揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)

  • 196人登録
  • 3.54評価
    • (20)
    • (23)
    • (68)
    • (2)
    • (0)
  • 22レビュー
著者 : 津守時生
制作 : やまね あやの 
  • 角川書店 (2005年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044117184

揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「調律」という謡うことにより物質の性質を作りかえるという紙から授かった力を持つ一族の少年が主人公。
    「最高調律師」という世界を再構築しなおす使命を持った少年の旅と成長の物語。

    ありがちな設定のファンタジーだと思う。なのに、ついつい続きが気になって読み進めてしまう小説。
    現在2巻までしか発売されていない。3巻の発行が待ち遠しい。

  • 大人の事情か、二巻までしか刊行されてない。
    面白くなってきたところで、続刊を心配したら以後読む気が萎えた。
    先のストーリーが気になってしまうので、未完の作品が苦手というのと、津森さんの発刊ペースを考慮してのこと。
    三巻が出たら絶対続きを読むのになあ。

  • 眠れなくて、とりあえず一番上に置いてあったのをちょろりと読んで気を紛らわせようとしたら、うっかり夢中になってしまって余計に眠れなくなってしまった……。
    面白いと聞いていたのだが、発行ペースが遅いとも聞いていたので、待っているうちに話を忘れそうだというのがあって買ったまま放置していたこの本。やばいなー、うっかり夢中になって読んでしまったので、次が出るまで話を覚えていられるか心配です。今、積んであった二巻も読んでるよ。

    私的には、蘭導が好きかな(笑)。ひねくれたツンツン野郎は大好きです。こういうのが主人公にめろめろになってくれるとたいへん楽しいのだが、彼がめろめろになる日は来るのだろうか。

  • 2巻まで刊行以下続刊。
    歌で世界を調律する、という設定が面白い。
    相変わらず素敵な男女が満載だし続きが楽しみ。

  • イラスト やまねあやのさんで著者が津守さんとなれば、読んで間違いないだろうと、2005年に発売になった作品を今年読みました。
    いや~ほんと、すっかりとりこになってしまいました。

  • タイトル通り不安定な世界を当代の最高調律師・ダリル少年が曲者のお供霊獣を従えて旅をするというお話。
    さすが津守さん!面白いのももちろんだけど、めちゃくちゃ美形率が高い。しかも美形が多い理由は神様が面食いだから!というツッコミようがない理由だし(笑)
    今回は珍し〜く年端もいかないお子ちゃまが主人公だけど脇を固めるのは超絶美形。スクリーングラス必須のルシファードには負けるだろうけど、かなりの長髪美形だ。しかも腕っぷしも強い。回を重ねるごとにこれからも美形が増えて行くだろう。なんたって「神様は面食い」だもん。

  • どーも今一歩。世界を作り変えることができる最高調律師となったダリルと彼を主とする霊獣の旅のお話。
    香縁の喋り方も読みにくい・・・。蘭導の方がよい。

  • 良いです!中盤から後半にもぅいい感じです♪早く(2)が出ないかしら〜〜
    ネネストー神の美形好き☆万歳!(←阿呆っ)
    『奇跡の純真と妖艶な徒花が織りなす、津守時生の待望の新シリーズ!!』

  • 面白いです。ただ連載雑誌が不定期なので続きが待ち遠しかったり。

  • この表紙のイケメン兄さんの言葉遣いを、
    中身を読んで知ってショック受けました。

    が、おもしろい本でした。
    早く続き出て欲しいです。

全22件中 1 - 10件を表示

津守時生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

揺らぐ世界の調律師(1) (角川ビーンズ文庫)の作品紹介

ここは、変転の神・ネネストー神が治める大陸。万物が不安定で環境の変化や生物の変異が起こりやすい中、謡うことでそれらを安定させ、再構成する。それが"調律師"と呼ばれる特殊能力者たちの仕事だ。その調律師のひとりである少年・ダリルは、父の旧友で美貌の男・香縁に、調律師の中でも特に優れた力を持つ"最高調律師"と認められるが…!?奇跡の純真と妖艶な徒花が織りなす、津守時生待望の新シリーズが始動。

ツイートする