極道くん漫遊記〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)

  • 91人登録
  • 3.13評価
    • (2)
    • (3)
    • (25)
    • (1)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 中村うさぎ
制作 : 桐嶋 たける 
  • 角川書店 (1992年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (302ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044125028

極道くん漫遊記〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • プリンスー!!
    待ってましたドラ息子。美形枠埋まりましたな!ほとんど話忘れてるので次の巻から楽しみ。
    でもペガサスのこととかイッサーとか断片的には覚えてたりと当時印象深かったんだなぁとしみじみ。
    ママがまじ最強!

  • ほんと、毎度のことながらどたばたでした笑
    ラノベーってかんじがサラーっとよめるのでなんだかんだ好きです。
    新しい仲間が増えて、イケメン二人になってこっそり嬉しいです。

全2件中 1 - 2件を表示

中村うさぎの作品

極道くん漫遊記〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

極道くん漫遊記〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

極道くん漫遊記〈2〉 (角川文庫―スニーカー文庫)の作品紹介

ゴクドーくんとルーベットの、史上最強(悪)コンビが、砂漠の国、パルミットへとやってきた。折しも始まる王女様の花婿選びレース。スタート地点にあたる国境の村で、どーゆう訳か花婿候補になってしまったゴクドーの前に、ギョーザ大王は出るわ、ミイラ男はくるわ、スフィンクスは吠えるわ。なんだかよくわからんが大冒険が始まってしまったのであった。魔法満載、美少女満杯、怪物満喫の娯楽超大作、ゴクドー2、ついに登場だあ。

ツイートする