穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)

  • 107人登録
  • 2.49評価
    • (2)
    • (2)
    • (20)
    • (16)
    • (7)
  • 27レビュー
著者 : 国広正人
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2011年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784043944941

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ブラックなコメディ5篇『穴らしきものに入る』ホースの穴をくぐり抜けてから日常「穴」を見たら入りたい衝動に駆られる男の話。夜の営みは頭から(笑) 『金骨』--父親を火葬。遺骨が金だった!!それを盗もうとドタバタ劇。 『よだれが出そうなほどいい日陰』--日焼けを異常に恐れるヤクルトンレディの話。『エムエーエスケー』--顔にマスクが張り付いてそれを取ると別のマスクが・・。『赤子が一本』--「当たれば赤ちゃん一本」自販機の話。

  • 表題作含めた5編からなる短編集。ブラックでシュールで兎に角ぶっ飛んだ内容である。「なんだなんだなんだ」という台詞回しが時折出てくるが、それはコチラの台詞じゃい!という作品である。まぁブラックヤクルトンレディの話なんかは設定的には面白かったが、全編通じて僕的にはハマらなかった。こういうのも嫌いではないが今回はごめんなさいという事で。しかしこういうのを読むと『ホラーの定義』がどんどん分からなくなってくる。(;´д`)

  • 穴らしきものに入る
    設定は面白いけど安易すぎるというかこんなもんかって感じ、ラストも残念。
    残りの短編は興味がわかないので今は読んでいない、
    またいつか読む日が来るかも・・・・・

  • (収録作品)穴らしきものに入る(日本ホラー小説大賞短編賞(2011/18回))/金骨/よだれが出そうなほどいい日陰/エムエーエスケー/赤子が一本

  • 角川ホラー文庫だからホラーに分類してみたけど、ええと・・・シュール系??。ちょとブラックで不思議なお話集。グロくも怖くもない。最近の日本ホラー小説大賞短編賞は、新しい試みに挑んだ作品を選ぶのはいいんだけど、ストーリーがパンチに欠けるのが多い気がする・・・。個人的にマジ怖いのはダメなのでいいんですけど。

  • 角川ホラー文庫だからホラーに分類してみたけど、ええと・・・シュール系??。ちょとブラックで不思議なお話集。グロくも怖くもない。最近の日本ホラー小説大賞短編賞は、新しい試みに挑んだ作品を選ぶのはいいんだけど、ストーリーがパンチに欠けるのが多い気がする・・・。個人的にマジ怖いのはダメなのでいいんですけど。

  • 第18回日本ホラー小説大賞短編賞受賞
    もうね 突飛なストーリーに驚きなんだけど どうなるのか早く先が知りたくてグイグイ読めてしまった。
    そして驚きの結末・・・思わず寒気が走る!
    文句なく面白い。

  • 非常に、シュールであるが故に怖い。
    なかなか面白かったです。

  • 第18回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作『穴らしきものに入る』!その他に『金骨』『よだれが出そうなほどいい日陰』『エムエーエスケー』『赤子が一本』収録!『穴らしきものに入る』は面白かった!その他は少し物足りないような感じだった!

  • 表題作は星新一に性的な要素を数滴落としたような内容。ホラーものを読み慣れていないせいか、読後は空疎に感じられた。

全27件中 1 - 10件を表示

国広正人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
湊 かなえ
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)の作品紹介

ホースの穴に指を突っ込んだら、全身がするりと中に入ってしまった。それからというもの、ソバを食べる同僚の口の中、ドーナツ、つり革など、穴に入れば入るほど充実感にあふれ、仕事ははかどり、みんなから明るくなったと言われるようになった。だが、ある一つの穴に執着したことから、彼の人生は転機を迎えることになる-。卓抜したユーモアセンスが高く評価された第18回日本ホラー小説大賞短編賞受賞作に他4編を収録。

穴らしきものに入る (角川ホラー文庫)のKindle版

ツイートする