砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)

  • 7632人登録
  • 3.91評価
    • (878)
    • (1006)
    • (751)
    • (145)
    • (29)
  • 983レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 角川グループパブリッシング (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281045

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 現実を生きる為に必要な『実弾』を求める少女と、辛い現実を嘘に切り替え『砂糖菓子の弾丸』として撃ち続ける少女。この二人が出会った事で周りの環境も変わっていく。不思議と残酷さが混じった悲しい結末だが、最終的にそれぞれが成長をしていく。変な物ばかり買い集め、無駄に知識豊富で、家から一歩も出ない、妹想いのニートのお兄ちゃんが個人的に好き。言葉の表現が面白い一冊でした。

  • 久しぶりに本を読んで救われる感覚を味わった。

  • ストックホルム症候群の闇。

  • さらっと読めたけど、何故か泣きそうになった。
    地方の田舎で自分が不幸だと絶望している主人公の学校に転校生がやってくる。

    冒頭で結末が書かれているのだけれどBADENDなんだけれど、主人公達の成長が書かれている話。
    主人公一人称なので、周りの人たちの気持ちとかもどうなっているのだろうかと考えて読んでしまうとちょっと辛い。

    ただ、海野の父親は普通に屑。

  • ゴシックのヴィクトリカちゃんが現実世界にうまれちゃったらって話だと思ったよ。書かれた時期から考えて。
    ゴシックのアンチテーゼ?
    個人的には神様に憑依されてた主人公の兄が好きです。
    ゴシックもずっと好きです。

  •  本屋でタイトルに惹かれて購入しました。
     
     読み始めるとスラスラと進み、それ程ページ数もないためすぐ読み終わった記憶があります。
     ただ、最後まで何も自分には引っかかるところがなかったせいか、また読み返したいと思う気にはなりませんでした。
     
     印象に残っているのは、サイコパスのテストを使って危険な人間を見極めるシーン。あんなに上手いこと答えを言ってくれるものなのか、と思ってしまいました(それを言ったらこれ以外にもいろんな作品が当てはまってしまいますが)。

     もし読み返すとしたら、登場人物の誰かに焦点を当てながら読んでみたいと思います。そうすればもっと違った感想を抱くかもしれません。

  • やっぱりこの人の描くへんてこな
    美少女が好きだなー
    人間はちゃんとした形で愛されなきゃ
    だめだよー

  • どうにもならない地方都市での十三歳のどうにもできない絶望とあきらめ。
    砂糖菓子の弾丸を撃つ藻屑の姿にだんだんと心寄せるなぎさに心地いいのを感じた。あと、最初で藻屑が死ぬのをわかっていながら読んでいくウチに後半からぞくぞくした。
    個人的No.1小説。

  • なんと感想を書いていいのかわからない。自分が13歳のときとあまりにかけ離れているからなのか、どうなのか。もう少し時間が経ったら読み返してみたい作品。

  • 海野藻屑、いい名前。
    「お父さんにしか殴られたことないんだから!」ってもうギャグやんけ、、、。
    藻屑不憫すぎる。。。砂糖菓子打ちすぎすぎる。。。
    読み終わってみて、大変面白いお話だったけど、特に得るものがなかったというか、僕の核に刺さる何かはなかった。それは僕が13歳じゃないからかもしれないし、砂糖菓子の弾丸を持っていないからかもしれない。生まれながらの環境がそれを許すなら諦めるけど、主人公の兄は3年間の引きこもりのなかで手に入れている。神にも似た存在だという。いいなぁ『引きこもり』になりたい。

  • 主人公の山田なぎさは子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出たいと思い卒業後は自衛隊を志望していた。
    そんななぎさのクラスにある日、海野藻屑が転校してきた。
    嘘つきで残酷な彼女にはある秘密があり、なぎさとクラスメートをまきこんでいく。
    読み終えたあと、思わず読み返したくなります。

  • あぁ、もうなんか苦しい。
    なんなんだ、この話。
    見て見ぬふりな大人。
    噂話をすることしかしない親。
    ちゃかすことでしか生徒と会話が出来ない教師。
    時に本気を出したかと思うと手遅れ。
    子どもが実弾を欲する理由がありすぎて。
    人間関係の話しだけでなく、恋愛感情も巻き込んでの不思議な話し。
    でも読みやすい文章で、すとんと入ってくる。

    ***以下ネタバレ***
    山田は13歳、中学二年生。兎の飼育係。
    父親が亡くなり、母と、引きこもりの兄との三人暮らし。
    とりあえず、金だ。
    金という実弾を欲する。
    そのため中学卒業後は自衛隊に入ることを考えている。

    九月に転校してきた海野は自分が人魚だという。
    常にペットボトルを持ち歩き、水を飲む。
    綺麗な見た目に反し、変な言動が多い。

    ある時、鉈を買う海野。
    どうやら父親が大型犬を殴って殺してしまい、バラバラにして墓場まで運ぶために鉈を使ったらしい。

    それから数日後。
    登校すると兎小屋は血の海だった。
    小屋の前には海野に好意を寄せていた花名島が頭のない兎を手に持ち立っていた。
    これだけ頭がないと言う。
    花名島が登校したときにはすでにこの状態だったらしい。
    そして山田は海野の鞄から兎の耳を見た。
    これをきっかけに三人の関係が大きく変化し始める。
    そして山田と海野は逃げることを決意。
    しかし嵐が来る。

