バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)

  • 130人登録
  • 3.29評価
    • (5)
    • (6)
    • (40)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 椎野美由貴
制作 : 原田 たけひと 
  • 角川書店 (2005年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044287115

バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 一揆に急展開のバイト。
    バイトファンにはかなり嬉しい展開になっております・・・!!

  • 長編第八巻。

全3件中 1 - 3件を表示

椎野美由貴の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)はこんな本です

バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)の作品紹介

いよいよ対決の気運が高まってきた術者"本家"と、術者殱滅を狙う団体"久画均精"。このまま家長の命令に従えば、京介自身が礼子を殺めることになる。いまは団体の殺し屋とはいえ、失ったと思っていた恋人をもう一度この手で傷つけることなどできやしない。そう考えた京介は礼子を団体から奪うべく、彼らの本部へ潜入する。しかしそこで目にしたものは、もう京介の言葉さえ届かない、新たな礼子の姿だった!長編版、衝撃の第8弾。

バイトでウィザード 響けよわが祈り、と少女は笑った (角川スニーカー文庫)のKindle版

ツイートする