ネズミとオオカミの友情問題 (角川ティーンズルビー文庫)

  • 20人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (1)
    • (3)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 秋月こお
制作 : 麻々原 絵里依 
  • 角川書店 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044346294

ネズミとオオカミの友情問題 (角川ティーンズルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親友同士の博紀と稔だったが、お互いに重大な秘密を抱えていた。稔は警視庁指名手配の『怪盗六十九号』を父に持ちそっちを本業としていること。博紀の方は…、稔に恋するあまり正体不明の謎の男として彼を強姦(!)してしまったこと。ある日、稔は父親に難攻不落の警備システムを誇る美術館から、展示中の日記帳を盗んでこいといわれ、博紀に相談を持ちかけるが…。悩める青少年たちの性春を描いたミステリーラブ!

  • 親友同士の博紀と稔だったが、お互いに重大な秘密を抱えていた。稔は警視庁指名手配の『怪盗六十九号』を父に持ちそっちを本業としていること。博紀の方は…、稔に恋するあまり正体不明の謎の男として彼を強姦(!)してしまったこと。ある日、稔は父親に難攻不落の警備システムを誇る美術館から、展示中の日記帳を盗んでこいといわれ、博紀に相談を持ちかけるが…。悩める青少年たちの性春を描いたミステリーラブ!

  • 惚れた男のために文字通り命がけで頑張る攻様。涙出ちゃいます。
    受くんのほうも色々葛藤してるし。頑張れ…!

全3件中 1 - 3件を表示

秋月こおの作品

ネズミとオオカミの友情問題 (角川ティーンズルビー文庫)はこんな本です

ネズミとオオカミの友情問題 (角川ティーンズルビー文庫)の作品紹介

親友同士の博紀と稔だったが、お互いに重大な秘密を抱えていた。稔は警視庁指名手配の『怪盗六十九号』を父に持ちそっちを本業としていること。博紀の方は…、稔に恋するあまり正体不明の謎の男として彼を強姦(!)してしまったこと。ある日、稔は父親に難攻不落の警備システムを誇る美術館から、展示中の日記帳を盗んでこいといわれ、博紀に相談を持ちかけるが…。悩める青少年の性春を描いたミステリーラブ。

ツイートする