GOTH 夜の章 (角川文庫)

  • 10041人登録
  • 3.64評価
    • (1107)
    • (1158)
    • (2400)
    • (180)
    • (38)
  • 947レビュー
著者 : 乙一
  • 角川書店 (2005年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044253042

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
綿矢 りさ
米澤 穂信
宮部 みゆき
あさの あつこ
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

GOTH 夜の章 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 僕の章まで読み終えたので振り返って感想。

    「暗黒系」
    つかみなのでトリックもあっさり。
    読み返すと森野さんこのころからアホだな。

    「犬」
    完全に騙された。
    これアンフェアじゃないの?!プンスコプンスコ
    と気持ちのいい読後感でした。
     ユカの瞳に映った自分の顔と話をしていたのかもしれない。
    この一文が効きます。

    「記憶」
    子供の殺人の話。
    森野がまっすぐな瞳で人の死を見つめ続けているから、「僕」は彼女に執着するのかなぁ。と思った。

    あとがきの、”犯人たちを怪物として描きたかったので、殺人の理由や過去のトラウマといった問題には触れませんでした。”との記述にジョジョの吉良吉影を思い出しましたが・・・。

  • ラノべとして発表されたにも拘わらず、本格ミステリ大賞を受賞、作者も大変驚いたという作品。
    ラノべしか読まない人にもミステリの面白さを知らしめよう と意図して書いたそうです。叙述トリックを用いつつキャラの魅力とリーダビリティを両立させた、努力の結晶であるといえるでしょう。
    平成14年出版。現在なら最初から大人レーベルだろうと思われます。

  • 映画化もされているけれど、この物語の魅力はやっぱり活字で読まないと伝わらない部分がたくさんあるように思う。
    昔から推理小説が好きだった。
    事件物も好きだったし、ノンフィクションもたくさん読んだ。
    「快楽殺人」を分析しているような周りから引かれるような内容かな?と思ったときは、カバーをかけて持ち歩いた。
    本を読まない人たちにとっては推理小説とはホームズのようなものを連想するらしい。
    最近では「ストロベリーナイト」のような猟奇殺人を扱った作品も珍しくなくなったけれど、10年前でも未成年者が嬉々として読むようなものではなかった。
    少なくとも親には歓迎されなかったとは思う。
    「GOTH」は年齢的にもぴったりの時期にめぐり会った物語だった。
    森野夜と「僕」のやりとりが、わけもなくすっと胸に入ってきたことを覚えている。
    やたらといろんなことに過敏になくせに、大切なことが何なのかをわかっていなかった時代。
    好きなものに夢中になりながらも、犯罪小説を読みふけっていた時代。
    あのころに比べて少しは大人になれたのだろうか。
    若い世代には特に読んでほしいなぁと思う。
    というよりも、若くなければ感じ取れない何かが詰まっている物語だと思う。

  • 知人に薦められて。
    実は一度挫折して読み直した本。
    冒頭からグロいのと、当時はラノベアレルギーだったため主人公のキャラが受け付けなかったから。
    でも読み直してよかった!
    巷にあふれるチープなラノベの、「俺、感情なんてないんだ……」キャラやサイコパスキャラによくある表面だけなぞったペラペラな人物造形が苦手だったのだが、この作品は受け入れられた。あとがきのおかげで。なるほど妖怪モノとして読めばいいのか。そう考えると素直にすとんと物語に入り込める。主人公も犯人も人間じゃない何かだと考えれば、余計な違和感はなくなる。
    作者が書いているように、犯人の背景があまり書かれていないために、すんなりそういう読み方をすることができた。

    他のラノベもこういう風に楽しめばいいのかもしれない。ラノベの楽しみ方を教えてくれた本。

    それでも「犬」は無理があると思うけれど(苦笑)。オチは最初予想していた通りだったが、そういう目線で読んでも「私」があまりに犬っぽい(人間らしくない)ので途中から予想変更したのだ。せめて少女があえて「かみ殺す」という方法を選択したことに必然性があればな……結果的にナイフでとどめさしてるから、別にその方法にこだわってるわけでもなさそうだし。寝てるところを最初から刺せばよかったよね。
    それに少女と大型犬だと大型犬の方がまだ強いイメージがあるのだが……。

  • 乙一はやっぱりすごいと思う。「犬」が衝撃的。

  • 大学卒業したばかりの頃に出した作品らしくなんとなく瑞々しい猟奇的ラノベ。まあ、いろいろ無理はあると思うけどそれなりに楽しい。

  • !さわやかな朝をむかえたい方は読まないでください。

  • 本格ミステリ大賞

  • おもしろかった。
    猟奇的なアブノーマル感。
    推理小説的なトリック、どんでん返し。

  • ライトノベル風でとても読みやすく読み慣れていない自分でも挫折せず読めました。

  • 「犬」は結末を知ってから読むと混乱する。

    「記憶」で、森野の本名を初めて呼ぶあたりがとても良かったです。
    ここで二人の関係が深まったと、私は思ったのですが……(下巻に続く)

  • 学生時代に読んで、一番びっくりしたミステリー。

    「犬」の章の衝撃が、5年以上たった今でも忘れられない。

  • 20140420

    夕ちゃん可愛い。昔みたいに笑ったところが見たいと思いました。
    久しぶりに乙一読んだけど、殺人描写がえぐくて最後にどんでん返しがくるのは変わってない。
    文章が読みやすいのはライトノベルだからなのでしょうか。ライトノベルかいなかの見分けがいまだにわかりません。掲載誌の違い?

