俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)

  • 28人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 高浜虚子
  • 角川学芸出版 (2009年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (142ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094126

俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • (例により読了)。椎柴の李朝。キゼエモのシゲカズ。 059

  • 高浜虚子の『俳句とはどんなものか』は、雑誌「ホトトギス」に大正2年5月号から「六ヶ月間俳句講義」として連載されたものだそうです。大正2年というと今から100年前。でも、ご安心を。この本は、新字新仮名に改められ、読みやすくなっています。内容も、わかりやすい言葉で、実例を交えて、「俳句とはどんなものか」が語られています。まずは、お読みくだされ。

  • 写生、客観的描写の徹底は、それによって対象への共感がしみじみと沸き上がってくる。

    共感や同情のない主観的主張より、はるかに思いがこもっている。

全3件中 1 - 3件を表示

俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)のその他の作品

高浜虚子の作品

俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)はこんな本です

俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

俳句とはどんなものか (角川ソフィア文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする