機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4) 示される世界 (角川スニーカー文庫)

  • 180人登録
  • 3.29評価
    • (9)
    • (11)
    • (75)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 後藤リウ
制作 : 大貫 健一  小笠原 智史  As'MARIA  矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店 (2005年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (456ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044291112

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4) 示される世界 (角川スニーカー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だ・い・す・き!!

  • SEEDの時のように全5巻なのかしら?な、展開。シンがちゃんと主人公だし(暴言)各々の心情が分かりやすくて好きです☆

全2件中 1 - 2件を表示

後藤リウの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4) 示される世界 (角川スニーカー文庫)はこんな本です

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4) 示される世界 (角川スニーカー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4) 示される世界 (角川スニーカー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

機動戦士ガンダムSEED DESTINY(4) 示される世界 (角川スニーカー文庫)の作品紹介

戦争を闇から演出する組織ロゴスに対し、ついに宣戦布告をしたプラント最高評議会議長デュランダル。その声明に世界は衝き動かされる。だが、その陰では戦火を拡大させる脅威としてアークエンジェル討伐の特命がミネルバに下されていた。フリーダムにステラを奪われ、その復讐機会を望んでいたシンの瞳が、いま赫く燃えあがる-大人気アニメの完全小説化第四弾!その怒り、すべてを灼き尽くすまで鎮まらぬ運命か、デスティニー。

ツイートする