    海野は足が不自由な障害者、左耳が聞こえない。
    父親に虐待され、愛情と憎しみが交差し、守っていた。
    そして犬のように海野も。

  • 心も身体も全部いたくなる小説

  • そうなるのか!?というラスト。タイトルからは全く予想できない内容だった。
    感想は書きにくいが、きっとまた読み返したくなる本。

  • なんとも感想の書き辛い話だった。が、好きであった。自分が中学生のときこの本にであっていたら、どんな感想を持つだろう。ふーん、って感じなのか、びびびってなるのか。今のわたしは先生に、1番共感してしまうけどね。

  • 桜庭さんの作品は読み終えると、必ず何かを考えさせられる。そして、言葉では表せないようなものが伝わってくる。話自体は、現実的な感じはしないけれど、現実ってものがよくわかる。

  • 唐突に読みたくなった。心が弱っている時に、いつも、読んでしまう。甘いものはもうお腹いっぱい。でも、実弾を打ち込むための銃が、今私の手に無い。藻屑のことを考える。そうだよね、人魚になれたら、いいのにね。

  • 桜庭先生の書く本が好きだ。この本も切ないけれど、少女の成長が描かれている。どうか生き抜いて欲しいそう思わずにはいられない物語だった。

  •  現実と非現実、子供と大人の世界が混ざり合ったような雰囲気。タイトルから、もっと甘いピーターパンのような話を想像していたが、全然違った。少なくとも甘く楽しい話ではない。
     終盤まで一気に読んだが、ラストのエピローグ的な?1ページがいらない。虐待云々の独白は、主人公の考え方が突然変わりすぎだと思う。
     登場人物は魅力的だが、どうにもスッキリしない終わり方だった。どんなエンドにしても、もう少し纏めて欲しかった。
     何度も読みたいとは思わなかった。

  • 本を読み終わって感じたのは美しさ、でした。自分の力では抗うことのできない運命の中にいた彼女はあまりにも悲しいけれど、美しかった。

    出てくるみんなのちょっと情けないところがいかにも人間らしくて愛おしかった。誰もがごく普通の人間らしい人間として描かれている、それができる作者の手腕を感じる。違和感がない。

    物語やメッセージありきではなく、ただただ味わい深い作品だった。

  • 桜庭さんの娘と父の関係の原点的な作品。
    話しとしてはひたすらつらい。藻屑はあまりにも悲劇的で、救いがない。
    それに気づくなぎさのなにもできない嘆きは、まさに砂糖菓子だ。

  • ふざけたタイトルとふざけた名前

    …というのが、まず第一印象だった。
    読み進めていくうちに、
    逃れようのない絶望が押し寄せてきて、
    藻屑がどうにか助かる方法はないものか、
    考えずにはいられなかった。

    あの後、有名人の藻屑の父と母は
    散々過去の映像がワイドショーで映されて
    恰好の餌食とばかりに面白可笑しく報道されるのかな。

    コメンテーターとかが、
    児童相談所とかを批判して、
    何とかならなかったのかとかコメントするのかな。

    バラバラ殺人はさすがにないけれど、
    虐待死してしまう子どもが珍しくなくなってしまった。
    ニュースの報道をどこか他人事のように感じていたけど、
    この本の内容が一番、身近でリアルだった。

  • 特徴的なタイトルからか、ずっと前から気になっていた作品。ちょっとした空き時間ができたので、書店で購入。読み始めてからは、不思議な世界観に没入することができました。

  •  桜庭一樹の描写はグロテスクなほどにまっすぐだ。以前少女七竈を読んで内容も覚えていないのに印象に残っているのもたぶんそういうことなんだろう。婉曲に、言いたいことをぼんやりさせがちな自分の心の底まで辿り着いて、ざりざり表面を摩られる、他にはないかんじ。決して手放しに気持ちのいい感触じゃないのに、やめられない、ドエムである。
     藻屑といい友彦といい、美しいものはときに陰鬱で死と隣り合わせであり、その反対に美しくないものこそが日常である、という作者の描く美の基本軸のようなものに共感したい。だが海野父、テメーは駄目だ。
     ほぼ最終ページ、「大人も生き残った子供」みたいな記述のところに深く納得したし、既視感をおぼえた。結局大人だってもとは子どもだったんだし、成長したって言っても中身は案外中学生くらいなんじゃないか。ただちょっと嘘がじょうずなだけで。

  • こんなに象徴的な話だとは予想していなかった。(アクション&サスペンスなのかと……)言いたいことは分かるけど改めて聞かないでもいい気もしないではない。とはいえ当たり前のことをきちんと書くのにも能力が要るけども。

全983件中 1 - 25件を表示

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)に関連する談話室の質問

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)はこんな本です

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)の単行本

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)のKindle版

ツイートする