運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)

  • 172人登録
  • 3.39評価
    • (11)
    • (9)
    • (55)
    • (1)
    • (0)
  • 8レビュー
著者 : 秋月こお
制作 : 西 炯子 
  • 角川書店 (1998年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (380ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346188

運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 富士見二丁目交響楽団シリーズ〈第2部〉-07

  • 第二部最終巻(7冊目)

    本選まで10日しかないのに師匠からバイオリンを鳴かせてないと言われた悠季。
    悩みに悩んで仕上げたシベリウスで3位入賞。
    しかし楽団へ怪文書が回り…。

    伊沢の亡くなった兄の持ち物だった古い洋館に引っ越しする話。


    悠季日コンおめでとう♪
    そしてシェアするという言い訳でも一軒家を借りちゃう二人。
    桐ノ院家での今後の暗雲を予感させる終わり方。
    うう、3部待てないっ!

  • コンクールの行方は…悠希は上手く演奏できるのか…(エロアリ★★)

  • <初出誌> 
    いつか見た雪の純白… 「小説ジュネ」'97年6月号 
    運命はかく扉をたたく 「小説ジュネ」'97年10月号、11月号 
    引っ越しポルカ 「小説ジュネ」'97年12月号、'98年1月号

  • タイトルはベートーヴェンの「運命」に対する彼のコメントからなんだろうけど、「かく」って付けたら「たたく」も口語にしないとまずくないか? と例によって細かい所が気になる(苦笑) ともあれ、コンクールの裏側とかあって楽しかった。にしても圭くん、お金持ちでいいねぇ>しみじみ

  • 借本。
    「そうきたか〜」と。
    読者を飽きさせない展開に感謝。

  • いやぁ面白い。壊れるか進むかしかないような道のりなんだけど。

全8件中 1 - 8件を表示

秋月こおの作品

運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)はこんな本です

運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)の作品紹介

富士見二丁目交響楽団のコンサートマスター・悠季はプロへの登竜門である日本音楽コンクールに見事入賞したうえ、銘器グァルネリを偶然にも手に入れた。そんな幸運続きの中、団員たちの間に怪文書が流れた。「守村はホモだ!!」悠季の立場は突如危うくなって…?!表題作の他、恋人で天才指揮者の圭が調達した一軒家に2人は引越すが、そこに、もとの持ち主である幽霊が出現する『引越しポルカ』等、3編を収録。大人気シリーズ絶好調。

運命はかく扉をたたく―富士見二丁目交響楽団シリーズ第2部 (角川ルビー文庫)のKindle版

ツイートする