レンタルマギカ―妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫)

  • 457人登録
  • 3.50評価
    • (20)
    • (30)
    • (80)
    • (3)
    • (0)
  • 14レビュー
著者 : 三田誠
制作 : pako 
  • 角川書店 (2007年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044249168

レンタルマギカ―妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 11冊目。
    舞台は外国のロンドンに移り、ついにオピオンと直接的に対決するように。

    敵が強くてアストラルの面々が破れたというのもあるけど、
    それ以上に猫屋敷さんが反則すぎる気が。

  • ラピスちゃんとみかんちゃんの争いがかわいい(^^)

    影崎さん……

  • 借本。

  • みかんちゃんかわいい。

  • これも惜しい気が。

  • 順番に読んでるわけではないのでラピスって誰?オルトっと誰?状態でしたが、社長こといつきが皆に愛されてるのは分かりました。いつきのヘタレ感がもう少し減るといいけど、妖精眼を使った時のギャップを楽しむ為にも、きっとヘタレなままなんだろうな…。

  •  前々からその姿をちらつかせていたオピオンが少し前面に出てきました
     その意図の断片と力が垣間見えたわけですが
     今後力のインフレが起こる前触れではないかと危ぶまれてなりません
     何しろ穂波もアディもぼろ負けでしたから

     しかし恐るべきは影崎と猫屋敷
     単なる冴えない人や猫好きではなかったのですね
     よもやここまでの能力を秘めていたとは
     完全にチートの領域です

     そろそろグラムサイトの封印が持たなくなるのも時間の問題に思えてきた今日この頃
     いつきの過去、アンブラーの名の由来、オピオンとの確執
     物語はまだまだこれからですね
     どうなる事やらー

  • 魔法使いを裁く魔法使い、影崎の本領発揮。

  • アストラルが査定を受ける為にロンドンに呼び出されます。

    節操なしで完全無欠の技を見せる猫屋敷、が「1度だけ決闘で負けた事がある」相手がいる事を明かします
    協会の「魔法使いを罰する魔法使い」影崎
    最後しか出番ないくせにごっついインパクトの技を繰り出します

    オピオンの姿が表に出てきました

全14件中 1 - 10件を表示

三田誠の作品

レンタルマギカ―妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

レンタルマギカ―妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

レンタルマギカ―妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫)の作品紹介

"アストラル"のメンバーは"協会"の審査を受けるため、英国・倫敦にいた。巨漢の錬金術師の手による魔法使い殺人を合図のように"螺旋なる蛇"が"協会"本部を襲撃、最強と呼ばれていた魔法使いたちが次々と倒されていく。みかんの絶対防御も異国の地では発動できず、いつきも穂波達とは散り散りに。果たして"アストラル"の命運は!?そしてついに発動する「魔法使いを罰する魔法使い」影崎の真の力とは!?大人気異種魔法格闘戦。

レンタルマギカ―妖都の魔法使い (角川スニーカー文庫)のKindle版

ツイートする