時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)

  • 33人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (1)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 柏枝真郷
制作 : 如月 七生 
  • 角川書店 (1996年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (210ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784044357030

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 読了後に表題見て笑。オリーブ色といえば綱彦。変態サド遼一郎。美しい篤史。篤史の片恋(美大時代)相手の結婚式の騒動話より着替えるために向かったホテルの一室で嫉妬に狂った遼一郎が篤史をひん剥くシーン。

  • 挿絵:如月七生

全2件中 1 - 2件を表示

柏枝真郷の作品

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)はこんな本です

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)の作品紹介

ポルシェに乗って現れたきざったらしい男・曾我部綱彦。彼はなんとエリート刑事にして、篤史のかつての恋人だった。篤史を「サディスト」(遼一郎のこと)から救い出すため熱心に口説くが、綱彦の言動には奇妙なところが多かった。全てを察した篤史は、オリーブづくめの部屋に乗り込むが…。表題作ほか、篤史の友達・勝の結婚式が乗っ取られた?大騒動・高松編、さらには、なぜか江戸時代版の番外編も収録。厄介な連中はますます絶好調。

時計仕掛けのオリーブ―厄介な連中〈3〉 (角川ルビー文庫)のKindle版

ツイートする