GOTH 僕の章 (角川文庫)

  • 9131人登録
  • 3.69評価
    • (1077)
    • (1094)
    • (2144)
    • (126)
    • (26)
  • 783レビュー
著者 : 乙一
  • 角川書店 (2005年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044253059

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ZOO
乙一
有効な右矢印 無効な右矢印

GOTH 僕の章 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 最終話「声」。馬鹿なので一読しただけではわからず何度も読み直してしまったw

    最後は、神山樹と森野は永遠に袂を分かつというか、冒頭の殺す側と殺される側に分かれてしまったことを、森野が自覚する、というのが個人的な解釈。

    一方「僕」はずいぶん早いうちから、森野と自分は違う人間だと知っていた。
    最後の「言われなくても知っている」という台詞はそこから来てる。
    もしかしたら出会った当初は同じ人だと思ってたかもしれないけど、森野よりも早く、自分は森野の側(正常)には行けないことを自覚してたと思う。

    どこで自覚したかというと上巻の「記憶」。
    「僕」は「記憶」という話で、森野がロープを切って姉を殺したと推理した。
    しかし実際はロープは自然に切れただけで、森野は姉を助けようとしている。結果的に死なせたけど、そのことで傷ついている。
    ここで「ああ、森野はあっちだ」と気付いたんじゃないかと。
    それがあってのこの最終話。本当に良かったです。

    上巻からずっと、森野と「僕」の間にある危うさを感じてて、上巻では、その危うさは、森野の死体を観たいという感覚から来ているだけかと思ってました。
    でも、下巻では「僕」と森野の間に漂う危うさは、殺す側とターゲットのそれだと思いました。
    「リストカット事件」では、「僕」は森野の「手首の傷が美しいから傷つけない」と言う。
    最終話では、森野を殺すなら自分しかいない、みたいな感情と、その森野が生きていることへの美しさとの境目に「僕」がいる。
    今は殺さないし、永遠に殺さないかもしれないけど、その日が来るかもしれないみたいな、そんな不安がある一方、
    逆に考えると森野を殺そうとする人からはどんな手を使っても守るというような絶対的な心情も垣間見える。
    森野を守りたいのに殺したいというアンバランスさが、「僕」の唯一人間臭い部分と言うか。
    森野の生き死ににこだわるというこの「執着」は上巻には無かったような気が。
    この「執着心」書かれたので、下巻は「僕」を掘り下げている感じがするんじゃないかと思った。

  • 短編集。
    叙述トリックが得意な作家は他にもいるけれど、乙一さん独特の世界観と相俟ってその効果は倍増しているように感じた。
    「騙されたっ!!」と気づいたときは悔しいけれど、「こうきたかっ!!」という楽しさの方が勝っている。
    短篇にもかかわらず妙に心に残る。
    そんな物語が収められている「夜の章」と「僕の章」。
    特に「土」が印象に深く残った。
    合わない人には徹底的に合わない作家なのかもしれない。
    それでも、読まずにいるよりは試しに1回は読んでほしいなぁと思う作家のひとりだ。
    もっとも時代小説などを普段読んでいる年配の人たちにはきっと無理だろうなぁとは思うけれど。
    あとがきもぜひ読んでほしい。
    乙一さんの作品が好きな人はきっと楽しめるはずだ。

  • 終始、孤独がつきまとう感じ。「声」が一番印象に残ったかも。

  • わー。まじかー!みたいな展開。
    こういうのが好きなんだな、ってわかるよね。笑
    先へ先へ、どんどん進みたくなる。
    展開に驚かされるだけではなく、描写もすごくきれい。
    乙一さんはすごい、と言わざるを得ない。

  • ミステリーはあまり詳しくないが、この作品は所謂叙述トリックに入るのかな?
    ところどころ会話の流れとかで無理なところはあるけれど、それでも全体的に見ればさほど違和感なく読み進めることができた。

