世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)

  • 578人登録
  • 4.20評価
    • (73)
    • (64)
    • (35)
    • (2)
    • (0)
  • 84レビュー
著者 : 内澤旬子
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年5月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043943951

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
サイモン シン
冲方 丁
村上 春樹
村上 春樹
大野 更紗
有効な右矢印 無効な右矢印

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • PCで「屠殺」と一発変換できますか?
    ある種の言葉は、大概の環境では一発変換されないように設定されています。差別に関わるとされる言葉は、変換候補リストから意図的に外されているのが現状です。
    日本(特に西日本)では、屠畜や皮革加工業に携わる人間は長らく差別の対象となっていた歴史があります。
    本書はもともと解放出版社の雑誌連載をまとめて同社から出版されたものなので、どうしても差別に関わる著述部分が入りますが、決してそれがメインではなく、筆はむしろ軽妙なので、そっち系が嫌いな方も、それを理由に敬遠するにはもったいない内容です。

    食肉は動物を殺さない限り決して手に入らない。当たり前のことですが、日本ではその部分が依然として意図的にスポイルされている(魚でさえ、切り身以外の状態を見たことのない親も珍しくない)状況です。
    しかし屠畜・食肉加工の現場には、いかにして健康状態を見抜き、苦痛を与えずに殺し、無駄を出さずに切り捌くかという、感嘆を禁じ得ない職人技や魂が息づいています。
    それを詳細な取材と、実に細かいイラストで紹介してあり、飽きさせません。
    「命をいただく」というぶれない視点を持ったうえで、「それはそうとお肉おいしそう」という食いしん坊の目が常にあるので、文章自体は実に軽やかで、説教臭さはそんなに感じないのがいいです。というか食べたくなる。
    国が違えば好まれる肉も、その家畜が尊ばれる理由も、料理法も違う。そして差別もあったりなかったりする。面白いです。

  • 自分が見てたようで、見えてなかった世界が分かった。
    自分の目で、屠畜の現場をみてみたい、やってみたいってすごい思った。

    それなしには、命の重さだとかを子どもたちに伝えられない気がする。

  • 日本については、芝浦屠場については本当に詳しくて、また肉だけではなく内臓や革鞣しまで追っている。東京が全国一の海外からも呼び声高い豚革の生産地、というのは意外でしたが、考えてみれば全国一豚を消費しているのだから頷ける。BSE検査で分解されていく一頭を追うための手間にはひたすらに頭が下がる。私たちが安心して肉を食べられるのは業者さんの尽力による、ということを肝に銘じたい。
    韓国も屠蓄は歴史的に最下層の白丁と呼ばれる人々が担ってきたが、朝鮮戦争で階層意識はぐちゃぐちゃになってしまい、今は皆ゼロから、という意識がある、とのこと。しかし、エリート意識の高い結婚観のため屠蓄に関わる人はどうやら壁がありそう。
    バリ島は島が豊かなので、基本おおらか。一人前の男は豚は捌けて当然‥‥でも苦手なら他の人がやってくれる、この大らかさはすごいな。見習えたらどれだけ幸せになるか。
    イスラム世界の屠蓄については国の差も当然あるようだが、根元的に我々とは理解の解離があるような感を受ける。これが第三世界なのか、と頭を抱えたくなる‥‥屠殺という職業を面向きは肯定しながらも彼らに敵意を向けたり、あるいは隠さず吐き捨て蔑む人々。なんなんだろうな‥‥。
    チェコのザビヤチカは伝統の豊饒祭だからいいというのは良く理解出来るが、大型の屠蓄場となると残酷と動物愛護団体のTV版組を見ている一般の人は言う。取材していないからその是非を下せないというなら何故書いたと読む方は思ってしまうが(笑)
    モンゴルの遊牧民の屠蓄が一番しっくりくる。可愛がって育て、客人の歓迎のためつぶす。これ以上素晴らしい考え方ってない。
    アメリカは機械化により中産的な職業だった屠蓄は最悪と言われるまでになった。そこを統括する人々はやはり明るくてたくましいが、下は書かれてはいないが違法就労外国人だろうな‥‥カオスな社会だ。そして南北差別がはっきり覗けるのもすごい。
    各国の歴史的文化的考察はちょっと浅い感じがしました。世界と言っても資金的に無理があったらしく、部分的。でも発売したら思ったよりうけたから続編書くよ、と言ってくれてるので楽しみにしています。

  • おもしろかった。世界の様々な国で家畜がどのように食肉として処理されているかを突撃レポートしている。「関心のあるものを見て作者大興奮」という本なので、屠殺や部落差別について掘り下げたくなったら、また別の専門書を。そのよいきっかけになる本だと思う。

