砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)

  • 7803人登録
  • 3.91評価
    • (892)
    • (1029)
    • (761)
    • (147)
    • (30)
  • 997レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • 角川グループパブリッシング (2009年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281045

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 「ぼく、おとうさんのことすごく好きなんだ。…好きって絶望だよね」頭のおかしい美少女「海野藻屑」と、リアリストの「あたし」の物語。ぺらぺらの本なんだけど、死にたいくらい衝撃的でした。なんだ、これは!冒頭からすでに誰が死んでしまうか分かってるんだけど、祈ってしまう。悲しいし切ない本です。読んだあとに何かを学べるかと言ったら何もないです(えー!)。誤解を恐れずに言おうと思う。自分を慕う子どもを殺す親は、絶対に許されない。どんな事情があっても、これがまだ子どもを持ったことがない小娘の戯れ言だとしても、子育てにどんな苦労があったとしても、許されない。わたしは親になったことはないけど子どもだったことはある。誰にでもある。是非読んで欲しいです。

  • 生き残れた者だけが大人になれるということに、ずっしりと重さを感じました。
    始めは、藻屑の突拍子なキャラクターに惑わされたけれど、多感な二人の少女が、子供時代を生き抜こうとする姿に胸が熱くなりました。
    藻屑は生きる気があったのかと、担任は言ったけれど、少なくとも、最後になぎさに見せたあの笑顔は、信じていいものだと思います。
    藻屑もなぎさと一緒に幸せになって欲しかった。

  • すごい繊細。すごい切ない。
    なんて脆くて儚いのだろう。
    でも、中学生の刹那的な無敵感がたまんない。

    のっけで、海野藻屑は父親に虐待されていてバラバラ殺人…という
    最悪の結末が明かされているのだけど
    そこへ至るまでの、少女二人が実弾と砂糖菓子の弾丸の応酬が
    命を削るようで辛く痛々しい。
    人魚としてふるまう少女の心に深くついた傷を思うと、
    そうせざるを得ない現実にこちらが打ちのめされそうです。

    藻屑は殺され、なぎさは実弾を手にできない。
    少女ってのはなんて無力なんだろう。
    友彦の存在が支えになるなぁ。

  • この話のタイトルは「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」ですが、私はこの話を読んでいる間、海野藻屑の砂糖菓子の弾丸が世界を撃ちぬくことを願っていました。どうしようもなく悲しい結末が知らされているからこそ、願わずにはいられない。とても不思議で、なのに現実的で、美しく甘い悲しい話だと思います。桜庭さんの小説はどれも素敵な雰囲気を持っていますが、私はこの作品の雰囲気に一番魅了されてしまいました。大好きです。

  • 寂れた鳥取の田舎町。


    芸能人を父に持つ
    13歳の美少女転校生・
    海野藻屑(うみのもくず)の
    バラバラ死体が発見されたニュース。


    物語は
    事件が起きる
    1ヶ月前にさかのぼる。


    主人公は
    中学2年で13歳の
    山田なぎさ。

    父を早くに亡くし、
    美貌の兄は引きこもりに。

    貧困から抜け出すために、
    中卒で自衛隊入隊を考える
    現実的な少女。


    自分を人魚の姫だと言い嘘ばかりつく
    お金持ちの転校生・海野藻屑を
    なぎさは本能的に避けながらも
    いつしか友情のようなものが生まれて、
    友達になる2人。




    なぜ藻屑は
    無惨な死体となって
    殺されねばならなかったのか?


    犯人は誰なのか?



    読み進めるうちに
    海野藻屑の
    隠された「真実」を知らされるだけに、
    不幸な結末を辿る過程が
    読んでいて本当にツラいです(>_<)



    貧しさから脱出するため、
    なぎさが必要とするのは実弾。


    ここで言う実弾とは、
    生活を支えるお金になる
    実体のある力のこと。


    なぎさから見れば
    藻屑が語る
    嘘で塗り固めた物語は、
    空想的な砂糖菓子の弾丸。


    いくら語ったところで
    金にならない
    役立たずなもの。


    しかし徐々に藻屑の境遇や
    彼女のおかれた状況が分かるにつれて、

    嘘つきの美少女・藻屑は、
    自分の運命と戦うために
    威力のまるでない
    砂糖菓子の弾丸を
    『撃ち続けるしかなかった』ことが
    明らかになります…(≧∇≦)



