氷菓 (角川文庫)

  • 11401人登録
  • 3.59評価
    • (817)
    • (1667)
    • (1865)
    • (341)
    • (82)
  • 1549レビュー
著者 : 米澤穂信
制作 : 上杉 久代  清水 厚 
  • KADOKAWA (2001年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044271015

氷菓 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 米澤穂信作品は 「満願」に続いて2作目
    結構 粘着質な話を想像していたが、学園ものでサクサク読めた。

    なぞ解きはちょっとした身近な疑問で、登場人物が個性的で良い。

    題名「氷菓」の謎が分かってからも (おお~そうだったか)とはあまり感じられなかったが・・・・

    英語の得意な友人に話すと
    「ほら 郁恵ちゃんが歌ってたじゃん。♪アイスクリーム YOUスクリーム 好きさ♪」と。
    (おおぉ~)っと 心に落ちた。

  • 途中ちょっと内容が入ってこなかったけど謎を解いていくところは少し面白かった。

  • 面白かった。サクサク読めるのに、謎解き部分がしっかりしていて、登場人物にも嫌味がない。
    正直読み返す程深い作品ではないけれど、進んでシリーズの続きを読みたいと思える。
    ★3.9

  • 氷菓というタイトルの意味は重要でありつつ、個人的にはラストに至るまでの登場人物の感情の移ろいとでも言うんでしょうかね、そういったところを味わいたい作品かなぁと思う。

  • 面白かったー。さくさく読了。早速次を買ってきて読み始めたよ。

  • アニメ版がイマイチだったため、ずっと敬遠していたシリーズです。氷菓の意味に言及する後半までは、謎が謎とも思えない軽すぎる学園ミステリーでやっぱりイマイチ。「酸味を利かせたキリマンジャロの味がお気に入りの店だ」なんて言う高一男子(=奉太郎)、中二臭くて鼻つまみたくなるし。でもキャラ個性に慣れるとともに物語が33年前の事件と関谷純の本音に言及する段階になると、集中して一気に読めました。少し切ない真実が心に残るラストでした。ところで『神山高校50年の歴史』の亡くなった男子生徒は顧問と関係あるのかな。

  • 読まず嫌いだった。これは面白い。高校が舞台なのが効いてる

  • 米澤穂信作品は、最後にせつなげな後味を残していく。

  • 「わたし、気になります」
    千反田がつぶやくこのひと言が、謎解き開始の合図だ。
    世渡りが上手な人がいる。
    自分が非難を受けるような矢面には立たずに、自分の願う方向へ他の人たちを誘導していく卑怯な人がいる。
    騒ぎに便乗して許されない領域まで入り込み、到底許されないだろうとわかっている騒動を引き起こし姿を隠してしまう狡い人もいる。
    大抵貧乏くじを引くのは善良な人だ。
    個人が責められるべきことでなくても、たとえ名目上だけであったとしても、自分自身の責任を果たそうとする。
    古典部の個性的なメンバーのそれぞれがしっかりと描かれている。
    そのためかとても読みやすい。軽快なやり取りと、謎に秘められた苦い思い出。
    メリハリのある展開も、切ないけれどどこかで「あぁ~!」と腑に落ちてしまう結末もよかった。
    古典部のメンバーは日常の小さな謎を解き明かしながら、33年前に初めてつけられた文集の「氷菓」というタイトルに迫っていく。
    タイトルは作品の顔だ。
    インパクトがあればいいというものでもなく、作品の内容や世界観を示唆しつつセンスのいいもの。
    読み終わらなければ本当の意味が見えないタイトルもある。
    まさに「氷菓」はそういう作品だった。
    「氷菓」と名付けられた本当の意味を知ったとき、切なさが胸に迫ってきた。

  • たくさんの謎がそこかしこに潜んでいて、なんと言うか宝探しをしているような気分になった。
    まだまだ気になる謎がたくさんある。
    早く次が読みたいなぁ。

  • 米澤穂信さんの作品は2作目。
    日常ミステリーということで、章ごとの謎解きが、次なる謎に繋がり、最後は「氷菓」という古典部文集名の意味の解明となる展開は面白かった。

    この言葉、学生がよく知っているな!と内心ツッコみながらだったが、大変勉強になった(笑)
    アニメはこれから観るのでそちらも楽しみ。

  • 絶妙な中2くささが受け入れ難くて…それぞれの座右の銘とか…キャラが好きになれず辛かった。。
    承もひっぱるわりに、解決が雑?33年前の時代背景がたぶんピンとこなくてもったいない。アニメのほうがいいのかもしれないなー。ビジュアルつけばキャラにも愛着湧くのかも。