    「夜の章」よりも犯人側に寄ってる作品。どれも犯人視点で話が進む。
    好きなのは「土」。この短編だけ犯人がとても人間らしいというか、犯人の心情が細かく描写されているので異色。他は単純な妖怪モノとして楽しめたが、これはともすれば純文学的な楽しみ方もできるかも。ラスト付近で犯人が土を掘り返す場面は秀逸。
    ラノベ×エンタメ(ミステリ)×純文学、ジャンルの垣根を越えた多角的な小説の面白さが詰め込まれた作品。

  • 暗い、グロい、暗い。
    乙一ワールドが炸裂している。取り返しのつかない物語であり、またそれ故に何処までも純粋で、真っ直ぐで、無垢である。
    これぞ乙一。もう一冊と合わせてどうぞ。

  • 読んでて、ドキドキする。
    読んでて、期待に胸膨らます。
    読んでて、不快になる。

    けど、こういう殺しとか、
    残忍とか、
    虐げるとかを
    自分が求めてるのにも気付く。
    ちょっとキモチイイ。

    思いこみ。
    語り手。ちょっとズルイ。
    けどだまされてキモチイイ。

    ライトノベル。
    ちょっと偏見があった。
    ちょっとだけ反省します、
    他のライトを読んでみてから。

    「夜の章」 「僕の章」
    ○暗黒系  ○リストカット事件
    ○犬    ○土
    ○記憶   ○声

    乙一。
    ミクシィをまわって知った人。
    教えてくれたページに感謝。

  • !さわやかな朝をむかえたい方は読まないでください。

  • ライトノベルミステリ投票の、ベスト3くらいは読んでみようシリーズ第三弾。第6位の乙ーの短編集は、猟奇殺人とか犬の死骸の山とか人の生き埋めとか、題材がどうにも気持ち悪くて、ランチ中には読めないな~。暗黒面の心理をとりあげるのはいいけど、キモホラーがメインでトリックがサブだと、逆だといいのに、って思っちゃう。同じ作家でも、ペンネーム中田永一の日常系のほうが、自分には合うのかも。6つの短編のうちのベストは「リストカット事件」。たった40ページの短さに、固執する不思議な人間心理、いきなり犯人が判明する巧みな構成、真犯人の意外な動機、と魅力が詰まってて、本格ミステリ大賞受賞もなるほどの出来映え。でもやっぱ暗い。

  • この本が乙一さんをためたきっかけです。

    確か「声」が良かったと思います。
    怖かったな、あのゾクゾク感が・・・。

  • 以前読んだことがあるにもかかわらず、内容をほとんど忘れていた。
    「僕」の名前を出さないことを非常に上手く使っていて、各話ごとに見事にどんでんがえしをくらった。
    夜の章も読んでみたい。夜視点での話なのだろうか?

  • 再読なんだがやっぱり面白い。たんに不気味だったり猟奇的なだけではない描き方がうまく為されていると思う。そういうところで「土」はとても引き込まれた。「声」は、前に“えっ”と思った部分は覚えていたのに、エピローグの部分は覚えていなかったんだが……こんなせつなかったっけ。読む側の変化なのかな。この二人らしいシーンだなと思った。

  • 夜の章に続き再読。のはずがまたしても全く覚えていませんでした。

    この世には殺す人間と殺される人間がいて、自分は前者なのだと自覚する少年「僕」に焦点があてられたお話です。
    殺人鬼の足跡をたどり、その心に想像を巡らせることが趣味な彼はまさに妖怪か。
    夜の章と同じく3つの短編集ではありますが、こちらの方が少し厚く読み応えもあります。ミステリーとしても良質!各話のどれもどんでん返しがすごいです。まさにアッと驚く展開が待ち受けています。

    今回もグロ要素は多々ありますが、それが憎悪からくるものではなく純粋な興味からくるものだからか、あまり恐ろしくは感じません。
    でもこんな人間が街中に息をひそめていて、心の奥底でドロドロと黒いものを飼っているとしたらそれはそれで怖いかも。
    「リストカット事件」は、"手"に対して異様に執着を持つ犯人によるものだし、
    「土」は人間を生き埋めにしたらどうなるのだろうと日々考えている犯人、
    「声」は人の死こそが唯一存在を感じる手段であると言う犯人。どれも自覚ある異常。

