GOTH 夜の章 (角川文庫)

  • 9967人登録
  • 3.64評価
    • (1103)
    • (1152)
    • (2393)
    • (181)
    • (38)
  • 943レビュー
著者 : 乙一
  • 角川書店 (2005年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044253042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
あさの あつこ
ZOO
乙一
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

GOTH 夜の章 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 黒乙一Ver.の連作短編集。主人公の少年と森野夜という名の少女がふわっとした残酷さを持ち合わせているので、各話ゾッとしつつもつい読み進めてしまった。オススメ...と言うより、一番衝撃を受けたのは『犬』

  • 猟奇的ー。。。
    そして、胸が苦しくなる。
    グロテスクなのは大丈夫なはずなのに、そういう次元の話じゃない꒰꒪꒫꒪⌯꒱
    ちょっと★2つ。

  • 映画化もされているけれど、この物語の魅力はやっぱり活字で読まないと伝わらない部分がたくさんあるように思う。
    昔から推理小説が好きだった。
    事件物も好きだったし、ノンフィクションもたくさん読んだ。
    「快楽殺人」を分析しているような周りから引かれるような内容かな?と思ったときは、カバーをかけて持ち歩いた。
    本を読まない人たちにとっては推理小説とはホームズのようなものを連想するらしい。
    最近では「ストロベリーナイト」のような猟奇殺人を扱った作品も珍しくなくなったけれど、10年前でも未成年者が嬉々として読むようなものではなかった。
    少なくとも親には歓迎されなかったとは思う。
    「GOTH」は年齢的にもぴったりの時期にめぐり会った物語だった。
    森野夜と「僕」のやりとりが、わけもなくすっと胸に入ってきたことを覚えている。
    やたらといろんなことに過敏になくせに、大切なことが何なのかをわかっていなかった時代。
    好きなものに夢中になりながらも、犯罪小説を読みふけっていた時代。
    あのころに比べて少しは大人になれたのだろうか。
    若い世代には特に読んでほしいなぁと思う。
    というよりも、若くなければ感じ取れない何かが詰まっている物語だと思う。

  • GOTH[ゴス]

    「私の心は暗黒なの。」

    「この世には殺す人間と殺される人間がいる。」

    ゴスな少女と少年、そして少し狂った犯人たちの物語。


    【神戸市外国語大学 図書館蔵書検索システム(所蔵詳細)へ】
    https://www.lib.city.kobe.jp/opac/opacs/find_detailbook?kobeid=CT%3A7000174406&mode=one_line&pvolid=PV%3A7000300216&type=PvolBook

  • 僕の章を読み終えてから夜の章を読了。どうやら順番間違えたらしい(^^;
    犬の話が切なかった。展開に無理はあったけど。自分が犬を飼っているから尚更なのかな。僕と森野の関係性が面白い。

  • (20161016)大人になって久しぶりに読んだけどこんなに暗い内容だったっけって思うくらいの暗さだった

  • 「猟奇的なものに興味が有る」という共通項を持つ高校生の「僕」と「森野夜」の、キャラが実に面白い。ミステリーとしての面白さもあるけど、何よりもキャラクターの勝ちだと思う。

  • 世界観でてる

  • 『GOTH 夜の章』読了。
    以前、夜の章を読んでから5年が経ってました。フォロワーさんの感想ツイートを読んで再び読みたいと思ったのがきっかけです。僕の章はまだ読んだことないのですぐにでも読みたい。乙一ワールド全開。

  • 知人に薦められて。
    実は一度挫折して読み直した本。
    冒頭からグロいのと、当時はラノベアレルギーだったため主人公のキャラが受け付けなかったから。
    でも読み直してよかった!
    巷にあふれるチープなラノベの、「俺、感情なんてないんだ……」キャラやサイコパスキャラによくある表面だけなぞったペラペラな人物造形が苦手だったのだが、この作品は受け入れられた。あとがきのおかげで。なるほど妖怪モノとして読めばいいのか。そう考えると素直にすとんと物語に入り込める。主人公も犯人も人間じゃない何かだと考えれば、余計な違和感はなくなる。
    作者が書いているように、犯人の背景があまり書かれていないために、すんなりそういう読み方をすることができた。

    他のラノベもこういう風に楽しめばいいのかもしれない。ラノベの楽しみ方を教えてくれた本。

    それでも「犬」は無理があると思うけれど(苦笑)。オチは最初予想していた通りだったが、そういう目線で読んでも「私」があまりに犬っぽい(人間らしくない)ので途中から予想変更したのだ。せめて少女があえて「かみ殺す」という方法を選択したことに必然性があればな……結果的にナイフでとどめさしてるから、別にその方法にこだわってるわけでもなさそうだし。寝てるところを最初から刺せばよかったよね。
    それに少女と大型犬だと大型犬の方がまだ強いイメージがあるのだが……。

