アザゼルの鎖 (角川スニーカー文庫)

  • 24人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 梅津裕一
  • 角川書店 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044250041

アザゼルの鎖 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これは面白い

  • ぞっとした。すごい怖い。あと仕掛けにもびっくり

全3件中 1 - 3件を表示

梅津裕一の作品

アザゼルの鎖 (角川スニーカー文庫)に関連するまとめ

アザゼルの鎖 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

アザゼルの鎖 (角川スニーカー文庫)の作品紹介

眉と唇を削がれ、手足を鎖で縛められ埋められていた女子高校生の死体。それは聖書の偽典エノク書に記された堕天使アザゼルの処刑方法と同じ姿だった。埼玉県警特異殺人専従班、通称「特専」の刑事・浅田直樹は、パートナーの女刑事・羽崎とともに独自の捜査を開始する。次々と明らかになる陰惨な事実とねじれた悪意。そして直樹が"堕天使"を追いつめたそのとき、断罪の罠が羽崎を襲う!恐るべき殺人事件に秘められた戦慄のリアル。

ツイートする