    登場する肉料理がとてもおいしそう。とりあえず焼肉定食を食べに行ってきた。

  • 昨年宮崎で起こった口蹄疫のこともあり、屠畜という分野を「他の人よりかは多分知っている状態」である自分を戒めたくて読んでみた。

    文章としてはどうかなーと感じる部分も多々あった。差別問題に関する記述が所々でてきたが、これはどうも蛇足だった感がする。(差別問題を取り上げるな、という意味では決してなく、扱うなという意味でも決してなく。)もっと別の所で掘り下げてもよかったのではないかなと。屠畜という行為そのもののこと、差別や文化の否定に関することと分けて読みたかった気もする。

    世界の屠畜文化の描写はとても分かりやすく素晴らしかった。文化として肯定/否定する姿勢や、家畜の擬人化などの問題はどこにでもある問題で考えていかないとなぁと思わされる部分もあった。

    「畜産王国」で育ってきたこと、子どもの頃から「屠ること」について高齢者から聞かされてきたこともあり、私自身にはこの本を読んで肉が食べれなくなったとかいうことはない。むしろ見えにくかった裏側が見えてよかったと思う。

    モンゴルの章や、殺すという単語とは別に「切る」などの意味で言葉を分けている点など、前述した口蹄疫の問題を改めて考えさせられる内容も多くあった。私の中ではまだ口蹄疫は終わった問題ではないので、結びつけて考えさせられて、勉強になった。

  • どれも目を瞠る話が続く。なかでも印象的なのはラクダのとインドの中での話。体当たりの取材に基づく圧巻の本。続きが読みたい。

  • 10年かけて取材しつくした感じ(・ω・)圧巻の文章力と知識!屠畜について、世界から日本から突き詰める内澤さんのアプローチの姿勢に感動!

  • (推薦者コメント)
    肉を食べるとき、その肉が元々生きていた動物であったことを私たちは意識しているだろうか。誰しも一度は考えたことがあると思うが、どうやって屠殺が行われているのかを分かっている人はほとんどいないだろう。本書は、世界の屠畜の現実をまじまじと見せつけてくれる。

  • 世界各国の屠畜の現場を見て歩いたイラスト付きの本。
    差別のあるところと無いところが国によって異なる。
    肉を食べる前に「動物」を屠ることになるが、その行為そのものが「タブー」となっているのがいまの現状。

    それを表面に出しているのが本書である。「オチャラカ」という表現がいいかどうか分からないが、著者の軽い文章が重たいテーマを明るくしてくれている。

    この次は著者の「飼い喰い」を読んでみようと思う。

  •  人は生き物を殺して生きている。
     そんな当たり前のことが「殺す人」が他に居ることで「穢い」、「恐ろしい」ことになっているという現実が、ひしひしと伝わる。

     だが、変な話なんだけど、著者自身のスタンスが「肉好き! じゃあ肉が作られる現場を見よう」という、好奇心旺盛の子供のような探究心(悪く言えばお気楽なスタンス)なので非常に読みやすい。
     悪く言えば……という風に見られることを著者自身も自覚していて、それでも自分の身の丈で「思うこと」を率直に書いているのがすがすがしい。この人強いなぁ。
     続編を書いているとのことなので、それも楽しみ。

     肉が好きでも、ベジタリアンでもオススメ。

  • 今まで知らなかった、気にしていなかった世界。
    毎日のように何らかの肉を食しているのにあまりの無知に恥ずかしくなる。
    イラスト入りでわかりやすくおもしろい。
    もっと前に読んどけばよかった。

  • 当たり前のように食べている肉。
    家畜→肉。頭ではわかっている。漠然としたイメージはあるけど、そのプロセスを具体的に知る機会はなかなかない。
    そんな、ある意味「タブー視」されている部分に切り込んだのが本書。

    イラストも文章も明るく、著者の純粋な好奇心を感じられる。それに引き込まれてずいずい読める。
    家畜がどうやって肉になっていくのか、ブラックボックスと化している部分が、よくわかる。そして数々の肉料理。
    国による屠畜や、それに従事する人たちへのイメージ、偏見、差別にも触れている。
    屠畜従事者が差別されている国もあれば、とくになんとも思わない、という国。尊敬されている国、色々だ。

    僕は日本で暮らしていて、今までとくに屠畜に対して差別感情のようなものは持っていなかったので、「日本で差別されている…」などの描写には、正直「?」だったが、差別する/しないの前に、まったく触れる機会を与えられておらず、そのような人々が見えないようになっていたのだと、今更ながら気づかされた。そういう歴史を進んできた国で育ったのだと。

    屠畜を知るきっかけがこの本でよかったと思う。

  • 好奇心が知らない世界を身近にする。私たちも疑問は投げ掛けて、食わず嫌いを無くそう!

