少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)

  • 4336人登録
  • 3.70評価
    • (335)
    • (519)
    • (551)
    • (90)
    • (20)
  • 463レビュー
著者 : 桜庭一樹
  • KADOKAWA (2009年3月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044281052

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大変、美しい文章。
    優奈の、泣き出す場面がとてもきれいで印象に残った。きれいすぎて泣けた。
    桜庭一樹は二作目だけど、少女の繊細な気持ちを表現するのがうまい。うまく作品を説明できないけど、この本とても好きです。

  • いんらんの母親を持ってしまった娘の物語かと思いきや、「母と娘」という永遠のテーマで締められて、最後は思わずじんわりきてしまった。

    純愛。それぞれに、「一番側にいて欲しい」と心から願う人が、側に居てくれない切なさ。母にかけられた呪い。叶わぬ想い。永遠につきまとう呪縛。かんばせ。

    桜庭一樹さんは、作品によってガラリと作風が変わるので楽しい。少女七竃と少年雪風の、丁寧で独特の喋り口調がとても味わい深くて良かった。また、飼い犬ビショップ目線で描かれた章もとても良かった。

    「女の人生ってのはね、母をゆるす、ゆるさないの長い旅なのさ。ある瞬間は、ゆるせる気がする。ある瞬間は、まだまだゆるせない気がする。大人の女たちは、だいたい、そうさ」

  • 重そうなテーマなのに、ユニークで優しい。

    感想を言語化するのが難しい。

    2014.10.26

  • 汚れた世界で、美しすぎて純粋な少年少女の恋というのはあまりに残酷な結末を迎えるのです。

  • ある日辻斬りのように男と関係を持とうと思った25歳の小学校教師。狂ったような季節の先に妊娠して、生まれたのはあまりにも美しい容姿をもった少女七竃。

    そのあまりに美しい容姿とは関係なく、本人はぼーっとしているというかちょっと理屈っぽいというかとにかく淡々としている。そんな七竃が関心を持つのが鉄道と、同じく鉄道を愛し、七竃に良く似た美しい少年雪風。

    やがて七竃はゆっくりと消費され美しくなくなってしまうことを目指して上京する。若い女は若くなくなると「若くない女」になるのだ。なんという恐ろしい話。

    でもなんとなく七竃はいつまでも美しい気がする。誰にもその実を食することを許さず、冬になっても赤い実を実らせたままただそこにある植物の七竃のように。

    少女から大人になっていく過程が上手くかけていると思いました。なんかめんどくさいんだ、この季節って。

  • 久々に文学を感じた作品。
    桜庭一樹さんとはこういう小説を書くのかと。
    心を抉られるような切ない物語です。

  • 桜庭一樹さんの本は装丁が綺麗。
    内容がキャッチ―。
    展開がロマンス。

    でも、やっぱり自分の中で「おしゃれのために読んでる感」が拭えない。

  • 「辻斬りのように男遊びをしたいな、と思った。ある朝とつぜんに。」この書き出しのインパクトがとりあえずすごい。辻斬りかあ。うん、ある朝とつぜんそんなこと思ったら大変だけど、感覚としては理解できる。そして真面目な教員から一転してとつぜん辻斬りのように7人の男と寝た「いんらん」の母親から生まれた美少女・七竈が本作の主人公。

    桜庭一樹の作品は選り好みして読んでいますが、今まで読んだ中で圧倒的に好きだったのは「ファミリーポートレート」と「赤朽葉家の伝説」。いずれも母から連なる娘の物語。どうも、この人のこのテーマの作品が、私のツボにハマるようです。本作もとても良かった!

    美少女ゆえに生き難い少女七竈。彼女の唯一の理解者は幼馴染の同じく美少年・雪風のみ。鏡のように似ている二人がお互いに抱きあう淡い恋心とも自己愛とも兄妹愛ともつかないものは、もろくてはかなくてとても美しい。ファミリーポートレートを読んだときにも思ったけれど、きっと桜庭一樹は吉野朔美の漫画を好きなはず(笑)。「少年は荒野をめざす」や「ジュリエットの卵」と似た印象を感じました。

    大人たちはみな可愛そうだけど、七竈自身にとっては前向きな結末なのも良かったです。彼女がこの先幸せになれるかどうかはわからないけれど、彼女なら大丈夫なんじゃないかなあ、と思わせる強さがあったので。あ、あと犬のビショップが好きでした。犬視点の章は妙に癒されました(笑)。

  • 単行本を図書館で借りたのち、気に入って文庫本を買ってもう一度読んでの感想。
    あまりにも脆く、繊細な物語。文章の独特さと内容の切なさがこれを際立たせているのだと思う。是非中高生の間に読んでほしい本。

  • あまり適切な表現ではなさそうだが、
    全体で、ひとつの景色になっているような話

    一面に広がる、薄情な白い雪
    そこに落とされた何者にも染まることのない、
    美しき七竈の実

    自身の小さな世界で生きる七竈が、
    大人たちに翻弄されながらも、
    懸命に前を向いて生きていく
    そんなお話

    自分としては、全てを理解するにはレベルが高すぎた作品・・・

全463件中 1 - 10件を表示

桜庭一樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
村上 春樹
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)に関連する談話室の質問

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)の作品紹介

「たいへん遺憾ながら、美しく生まれてしまった」川村七竃は、群がる男達を軽蔑し、鉄道模型と幼馴染みの雪風だけを友として孤高の青春を送っていた。だが、可愛そうな大人たちは彼女を放っておいてくれない。実父を名乗る東堂、芸能マネージャーの梅木、そして出奔を繰り返す母の優奈-誰もが七竃に、抱えきれない何かを置いてゆく。そんな中、雪風と七竃の間柄にも変化が-雪の街旭川を舞台に繰り広げられる、痛切でやさしい愛の物語。

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)の単行本

少女七竈と七人の可愛そうな大人 (角川文庫)のKindle版

ツイートする