世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)

  • 551人登録
  • 4.20評価
    • (73)
    • (60)
    • (35)
    • (2)
    • (0)
  • 81レビュー
著者 : 内澤旬子
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943951

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 数人からオススメされた屠畜の本。いきものがお肉になるまでを描いた(本当に詳細なスケッチもある)一冊。各国の美味しく食べるための技や、衛生管理や効率化するための職人的技術はすごい。動物愛護のことや職業差別の意識についても各国でインタビューされてて、自分はどう思うだろう、どこの国のどの宗教のどの人の考えに近いだろうといろいろな視点があり面白い。モンゴルの平原のように空間だけでなく動物と人間と自然と、全てのものが平行、水平で真っ直ぐだというのは、わたしでは現地に行っても体感できない気がする。お肉は美味しく食べてるし、山羊皮の財布気に入って使ってるから、いろんな人に感謝感謝の、読んで良かった一冊です。

  • 肉を食するひとは一度は読んでほしい。
    自分も知りたいと思っていたこと、「動物」が「食肉」になるまでとそこにたずさわる「人」の話がすべてここにある。
    内澤さん、ありがとう。

  • 二日で読み切った。彼女の屠畜フェチっぷり全開って感じで旅が貫かれてる。これと言った心境の変化が著者の中であるわけではない。いちいち気にしてしまうナイーブさを持っていたらこんなには回れなかったんだろうけど、これだけ回り切ることに何の意味があるのかというとよく分からない。好きだから回ったんだなーってことはわかったけども。まあ、旅なんてモノはその程度のモノ。それは「僕の見た「大日本帝国」の旅も同じ。回りが評価をすると、なんだか高尚なことをしてきたかのようなパブリックイメージがつき、そのイメージに旅してきた本人も感化されちゃったりするんだけど。
    僕自身、屠畜の様子をこうしてまとめて読むのは初めてだったが、読み切るという行為にあまり意味を感じなかった。イラストやら淡々とした細密な描写は、知らなかったことを知ったという喜びがあったがこれだけのボリュームで読む必然性は感じなかったな。
    皆が絶賛するほど良い本だとは思わなかった。身体のいいなりの方が全然好きだ。

  • 目次
    韓国
    バリ島
    エジプト
    イスラム世界
    チェコ
    モンゴル
    韓国の犬肉
    豚の屠畜―東京・芝浦屠場
    沖縄
    豚の内臓・頭―東京・芝浦屠場
    革鞣し―東京・墨田
    動物の立場から
    牛の屠畜―東京・芝浦屠場
    牛の内臓・頭―東京・芝浦屠場
    インド
    アメリカ
    屠畜紀行その後

  • めちゃめちゃおもしろかった。
    肉食べるひとは全員読んで。

  • 屠蓄の行程などが細やかなイラストと描写によって丁寧に説明されていて、非常に興味深かった。各国の屠蓄模様や、家畜を殺して肉にすること、それを実行する人に対する意識の違いも浮き彫りにし、いろいろと考えさせられる。んが、ちょっと著者の一人よがりすぎる主観や根拠のよくわからない先入観に基づく物言い、好みなどが強く出すぎている部分があり、それに完全に趣向できない部分ではちょっともやもやした感情を抱かざるを得なかった部分もあるので、人によって好みは分かれそうな本ではある。

  • 屠畜が「残酷」と隠されていることを問題視し、それなら見てもらおう、と世界の屠畜とその国の屠畜に対する意識や差別感情なども一緒に紹介した本。生と死が隠されていることについては考えたことがあったけど、ここにもあった、隠されているもの。私も屠畜見てみたい!となった。こういうものを見ながら生きる方が、絶対に生が充実すると思う。