  • 夜の正体?が分かって面白い。
    内容はよく覚えてないのだが、楽しませてもらった記憶はあるので☆4

    描写が少しきついところもあったかな。

  • 暗黒系

    記憶

    どれも面白かった。
    あとがきで主人公と犯人は妖怪で、というのを見て読んだせいもあるかもしれない。
    でなかったら暗黒系は物足りなかったと思うから。

    記憶まで読んだところで暗黒系に戻ると夜が戻りたがっているように思えて可哀想ではある。
    小さな頃の状態のまま人間が大きくなるとは限らないのだから、もしかしたらどちらもなにかのきっかけや緩慢な時間の流れで変わって明るく健全に育っていたのかも知れないけど、死にとりつかれてしまって抜け出せなくなってしまって可哀想。
    でもそうなったらそうなったで主人公と出会えずにどこかで死んでいたかもしれないからいいのかもしれない。

  • ザ・黒乙一、というのを感じました。
    人間の残酷な面を覗きたがる主という悪趣味を持ってる主人公とヒロインのお話。でも人間って残酷な部分もあってグロテスクなものや怖いものに興味があると思います。
    ただこの登場人物は人間のそういう面を隠していないだけみたいに感じました。
    淡々と進められていくけど少し怖いと思いました。
    「犬」は最後に驚きました。ミスリードが多かったです。

  • 「犬」と「記憶」は騙された。

  • ぐろい。
    描写が、緻密で周りの空気感まで伝わってくる。
    主人公たちの志向も暗くて、ただこんなやついないって全否定できないところがまたリアル。

    死んだふりをして楽しむ。人が死んだ場所を見る。
    これが遊びや趣味と言い張る人は、さぞかし特異。

    血の描写で、身がすくっとなってしまった。。。

  • 意外と森野は普通の人間。

  • 一気に読破。おもしろかった。
    10年ぶりくらいに読んだから全然覚えてなくて新鮮だった。なのに記憶は覚えてるというね…。
    やっぱり暗黒がすきだ。

    2013.11.01

  • 久しぶりに乙一氏の書籍を読もうと思い選んだ一冊です。

    非常に薄いのであっという間に読むことができ、乙一氏のちょっと不気味な感じを十分に味わえることができました。

    中心となる登場人物は高校生の男女です。どちらも「死」に対して特別な感情を抱いています。

    彼らの周りで起きた殺人事件3つが書きつづられており、どの話も結構な・・・いやかなり猟奇的な殺され方をします。

    個人的には最後の作品が一番好きです。

    タイトルとなっているGOTH(ゴス)はゴスロリのゴスと著者が記述しています。ですが、ファッション的なゴスはあまり出てきませんのでそっち方面が好きな方は期待をしないで読んでください。

    ★を3つにしてしまったのは、妹をもう少し活躍させてほしかったという思いと、もう少し長くできそう、続編を期待したいと思ったからです。

    また、どうもテンポが速くなってしまうと追いつけなくなるみたいで、私の読解力ではすっと入ってこないところがありました。

    この人の作品はたまに読みたくなるなぁ。

  • 「犬」は最後びっくりした。タイトルを見た時からもう刷り込まれてるんだろうな。
    グロいけど、この生々しさが良いんだと思う。
    主人公の暗い性質、私は好き。

  • 2012 8/5読了。自宅蔵書。
    『ミステリーの書き方』という別の本の中で、著者の乙一自身がプロットの書き方の例にGOTHの「暗黒系」を取り上げていたことを機に再読。
    プロットの書き方の話を聞いてから読むと「なるほどなー」と思うところ大。ふーむ・・・

  • 実際に「こんな風にものを考えて、こんな風に振る舞う」高校生が居たら
    いわゆる「中2病」と扱われ、周りからは疎まれる対象になるのではないかと思いますが
    そこはそれ、小説の中の登場人物として捉えれば、かっこいい物語だと思います。
    短編集として、最初の一片を書いた後に急遽、他も書くことが決まったそうですが
    その部分を考えても、やはり乙一さんは才能があるな~と感じました。
    短い中に推理風あり、叙述トリックぽいものあり、しっかりミステリであり。
    短くて面白い物語を書くのは本当に難しいと思います。
    だから私は短編が嫌いなのですが、乙一作品は、良いなぁ~と。

全947件中 1 - 25件を表示

GOTH 夜の章 (角川文庫)に関連するまとめ

GOTH 夜の章 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GOTH 夜の章 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

GOTH 夜の章 (角川文庫)の作品紹介

森野夜が拾った一冊の手帳。そこには女性がさらわれ、山奥で切り刻まれていく過程が克明に記されていた。これは、最近騒がれている連続殺人犯の日記ではないのか。もしも本物だとすれば、最新の犠牲者はまだ警察に発見されぬまま、犯行現場に立ちすくんでいるはずだ。「彼女に会いにいかない?」と森野は「僕」を誘う…。人間の残酷な面を覗きたがる悪趣味な若者たち-"GOTH"を描き第三回本格ミステリ大賞に輝いた、乙一の跳躍点というべき作品。「夜」に焦点をあわせた短編三作を収録。

GOTH 夜の章 (角川文庫)のKindle版

ツイートする