    前回の「犬」につづき今回もまた「声」でしてやられた。
    普通に犯人が彼なのかと思いきや、、あれと言うことは彼の名前は神山君で~あれあれ?と頭にはてなマークが並んでしまいました。
    これはもう一度読み返さないとだめかも。
    ライトノベルというだけあって、キャラクターはアニメっぽい。
    僕の性格や性癖はたしかに異常ではありますがなぜか魅かれてしまいます。
    結構こういうキャラは嫌いじゃないです。いえむしろ好きですはい。
    夜も天然ぽくて鈍感なところが好きですはい。
    本格ミステリーとしても楽しめますが、恋愛要素もちょっぴりありさらにおいしいです。
    どうやら番外編というものが最近出たようなのでそちらもチェックしてみたいですね!

  • 家にあったんで読んだ。多分初めての乙一だったかな? これで好きになった。夜の章も欲しい!

  • 面白かった。
    最後の「声」はとてもよかったです。
    黒乙一と白乙一がまざりあったような感じ。

    うまくまとめた感じがしました。

  • GOTH下巻。珍しく感情的な夜ちゃんにグッときたので☆4つ!!

  • ふふっ・・・
    GOTHはみんな一回は読んだほうがいいくらいの
    お勧めかな・・・
    これも友達から借りたのに
    わざわざ買い直したから♪

  • うまいよなあ。つかず離れずな二人の関係が好き。そういう尺度でもないところも

  • 読み終わった。
    気づけば息子が彼らの年齢を追い越していたよ…。
    上巻から一気に読んだせいか、勢いに乗って読めた。面白かった。

  • GOTHのTHの方。

    なかなかドキドキしちゃう感じでした。
    夜の章程はグロくない気がします。

    周りの人がこんなこと考えてるんじゃないかと思うと怖いですね。

    作者は高専生だったようです。
    言われてみればそんな気がします。

  • 少々ぐろい話は、描写が細かいと想像してしまって読めなくなる。けれども、乙一さんの物語は、それを凌駕して続きを読みたくさせるほど私をわくわくはらはらさせる。
    謎を理解したいという気持ちが前に出て、具体的な描写の想像に頭を使わない。

    物語が終わってもみなまで種明かししないところが好き。

    読み終わっても、「そういえばあの伏線はどうなった」「どこをどう読んで自分は勘違いしたのか」、と、戻って考えるのが楽しい。

    ただ、やっぱり怖いものは怖い。笑

  • 黒乙一Ver.の連作短編集。前作の『夜の章』あっての本作。主人公“僕”と森野夜の異常な「興味」が、惨い事件に吸い寄せられる。サイコパス感満載で時折気持ち悪くなっちゃうのに魅せられる。どれも甲乙つけ難い作品。乙一作品は相変わらずあとがきが一番面白い。

  • 猟奇的。
    ミステリーは好きなのですが、あまりにも猟奇的で、、、´`
    ただ、世界観はすごいと思います!物語の登場人物が、実は…ということが多くて、なん度も読み返して想像を膨らませたり、予想をしながら読むのですが、良い意味で裏切られたり。
    話の作りがすごいのですが、ちょっと猟奇的な部分で感情移入ができず★2つ。

  • やべ、下巻から買っちゃったよ。

  • この関係性興奮する

全783件中 1 - 25件を表示

GOTH 僕の章 (角川文庫)に関連するまとめ

GOTH 僕の章 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

GOTH 僕の章 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

GOTH 僕の章 (角川文庫)の作品紹介

この世には殺す人間と殺される人間がいる。自分は前者だ-そう自覚する少年、「僕」。殺人鬼の足跡を辿り、その心に想像を巡らせる「GOTH」の本性を隠し、教室に潜んでいた「僕」だったが、あるとき級友の森野夜に見抜かれる。「その笑顔の作り方を私にも教えてくれない?」という言葉で。人形のような夜の貌と傷跡の刻まれた手首が「僕」の中の何かを呼び覚ます。彼女の秘密に忍び寄った彼が目撃するのは…。圧倒的存在感を放ちつつ如何なるジャンルにも着地しない乙一の、跳躍点というべき一作。「僕」に焦点した三篇を収録。

GOTH 僕の章 (角川文庫)のKindle版

ツイートする