  • 世界各国で生き物が食べ物になる過程をまとめた本。品川に行くとSONYの目の前に食肉処理場があることにずっと物凄く違和感を感じていたが、この本を読んで、さらに、そんなに莫大な量の食べ物が作りている事にも驚いた。
    肉を作る人達の事を差別する歴史があることは知識として知っていたが、実感値としては全くわからない。お百姓さんありがとうというのとほぼ同じ感覚だな。よくいう話ではあるし、巻末で佐野真一も書いているが、生と死が遠くにありすぎる事はいいことのようには思えない。なんで生きていられるのか、理解するべきだと思う。残酷なんてナンセンスで、動物愛護という考え方やそういう人に対しての忌避感には人間のエゴを強く感じる。

  • 屠畜するところ、お肉が作られるところを見たい!というやわらかめ視点と、屠畜に従事する人々が受ける差別への問題意識というかため視点のバランスがいい。
    イラストがとても素敵。

  • 家畜が食べ物になるまでに必要な、と畜について、さまざまな現場の様子をイラスト入りでルポした連載からうまれた一冊。まぁ本当に丁寧にわかりやすく、殺して洗って開いてわけて剥いで分別して検査してパックに入れて保存して搬出するまでの過程と、そこにたずさわる職人さんたちの様子が描かれている。

    海外もアジア中東東欧、沖縄にテキサスと精力的に広範囲に訪ねて回り、これがすべて自費での取材だというのだからびっくりした。

    つい最近、台湾でのスーパーの食肉の消費期限改ざん事件の報道を見たときもおもったんだけど、特に最後、テキサスでの食肉工場の様子を読んで、日常的に肉をたべるということ、いつでもかんたんにパックされた肉が買えるということについてなんだか考え込んでしまった。

    うちの近所の市場では、肉は塊で吊るしてあるのを欲しい部分切り取って量り売りになっている。内臓らしきものもつるしてあってそこから汁がポタポタたれていたりもする。鳥は生きてるのが籠にはいっていて、多分、丸ごとかってそこで潰してもらうんだろうと思う。まだつぶしてる現場に通りがかったことはないけど。魚もまるごと売ってて切身ではない。

    はじめは肉の塊の迫力におされて食欲わかなかったが、このごろはなれてきて、新鮮で美味しそうだなと感じるようになってきた。実際のところ地元の事情はよくわからないのでどこでどうやって飼育されてきたものかはわからないし、エサの安全性とかもいまいちよくわからないんだけど。

    たくさん安く効率よく作ってたくさん流通してたくさん売る。肉はハレの日や特権階級の贅沢ではなくなって、単なる汎用品として作られ消費されている。庶民にとってはいいことなんだろうが、なんだかな。

    この本の主旨とはずれてしまうんだが。

  • 14.feb.9

    な、長い!
    2週間くらいかけてちょっとずつ読んで、ようやく読み終わった〜。

    ①家畜がどうやってお肉になるのか
    ②その作業に従事する人たちの社会的立場はどうなのか
    ③①,②は国、宗教によってどう違うのか
    を書いた本。

    屠畜の作業がリアルだけどグロくなくて、温かみのあるイラストと一緒に細々と書いてあります。
    最後のほうは一つ一つの作業を読むのが面倒になって少し飛ばしてしまった(・_・;

    この本が面白いかとかいう次元とはまた別に、いろいろ考えたのでまとまらないけけど長々書いてみる。

    この本を読みはじめてすぐ前に情熱大陸で見た、福岡県の筑水高校でやっていたニワトリを自分で育てて、屠る「命の授業」を思い出した。

    卵のときからニワトリに名前をつけて手塩にかけて育てて、最後は自分でしめて食べる。(できなくて業者に持って行ってる子もいましたが)
    自分たちが食べてるお肉がどうやってできるのか知ることによって、動物たちやその作業を行っている人により一層の感謝をしながらいただくことを学ぶ、いい授業だなと思った。

    この本でちょいちょい触れられる「差別」。
    私たちが食べてるものには全ていのちが宿っていたし、それが動物であろうと植物であろうと変わらないんじゃないかな…?
    動物は確かに血が出るし鳴くこともあるけど、食べるための作業だからいじめてるわけじゃないし、残酷っていうのは変じゃないかな?と思った。

