パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)

  • 47人登録
  • 4.20評価
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 鹿島茂
  • 角川学芸出版 (2013年10月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (283ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044094508

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 祝文庫化

    角川学芸出版のPR
    「文学作品にも登場する高級娼婦たち。娼館の内部や娼婦の生活を描く!

    19世紀のパリ。赤いネオンで男たちを誘う娼婦の館があった。男たちがあらゆる欲望を満たし、ときに重要な社交場になった「閉じられた家」。パリの夜の闇にとける娼館と娼婦たちの世界に迫る画期的文化論。」

全1件中 1 - 1件を表示

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)のその他の作品

鹿島茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ピエール ルメー...
谷崎 潤一郎
三島 由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)はこんな本です

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

パリ、娼婦の館 メゾン・クローズ (角川ソフィア文庫)の作品紹介

19世紀のパリ。赤いネオンで男たちを誘う娼婦の館があった。男たちがあらゆる欲望を満たし、ときに重要な社交場になった「閉じられた家」。パリの夜の闇にとける娼館と娼婦たちの世界に迫る画期的文化論。

ツイートする