保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)

  • 28人登録
  • 3.57評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 元木泰雄
  • 角川学芸出版 (2012年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (258ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044092030

保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 実は保元・平治の乱をちゃんと学ぶのは初めて。でもわかりやすかったです! すごい似た名前の人たちいっぱい出てきたけど、さすが元木先生と言うか、混乱せずに読めました。

全1件中 1 - 1件を表示

保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)のその他の作品

元木泰雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
大岡 昇平
サン=テグジュペ...
有効な右矢印 無効な右矢印

保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)に関連する談話室の質問

保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)はこんな本です

保元・平治の乱 平清盛 勝利への道 (角川ソフィア文庫)の作品紹介

貴族社会が崩壊を迎える平安末期、京を舞台に勃発した保元・平治の乱。武士中心に語られてきた通説は、錯綜する兵乱の真実を本当に捉えているのか。河内源氏と伊勢平氏を巻き込み、王家と摂関家が骨肉の争いを繰り広げた保元の乱。政治の実権を握った信西を、院近臣藤原信頼らが源義朝の武力で倒すも、平清盛に敗北、河内源氏の壊滅と清盛の勝利を招いた平治の乱-。野心に燃える貴族と武士たちが鎬を削った、闘いの真実に迫る。

ツイートする