    続編が待ち遠しいです。その次は革製品に関する本も書(描)いてくださらないかなぁ?と密かに期待しています。

  • 今までずっと詳しく知りたかったことが書いてあり、とても面白く読めた。

    イスラム世界やアメリカ、インド、韓国、そして日本でどのように家畜が「屠畜」(屠殺)されているのかを分かりやすく、面白く(?)伝えている本。

    イラストが詳細で、それでいて温かみがあって残酷さはあまりない。

    文章が屠畜の様子をある意味浮つきながら面白がっているようにも見えるのが少し嫌だった。
    その分最後の最後で、著者が自分で鳥の死体から羽を毟るところでの落ち着いた視点は興味深かった。

    命をいただくことへ責任感や罪悪感を過度に感じてしまうのが日本人なのだろうか。

    屠畜を行う人への差別のようなものもないつもりでいたし、肉食も否定していないし、ベジタリアンでもないが、この本を読んでいる間は肉を食べる気にはなれなかった。

    直接見えなくでも、ゼラチンやスープの出汁、その他もろもろの食品に使われているのだから口にしていないということはないが……。


    差別の歴史や、その反抗がどのように行われてきたかは意図的に省かれているようだが、次刊では詳しく触れてほしいと思う。

    屠畜だけでなく、乳牛や卵の生産にも思うところはあり、これらも含めてじっくり考えていきたいと思う。

  • 角川で文庫化されてたので買った。何カ所かの本屋でチェックしたのですが、特に丸の内丸善ではかなりの売れ行きと見ました。
    何でそんなことチェックするのかというと、最近読んでいる『本の雑誌』に内澤さんが「黒豚革の手帳」という連載を持っているからです。(ミステリーの連載ではなく皮革装丁が趣味のルポライターの身辺雑記)

    倒錯する。雑誌というのはコミュニティなんやなぁと思います。
    肝心の中身は、特にイスラム圏と、日本の芝浦屠場の屠畜ルポは詳細で、今まで全く知らなかったことばかり(私が不勉強なせいもある)の濃い内容。屠畜の過程や方法だけでなく、そこで働く人たちへのインタビューもボリュームたっぷり。
    心臓が動いてる状態でないと放血できない、とか言われてみればそのとおりなのに、そうか、生きたまま頸動脈切るんだよな、とか初めて考えた。
    ちなみに日本では豚は炭酸ガスを使って仮死状態にし、牛は電気銃を使って打額して仮死状態にした上で頸動脈を切る。
    肛門や食道をいかに早く結紮し、正肉に内蔵の中身を触れさせないかという工夫とか、知らなかったことオンパレード。肉食いまくるくせに屠畜を知らずとは(ましてや忌み嫌うとは)どういうこっちゃという筆者の主張ももっとも。
    若干、露悪的かなぁとか考察弱いなぁとか思うところはあるものの、それを措いても十分読む価値はあると思います。
    特に最終章で、狩猟でとったキジと小ガモを、紙袋に突っ込んで山手線に乗って持って帰り、たった一人で自宅風呂場で屠畜するルポは、短いけれど前半のちょっと浮ついた感じが一掃されるので一読の価値あり。
    他の章でウキウキしていた内澤さんが苦悶しながら(『許してくれえという気持ちをはじめて、ようやくはじめて味わった』)、やり遂げた後の感想も深い。

    『殺すのはほんの一瞬だ(ヘタくそだと時間がかかる場合もあるが)。しかし殺した死体と一対一で向き合って、食える肉にするまでの時間は、はるかに長くて、しんどいものだったのだ。やはり私には屠殺じゃなくて屠畜ということばがぴったりくる。』

  • はいはい!文庫で出てました。

  • 世界の屠畜事情。
    突撃取材という感じで、いろいろな国へ行って、何でも見て、食べちゃうバイタリティは素晴らしいし、異文化はとても興味深い。
    でも、職業差別云々について、頻繁に触れてくる割には、とりとめのない話に終始した感じなのが、残念。
    しかも、差別されてる側の人に、なんで差別されてるんですかね?って聞いてしまうのは、あまりにも無神経だなと思った。

