阪のどこかの美術館でその一部を見たことがあるが、この本に載っているような代表作を見たい。

  • 若冲の絵に出逢ったのは2006年の夏でした。新聞の下1/4広告に上野の東京国立博物館で開かれたプライスコレクションの案内が載っていたのです。それは鶏の絵で、江戸時代の絵だとは到底思えない程の鮮やかな絵でした。もちろん上野まで見に行きましたし、ライティングを変えることで絵の印象を変えてみせる展示の方法にも驚いたのを覚えています。
    この本では、若冲に強い影響を与えた大典顕常和尚と売茶翁が紹介されています。図版の説明は少々くどい感じもありますが、図版自体は綺麗で楽しめます。

  • 若干物足りない内容だったけど、自分みたいな何も知らないひとには良かったかも。伊藤若冲、すごいと思いました。
    日本画的なものについて今までまったく知らなかったけど、東山魁夷をみて、伊藤若冲を知って、だんだん興味が出てきた。

  • 2010.6.21購入

全12件中 1 - 10件を表示

狩野博幸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フランツ・カフカ
宮部 みゆき
村上 春樹
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)はこんな本です

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

若冲 ――広がり続ける宇宙 Kadokawa Art Selection (角川文庫)の作品紹介

ある秋の日、美術館学芸員が一枚の写真を携えて研究室を訪れた。それを一目見た瞬間、文字通り筆者の腰が砕けた。それは長らく喪われた作品と称されていた『象と鯨図屏風』だった。幻の屏風再発見の衝撃の顛末と人を捉えて放さないその作品の魅力を詳細に解説。『動植綵絵』『菜蟲譜』をはじめ、主要作品をオールカラーで掲載!新発見の新資料による、今までの常識を180度変える、新しい若冲像も盛り込んだ決定版。

ツイートする