    自分も施設で育ち
    16歳までは
    金や力がすべてだと考えて生きてきたので
    なぎさの苦悩は痛いほど解る。


    だけど空想したり
    妄想することは
    決して砂糖菓子の弾丸なんかじゃない。

    戯言やファンタジーを信じる勇気を持つことこそが
    悪意の拡散を抑止し、

    諦めの鎖を絶ち切る
    武器になるんだと
    生きる中で
    自分は学びました。




    思春期にこの小説と出会えた人が羨ましい。

    自分の核となり
    その後の生き方を左右していたと思うから(^_^)



    役に立たない弾丸を撃ちまくっていたのは
    藻屑だけじゃない。


    誰の胸の中にも
    砂糖菓子のテロリストは
    眠っている。



    傷だらけの思春期を送った
    すべてのティーンエイジャーだった人へ。

  • 私の男に続いて桜庭さんの2冊目。海野藻屑の存在感がすごい。異常なアンバランスの連続で何が真っ当で、何が美しさなのか分からなくなる。健全じゃないのに純粋な、またまたインパクトのある1冊だった。

  • 同じように「実弾」を持たない13歳の山田と藻屑。
    片方は生き延び、片方は解体されて死んだ。
    二人の差異は、砂糖菓子の弾丸に頼っているかどうかという点。
    だけどこのほかに二人の違いをもう一つ上げるとすれば、藻屑より山田の方がより大人だったという点です。

    私は日ごろから「大人は何でも知っているわけじゃないし、子供より優れているというわけではない」ということを理解したとき、子供は大人に近づくんだと思っています。
    主人公の山田は、父を亡くし傾いて行く生活を目の当たりにして、大人に頼るんじゃなくて自分が何とかしようと思った=早く実弾を手に入れようとしていた。
    山田はより大人に近かったから助かり、藻屑は子供のまま、砂糖菓子の武器にこだわったから死んだんだろうなぁと思いました。

    山田は大人に近かったのと同時に、頼る者は自分より年上の人しかいないというのも解ってた。だから最後、兄と一緒に山に登った。
    兄が膠着状態(山田の言う「神」状態)から抜け出したのは、妹を守りたかったことを強く思いだしたから……。
    ロリポップを握り締めたままの子供でもいい。年上に頼れば、まだ道は開けたかもしれない。
    ストックホルム症候群の話が話中に出ていましたが、果たしてそれだけかな。
    私は藻屑と藻屑父の間に恋愛関係(と藻屑が錯覚するような)を彷彿とさせる関係が結ばれていたんじゃないか…みたいなことまで考えちゃいました。

  • ネットで不特定の誰かに薦めたい作品ではあるが、リアルで知り合いに薦めたくはない作品だと思いました。

  • 読み終わった後、苦しくなった。まだ未成年の自分がいくら主張したところで、それはヘンテコな武器でヘンテコな弾丸をぽこぽこ打っているだけのものでしかないのだ。子供は親がいないとどうすることもできない。無力だ。

  • 本文の一ページ目がエピローグになっていて、結末がすべてわかるんだけど、後半からあのエピローグがうそだと良いなあと思わずにはいられなかった。
    『私の男』もそうだったけど、この人の書くものは「父親との血の繋がり」というのが大きなテーマになっていると思う。
    「好きって絶望だよね」という言葉で自らへの暴力さえも肯定した娘の愛情は、ほんとうにストックホルム症候群のまちがった感情なのか。
    その心にあるものがほんものかにせものかなんて、だれにも決められない。
    でも生きるためにその判断が必要だったのに、藻屑は死んでしまった。
    「生き残った子だけが、大人になる。」という当たり前の真実が、ぐっと胸にのしかかる。
    私たちは、生き残ったから今を生きられるのだ。

全997件中 1 - 10件を表示

桜庭一樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)に関連する談話室の質問

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)の作品紹介

その日、兄とあたしは、必死に山を登っていた。見つけたくない「あるもの」を見つけてしまうために。あたし=中学生の山田なぎさは、子供という境遇に絶望し、一刻も早く社会に出て、お金という"実弾"を手にするべく、自衛官を志望していた。そんななぎさに、都会からの転校生、海野藻屑は何かと絡んでくる。嘘つきで残酷だが、どこか魅力的な藻屑となぎさは序々に親しくなっていく。だが、藻屑は日夜、父からの暴力に曝されており、ある日-。直木賞作家がおくる、切実な痛みに満ちた青春文学。

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)はこんな本です

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)の単行本

砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない A Lollypop or A Bullet (角川文庫)のKindle版

ツイートする