なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)

  • 200人登録
  • 3.52評価
    • (15)
    • (24)
    • (58)
    • (1)
    • (1)
  • 12レビュー
著者 : 神坂一
制作 : 鈴木 雅久 
  • 角川書店 (1993年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (202ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044146016

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  平凡な女子高生だったエリは、突然異世界の(恐竜のような)住人レックスから召喚される。初めはゲームの主人公気取りで『悪』を倒そうとするが、徐々に人間的に成長していく・・・かもしれないライトファンタジー。なりゆきまかせの異邦人ぶりを存分に発揮します。(全4作)
     むか~し、女の子が読むような小説(確か作者名は折原みと?)で、似たような内容の本を見たことがある気もします。あまり覚えてませんが。

  • 中学生の頃、スレイヤーズが面白かったので、次に読んだ本。
    女子高生が主役なので、スレイヤーズより入り込みやすくて面白かった。

  • 懐かしい……!好きだったなあ、これ。タイトルの《日帰り》ってとこがまた、気楽な感じでいい。

  • スレイヤーズからの流れでこのシリーズを手にしたのはもう軽く十年前のこと。Kindleの角川セールに乗っかって、懐かしさの余り全四巻購入。
    久々に読むと日本の情勢に然程変化がないことが見て取れ、苦々しい感じもありますが、それ故に今でも受け入れ得られる素地のある作品です。
    スレイヤーズは軽いノリとわが道をゆく主人公のお陰で誤魔化されがちでありますが、扱う内容は意外と重く非道であることが多い。日帰りクエストも同系統で、多少酷さが控えられているとは言え、エリには秘められた力もなければ、特別な頭脳もない、ごく一般的な女子高生。それをリアル戦争に放り込むというところに突き放した感じを受けます。
    ま、それもかーるく乗り越えちゃうんですけどね、エリは。
    日帰り可能な異世界、という設定も、話が重くなりすぎないよう配慮された結果なのかもしれません。
    何か軽くすらっと読みたい、という時にお勧め。

  • 主人公が結構大胆。特にすごい能力も無いのに切り抜けていくのが良い。

  • スレイヤーズの他だとこのシリーズが好きだった。遊び人レベル1だっけな。エリはまったく魔法とか使えないのに機転と運で乗り切ってくのが面白くて。ただ結構内容は重かった。スレイヤーズ本編ほどじゃないけど。

  • 現実世界から異世界へと飛ぶ話。
    最初の設定はいたってありふれているが、世界の行き来が簡単で、また、主人公に主立った能力が無いところが面白い。

    スレイヤーズで有名な神坂一氏ではあるが、スレイヤーズとはまたちがったファンタジーとして面白いと思う。

  • 軽快なテンポが良いです。
    よくある異世界召還モノかと思いきや、「間違いですごめんなさいお帰りください」って感じの冒頭で意表を突かれました〜。

  • 神坂一といえばスレイヤーズかもしれないけど、この作品も大好きでした。テンポが良くて、全四巻で構成もまとまってる感じで面白かったです。あと、巻名や各章のタイトルセンスもさすが(笑)

  • スレイの神坂一先生の作品で、これも私が大好きな作品です!
    主人公男前ですよ。もう傲慢に我が道を行きます。
    という事で騙して、題名通り、日曜の10時に異世界に呼んでもらいその日に帰ってくる異世界「日帰り」旅行をする事になった女子高校生エリの話です♪

全12件中 1 - 10件を表示

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)のその他の作品

神坂一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)はこんな本です

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

なりゆきまかせの異邦人(ストレンジャー)―日帰りクエスト (角川文庫―スニーカー文庫)の作品紹介

元気だけがとりえの女子高生・エリ。そのエリがある日突然、異世界に連れてこられてしまった。エリは観光気分で大はしゃぎ。おまけにRPGの勇者気どりで悪を滅ぼす旅に出る、なんて言いだしたから大変!エリをこの世界に呼び出した魔道士レックスを脅迫して、毎週日曜午前10時にこっちの世界に呼ぶようムリヤリ約束させた。とんでもないヤツを召喚してしまったらしいと気付いたレックスだけど、もう後の祭り-。さあ、これからどうなる。こっちの世界とあっちの世界をなりゆきまかせで行ったり来たり。お気楽な女子高生・エリのスーパー・ライト・ファンタジー、待望の新シリーズ。

ツイートする