  • 2016.1.11
    最初は昼休み中にお弁当食べながら読んでしまったがために、読み続けることができずに中断。オエェ〜!この本読みながらご飯なんて食べられませんよ。
    その後放置してしばらく後、テーブルの横にたまたまあったので再読。
    猟奇的で、思いのほかミステリでありました。まー、暗いわなー。でもリストカット事件の方も買っちゃったから読まねばな〜。
    黒乙一ってこんな感じ?白の方が好きだな。

  • 乙一はやっぱりすごいと思う。「犬」が衝撃的。

  • 2013/1 暇潰しに再読。

  • 大学卒業したばかりの頃に出した作品らしくなんとなく瑞々しい猟奇的ラノベ。まあ、いろいろ無理はあると思うけどそれなりに楽しい。

  • ラノべとして発表されたにも拘わらず、本格ミステリ大賞を受賞、作者も大変驚いたという作品。
    ラノべしか読まない人にもミステリの面白さを知らしめよう と意図して書いたそうです。叙述トリックを用いつつキャラの魅力とリーダビリティを両立させた、努力の結晶であるといえるでしょう。
    平成14年出版。現在なら最初から大人レーベルだろうと思われます。

  • !さわやかな朝をむかえたい方は読まないでください。

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち―“GOTH”を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。

    【キーワード】
    文庫・ホラー・短編集


    ++2+4

  • 本格ミステリ大賞

  • ライトノベルミステリ投票の、ベスト3くらいは読んでみようシリーズ第三弾。第6位の乙ーの短編集は、猟奇殺人とか犬の死骸の山とか人の生き埋めとか、題材がどうにも気持ち悪くて、ランチ中には読めないな~。暗黒面の心理をとりあげるのはいいけど、キモホラーがメインでトリックがサブだと、逆だといいのに、って思っちゃう。同じ作家でも、ペンネーム中田永一の日常系のほうが、自分には合うのかも。6つの短編のうちのベストは「リストカット事件」。たった40ページの短さに、固執する不思議な人間心理、いきなり犯人が判明する巧みな構成、真犯人の意外な動機、と魅力が詰まってて、本格ミステリ大賞受賞もなるほどの出来映え。でもやっぱ暗い。

  • 読んでいる途中、ふと辻村深月の「オーダーメイド殺人クラブ」を思い出しました。だいぶ前に読んだものだったのではっきりとは思い出せなかったのですが、似たような雰囲気がありました。

  • 本屋さんの平積みで購入して以来の再読…って、え、10年ぶり…?

  • ネットで購入した本。
    「暗黒系」僕は、クラスメイトの森野夜が拾ったという手帳に、連続殺人鬼の日記が書かれていることに気づき、まだ発見されていない被害者を夜と一緒に見に行く。
    「犬」最近、僕の家の近所で小さめの犬が盗まれるという事件が多発し、この謎を僕はひとりで追っていく。
    「記憶」森野夜には、実は双子の妹夕がいたが、小2の時に首をつって亡くなった事を知り、僕は夕が亡くなった現場を一人で見に行き、真相を確かめる。

  • この、読んでいて胃が重くなって考えが止まる感じ、本から発せられる湿度はなんなんだろうねぇ。

    森野は普通の小説ならヒロインとして起用されそうなのに大して出て来ず、しかも知らない間に殺されかけてるってのは、、、いやでもだからこそのヒロインと言えるのか。

    僕は最近になってライトノベルを読み始めたというか、読んだ後で世間では「ライトノベル」に分類されてるらしいということを知ることが多い。
    でも所詮それは売る側の売りやすくする為の分類だから、「ラノベなんて•••」と思ってるひとには、ひとにこそ、読む側の時にはこの『ミステリ』を読んでもらいたい、、、って上から目線になっちゃった。

  • おもしろかった。
    猟奇的なアブノーマル感。
    推理小説的なトリック、どんでん返し。

  • ライトノベル風でとても読みやすく読み慣れていない自分でも挫折せず読めました。

全943件中 1 - 25件を表示

GOTH 夜の章 (角川文庫)に関連するまとめ

GOTH 夜の章 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

GOTH 夜の章 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GOTH 夜の章 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

GOTH 夜の章 (角川文庫)の作品紹介

森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち-"GOTH"を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。

GOTH 夜の章 (角川文庫)のKindle版

ツイートする