    この本を読んでる途中にYouTubeで牛・豚・鶏の屠畜場の作業現場の映像を見てみた。
    たしかに絶命させる瞬間とか、血を抜くとこは初めて見ると「おぉ…」となるけど、別に魚さばくのと変わらんよなと思った。やっぱり自分がそういう感覚ってことに安心。

    だから著者がやたら差別について聞いて回ったりするのに違和感あったし、ほんとにこんなに差別あるの?知らなかったっていう感じ…
    無知の知というやつですね。

    私はホルモンが安くて美味くて大好きなんだけど、あんなに手間かけて取り出して綺麗にしたものをいただいてたと知り、感謝の気持ちでいっぱい(*^^*)
    これからも「いただきます」の精神を大事にしようと思えた本でした。

  • この世にふたつとない、イラストルポ。屠畜を通して、食べること、生きることを考える。じつになまなましい。素晴らしい。

  • どれも目を瞠る話が続く。なかでも印象的なのはラクダのとインドの中での話。体当たりの取材に基づく圧巻の本。続きが読みたい。

  • 家の畑が獣害に会い、狩猟免許を取得し自然と屠畜にも興味が出て紹介された本。
    いろんな国の屠畜事情が紹介されており、旅行記としても優秀だった。
    屠畜は食べるため、生きるためある種当たり前だと考えていたのにそれに差別が存在していたということを目の当たりにし、驚いてしまった。
    また、日本もクジラを食べることが非難されるが、その国の人が伝統的に生きるため食べてきた文化を非難は絶対面もあり前向きでなければいけない。
    実際には難しいと思うが、昔のように家庭菜園レベルで家で食べるものをさばくという風になってもいいのではないか。
    とにもかくにも普段食べているものがどういう過程でそうなっているか、授業に取り入れるなどして解体を誰もが一度は目で見て行って考えてみるべきだと強く感じる。

  • 差別について切り込もうとするが、それはほとんど上滑りで、むしろ読みにくい。作者も気にしちゃいるものの、それよりも屠畜職人の高度な手際や技術に感銘を受けて、作者がはしゃぎまくるシーンが俄然盛り上がる。肉好きの身としては、単純に食肉を支える人々に感謝と尊敬の念がわく。
    作者のこだわりで、屠殺ではなく屠畜。差別と戦うというほどでもなく、かと言って「寝た子を起こすな」論に与するわけでもなく、単にこの人がいかに屠畜文化を偏愛しているかが伝わる文とイラスト。後書きにあった続編も面白そうで楽しみ。

  • 痛快!爽快!すごいなあ、屠畜の世界。ますますお肉が美味しくいただけます。

  • <単行本のレビュー転載>他の方もご指摘しているとおり、差別に関しては、「どぉしてだろぉー」と問い続けるモノの、どん欲に掘り下げようとはしていないように思います。
    自分たちが口にするモノを屠ったり・おろしている人達が差別されるのってヘンだよねと言う感覚はごくごく真っ当だと思うし、共感しますが、じゃぁ「この差別のある実態」と「私の感覚」との断絶はいかにして説明されうるのかというところが「やっぱりわからない、なっとくいかない」で片付けられている部分は多い(沖縄の章で触れられていたが―日本国内でも地域差はすごく大きいはず)。
    肉を扱う料理人にもおすすめの一冊。
    イラストは、単行本のほうが大きく見やすい。

  • 色々な所を見て回って鶏も豚も羊も牛も捌くところを見てきたけど、いざ自宅でひとりで雉をつぶすってなるとぐったり...っていうのは何となくわかる気が。どこか他人事だったというか非日常扱いだったというか...。後で出た本では豚の飼育からつぶすまでを書かれてるみたいなのでそちらも読んでみたいです。
    犬とウサギは自分で調理するのは無理だな...とは思いました。金魚もインコも飼ってたのにこの差はどこからくるんだろう?大きさ?