  • これぞ名著としかいいようがないのだが、誰にでも薦められるかというといささか躊躇する。「知って」おくべきことか否か、受けとめ方は千差万別。僕個人は知りたかったし知って良かったと思うが、それが万人に当てはまるとは思っていない。ただこの本に対する評価は揺るぎなく、こんなに懇切丁寧なイラストと記述でわかりやすく楽しめるルポは稀であろう。

  • 動物を潰してさばいて肉にする営みについて、世界各地のやり方や考え方をつぶさに聞き伝えている本。工程がとても丁寧に説明してあったり、衛生環境や動物愛護との関わりが述べられていたり。
    書き手には日本の屠畜にまつわる問題意識があるにしても、日常生活で肉を食べてるから肉がどうやってできるのか知るべきだよねと、まずは身近な目的で話をしている。極端に走らないスタンスなのが頼もしく、読んでいて眉間にしわを寄せる必要もないのがありがたいが、うーんと違和感を表明するだけしてお茶を濁す箇所があったり、一応完成版の本として心許ないことも若干。
    書き手の興味か何かで話が逸れかけることもあるせいか、分量はなかなか長くて、読了に時間がかかった。

  • 屠畜の世界っておもしろい、且つ、とても重要な産業です。もっと知ってもらうが必要ですね。
    命をいただくことは生きること、生きることは命をいただくこと。当たり前のことであり、残酷なことでは無い。もっと尊い仕事として扱われてもいいように感じました。

  • 数人からオススメされた屠畜の本。いきものがお肉になるまでを描いた(本当に詳細なスケッチもある)一冊。各国の美味しく食べるための技や、衛生管理や効率化するための職人的技術はすごい。動物愛護のことや職業差別の意識についても各国でインタビューされてて、自分はどう思うだろう、どこの国のどの宗教のどの人の考えに近いだろうといろいろな視点があり面白い。モンゴルの平原のように空間だけでなく動物と人間と自然と、全てのものが平行、水平で真っ直ぐだというのは、わたしでは現地に行っても体感できない気がする。お肉は美味しく食べてるし、山羊皮の財布気に入って使ってるから、いろんな人に感謝感謝の、読んで良かった一冊です。

  • 肉を食するひとは一度は読んでほしい。
    自分も知りたいと思っていたこと、「動物」が「食肉」になるまでとそこにたずさわる「人」の話がすべてここにある。
    内澤さん、ありがとう。

  • 二日で読み切った。彼女の屠畜フェチっぷり全開って感じで旅が貫かれてる。これと言った心境の変化が著者の中であるわけではない。いちいち気にしてしまうナイーブさを持っていたらこんなには回れなかったんだろうけど、これだけ回り切ることに何の意味があるのかというとよく分からない。好きだから回ったんだなーってことはわかったけども。まあ、旅なんてモノはその程度のモノ。それは「僕の見た「大日本帝国」の旅も同じ。回りが評価をすると、なんだか高尚なことをしてきたかのようなパブリックイメージがつき、そのイメージに旅してきた本人も感化されちゃったりするんだけど。
    僕自身、屠畜の様子をこうしてまとめて読むのは初めてだったが、読み切るという行為にあまり意味を感じなかった。イラストやら淡々とした細密な描写は、知らなかったことを知ったという喜びがあったがこれだけのボリュームで読む必然性は感じなかったな。
    皆が絶賛するほど良い本だとは思わなかった。身体のいいなりの方が全然好きだ。

  • 目次
    韓国
    バリ島
    エジプト
    イスラム世界
    チェコ
    モンゴル
    韓国の犬肉
    豚の屠畜―東京・芝浦屠場
    沖縄
    豚の内臓・頭―東京・芝浦屠場
    革鞣し―東京・墨田
    動物の立場から
    牛の屠畜―東京・芝浦屠場
    牛の内臓・頭―東京・芝浦屠場
    インド
    アメリカ
    屠畜紀行その後

  • めちゃめちゃおもしろかった。
    肉食べるひとは全員読んで。

全84件中 1 - 25件を表示

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)に関連する談話室の質問

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)の作品紹介

「食べるために動物を殺すことをかわいそうと思ったり、屠畜に従事する人を残酷と感じるのは、日本だけなの?他の国は違うなら、彼らと私たちでは何がどう違うの?」アメリカ、インド、エジプト、チェコ、モンゴル、バリ、韓国、東京、沖縄。世界の屠畜現場を徹底取材!いつも「肉」を食べているのに、なぜか考えない「肉になるまで」の営み。そこはとても面白い世界だった。イラストルポルタージュの傑作、遂に文庫化。

世界屠畜紀行 THE WORLD’S SLAUGHTERHOUSE TOUR (角川文庫)はこんな本です

ツイートする