朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)

  • 44人登録
  • 3.50評価
    • (3)
    • (2)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 栗本薫
制作 : 石原 理 
  • 角川書店 (2003年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (340ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044124205

朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うう…ドロドロ苦しい。風間の暴走により警察沙汰。群がるマスコミ。無言電話や嫌がらせは良の元妻のアレって気付きそうなものなのに。更に雪子の夫の汚職のおかげでもしかしたら情報操作できるかもと思っていたら二人で逃避行の上とうとう…。眩暈。良はさ、やっぱ天性の魔性だよ。

全1件中 1 - 1件を表示

栗本薫の作品

朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)の作品紹介

透と良、危ういバランスの上に成り立っていたふたりの生活は、良に執着する作曲家・風間の出現により脅かされた。風間が良に暴力をふるい、それが大スキャンダルに発展したのだ。良が入院し、孤立無援の状態に陥った透は、それでも良を守るため、記者会見に臨む。しかし効を奏することはなく、事態は悪化の一途を辿ることに…。追い詰められたふたりの行く末にあるのは、愛か、それとも…!?クライマックスへの序章・第四巻。

朝日のあたる家〈4〉 (角川ルビー文庫)の単行本

ツイートする