  • すごい本だ。
    日本は言うに及ばず、韓国、エジプト、チェコ、モンゴル、アメリカと、世界の屠畜の現場を巡ったレポート。
    大規模な工場のようなところから、家庭での屠畜まで、その「現場」も多様。
    特にモンゴルの、一滴も血を外にこぼすことなく羊をつぶす方法などは、実際的であるだけでなく、洗練された方法で、感心してしまった。
    屠畜に携わる人への職業差別や、「動物を殺すなんてかわいそう」という動物愛護意識と屠畜とのせめぎ合いなど、難しい問題にも果敢に踏み込む。

    「自分も食べているものなのに、何も知らないでいたというのが恥ずかしい」というのは、本書の中でも何度も出てくる言葉。
    私自身も、本当にそう思った。

    後書きには続編も今企画されているとあった。
    そちらにも期待したい。

  • 内澤さんの文章が好きで、彼女の代表作を…と思って読み始めたけれどだんだんと自分も「肉を作る」工程を見てみたくなってくる。
    北海道が舞台の漫画『銀の匙』でも、食べるために動物をつぶすのは当たり前と描写されている。でも、自分の感覚ではまだまだ非日常。
    今後、遊牧民の生活に触れられるモンゴルツアーに参加を予定をしている。羊をつぶす場面が見れたらいいなあ。

  • 著者のバイタリティと好奇心に、ただただ敬服。

    以前読んだ「ドキュメント屠場」でも思ったけど、屠畜は本当に職人の世界であり、それは世界どこでも変わらないんだなと思った。

    屠畜に携わる人への差別の有無もテーマだったため、著者は各地でそれを尋ねるのだけど、屠畜の技術やルポに絞ってもよかったんじゃないかと思う。でもまあ、屠畜や肉を扱う以上は、避けることはできないんだろうな。

    印象に残ったのは、チェコとバリ島。そして芝浦屠場、アメリカ。お祝いやお祭りに豚や羊をつぶして食べるという“肉を食べる特別性”になるほど! と思ったし、古くから肉を食べ、屠畜が身近に行われていたところでは、屠畜する人への差別感がないというのも納得だ。

    だけど、昔から肉を食べていたはずなのに、大量の屠畜をこなすために高度にシステム化されたアメリカでは、差別感はなくても、“誇りを持てない最低の仕事”となっている。難しい。

    BSE検査やトレーサビリティに対する日米の明らかな姿勢の違い、動物愛護団体によるプレッシャー、同じ仏教でも「人に利益をもたらすための殺生は罪ではない」と説くチベットやモンゴルの仏教などなど、いろいろと興味深かった。

    命をもらって生きているということ、子どもはもちろん、大人も考える時じゃなかろうか。

  • PCで「屠殺」と一発変換できますか?
    ある種の言葉は、大概の環境では一発変換されないように設定されています。差別に関わるとされる言葉は、変換候補リストから意図的に外されているのが現状です。
    日本(特に西日本)では、屠畜や皮革加工業に携わる人間は長らく差別の対象となっていた歴史があります。
    本書はもともと解放出版社の雑誌連載をまとめて同社から出版されたものなので、どうしても差別に関わる著述部分が入りますが、決してそれがメインではなく、筆はむしろ軽妙なので、そっち系が嫌いな方も、それを理由に敬遠するにはもったいない内容です。

    食肉は動物を殺さない限り決して手に入らない。当たり前のことですが、日本ではその部分が依然として意図的にスポイルされている(魚でさえ、切り身以外の状態を見たことのない親も珍しくない)状況です。
    しかし屠畜・食肉加工の現場には、いかにして健康状態を見抜き、苦痛を与えずに殺し、無駄を出さずに切り捌くかという、感嘆を禁じ得ない職人技や魂が息づいています。
    それを詳細な取材と、実に細かいイラストで紹介してあり、飽きさせません。
    「命をいただく」というぶれない視点を持ったうえで、「それはそうとお肉おいしそう」という食いしん坊の目が常にあるので、文章自体は実に軽やかで、説教臭さはそんなに感じないのがいいです。というか食べたくなる。
    国が違えば好まれる肉も、その家畜が尊ばれる理由も、料理法も違う。そして差別もあったりなかったりする。面白いです。

全81件中 1 - 25件を表示

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)に関連する談話室の質問

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)はこんな本です

ツイートする