  • 非常に文語体が多く、読み進めるのは遅くなってしまった。
    ミステリー?謎解き?ハッなるほど!と、目が覚めるような感覚は少なかったが、論理的で一つ一つ納得しながら読んだ。目の付け所も謎解きも、冷静に思いを巡らせたならば、なんら、難しいことはないと思う。故に、こんな部分が自分の中にもあるかもしれない。出来るかもしれないと、錯覚してしまう(笑)年を重ていくという手段をとらずに、冷静さを保てるのは才能だと思う。

    氷菓はお菓子、アイス、アイスクリーム
    『きっと十年後、この毎日のことを惜しまない』

  •  感情を押し殺したようなキャラクターばかりだなぁ、と。割合早い時期に全体としては推測できたので(ただし、「氷菓」の底意は別儀)、ミステリーとしては?。さりとて、高校生の学生運動から生まれた悲劇の追想、あるいはノスタルジーと見るのも、作風が淡々としすぎていて、まるで他人事のよう。換言すれば、感情移入を拒絶する感あることは否定しがたい。

  • 日常系の推理はあまり得意ではないけど、青春小説の延長線上のミステリーという感じでなかなか面白かった。

    ちょっとキャラクターが仰々しかったりするところが若干苦手だけど楽しめた。
    ラノベだったのか

  • アニメからこっちに来ました。
    面白かったです。
    あとがきでちょっとうなりました。

  • 33年前に高校の文化祭で何かあったらしい
    姉の勧めで古典部に入った主人公がその過去を解き明かす

    殺人とかはなしの学園サスペンス
    読み易くて面白い

    氷菓
    アイスクリーム
    i scream

  • すごく面白かったです!こんな部活あったら絶対入ります!羨ましいです(≧∀≦)

  • 古典部シリーズの一作目。著者のデビュー作。

    【あらすじ】
    物事に極力関わらない省エネ生活をモットーとする高校生・折木奉太郎。しかし、海外を旅する姉の希望で伝統の「古典部」に入部する。
    初めて訪れる部室。その鍵を開けると隣のクラスの千反田えるがいた。彼女も家庭の事情で古典部に入部したという。えるの強い好奇心に押された奉太郎は、人知れず密室になった部室の謎を解く事になる。

    【感想】
    古典部員が気付いた日常の謎を、奉太郎の推理と閃きで解明する形式の小説。後半は、33年前に古典部長だったえるの伯父の身に起こった出来事と、古典部の文集「氷菓」に秘められた思いを知る事になる。
    創作6割・残りは実話がモチーフとのこと。その境界は感じさせず上手く絡み合っていると思う。古典部員の面々の性格付けも簡潔だが特徴的になされており、古典部の良い雰囲気を醸し出している。高校時代にこんなクラブがあれば入りたかった、と素直に思う。

  • よい。よい。これは続編も即買い。登場人物がことごとくいい感じに理屈っぽい。オチだけはちょっと物足りなさがあったけど。

  • 平成29年1月4日読了

  • 空気感がいい。

    二度とこない高校生時代…
    を、『古典部』で。

    ペナレスからの姉の手紙で入部した 折木奉太郎
    行方不明の伯父の記憶『コテンブ』部長となった 千反田える
    奉太郎の中学時代からの友人 福部里志 伊原麻耶花

    一年生 四人のお話。

    すでに、謎が…いっぱい⁉︎
    シリーズモノ‼︎

  • 残念。学園モノが好きじゃないからなのか、主人公のキャラクターや口調も好きになれずイライラ。謎解きも浅いし、タイトルの意味に至っては失笑。

  • やっと読めた。
    またアニメ見たくなったけど、実写化はどうかな。。

全1549件中 1 - 25件を表示

氷菓 (角川文庫)に関連する談話室の質問

氷菓 (角川文庫)に関連するまとめ

氷菓 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

氷菓 (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

氷菓 (角川文庫)の作品紹介

何事にも積極的に関わらない奉太郎が、姉の命令で入部させられた古典部で、部員の少女の叔父が関わった三十三年前に起きた事件の真相に迫る。省エネ少年と好奇心少女が繰り広げる青春ミステリー。

第五回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞受賞作
2012年4月より、京都アニメーション制作でTVアニメ放映予定!

ツイートする