きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)

  • 8039人登録
  • 3.64評価
    • (948)
    • (948)
    • (2227)
    • (91)
    • (24)
  • 764レビュー
著者 : 乙一
制作 : 羽住 都 
  • 角川書店 (2001年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044253028

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中学生のころ好きだったなぁ…と懐かしく再読。
    傷-KIZ/KIDS-が今も面白いと感じた。
    あっというまに読み切ってしまう量ですが。

  • どの話もストレートかと思いきや歪みのある様な話。
    その歪みが魅力。
    どの話も甲乙つけ難い。どれもなんらかの救いがあるのはスニーカー文庫だからかな。
    またいつか読み返すであろう1冊。

  • せつなさの達人というキャッチフレーズをよく見かける乙一。初期ファンタジー短編集を初読。例えば、友達がいない高校生が脳内ケータイで唯一の友達をつくる話。出だしとテンポはいい。オチもそこそこ。なのにどうもダメ。何がダメ?主人公のかずえ(仮名)が、うじうじで、じつは腹黒。まったく感情移入できない。そうすると、どの話も登場人物のやさしい行動が偽善にみえてくる。ごめん、作者のせいじゃなく、かずえのせいなんだ。

  • 私の中の乙一ブーム再燃に付き再読。
    確か一番初めに読んだ時泣きそうになったんですけど、さすがに二度目はオチを知ってるのでそこまでは…と思いきや。
    最後の話は、挿絵があったので、性別混乱しました。

  • 文書がおかしいところがあって、何か所も、変なところでストーリーがぶつぶつ切れてしまいました。文書もなんだか堅いんだよね~作文みたいです。期待しすぎて読んでしまったせいか、それほどでもなかったな。

  • 大好きな乙一さんのいちばんすきなお話

    切ないお話がだいすきなのです

    時間が一時間ずれてることにこんなに意味があるとは思いませんでした

  • とても優しい話で感動しました!

  • 切ない短編集。泣けるし、定期的に読み返したくなる本。

  • 3つの物語からなる短編集。どれも予測不能なラストと現実にはありえないのに登場人物にわく不思議なほどの親近感。

  • 私にとっては初めての乙一です。短編集はあまり好きではなかったのですが、いいもんですね。2000年に発表された作品で、初期の作品だと思います。小説全体から青臭さのようなものが感じられますが…私はどういうわけか泣いてしまいました。泣かしにかかってるのかなとか、現実離れした設定だなとか、若々しすぎる…と思いつつも号泣。傷がテーマになってるからでしょうか。どれもそれなりに救いのある結末になってるので、自分の中の傷のようなものも癒されました。乙一に興味がわきました。3つ目の書き下ろし短編の「華歌」は最後まで読んで、アレ?となりました。まさかこういう風に驚かされるとは思っていませんでした。そういう意味でも楽しめました。

全764件中 1 - 10件を表示

乙一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)に関連する談話室の質問

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)に関連するまとめ

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)の作品紹介

私にはケイタイがない。友達が、いないから。でも本当は憧れてる。いつも友達とつながっている、幸福なクラスメイトたちに。「私はひとりぼっちなんだ」と確信する冬の日、とりとめなく空想をめぐらせていた、その時。美しい音が私の心に流れだした。それは世界のどこかで、私と同じさみしさを抱える少年からのSOSだった…。(「Calling You」)誰にもある一瞬の切実な想いを鮮やかに切りとる"切なさの達人"乙一。表題作のほか、2編を収録した珠玉の短編集。

きみにしか聞こえない―CALLING YOU (角川スニーカー文庫)のKindle版

ツイートする